【映画】二重生活(2015年製作)

二重生活1.jpg

【解説・あらすじ】直木賞作家・小池真理子の同名小説を、ドラマ「ラジオ」で文化庁芸術祭大賞を受賞するなど、数多くのドラマやテレビ番組を手がける岸善幸の劇場デビュー作として映画化。門脇麦演じる大学院生が近所に住む既婚男性を尾行することで、他人の秘密を知ることに興奮を覚えていく。大学院の哲学科に通う珠は、担当教授のすすめから、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する「哲学的尾行」を実践することとなる。最初は尾行という行為に戸惑いを感じる珠だったが、たまたま近所に住む石坂の姿を目にし、石坂の姿を追う。一軒家に美しい妻と娘と暮らす石坂を、珠が尾行する日々が始まった。主人公・珠役を演じる門脇は本作が映画単独初主演作。石坂役を長谷川博己、教授役をリリー・フランキー、珠の恋人役を菅田将暉がそれぞれ演じる。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督、脚本:岸善幸
原作:小池真理子
製作:堀内大示、中村理一郎、石井紹良、合志陽一郎、加藤義人、薮下維也
エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
プロデューサー:杉田浩光、佐藤順子、富田朋子
ラインプロデューサー:河北穣
音楽:岩代太郎
主なキャスト:門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、河井青葉、篠原ゆき子、宇野祥平、岸井ゆきの、益田愛子、平田風果、武田義晴、小林竜樹、傳田うに、荒木秀行、森本のぶ、西田尚美、烏丸せつこ

二重生活2.jpg

二重生活3.jpg

【感想】
発想はなかなか面白い映画でした。
修士論文を書く為に、哲学的尾行を行う・・・って、それはにわかには信じられませんよね、尾行される側からしたら。
尾行は警察か探偵か変態が行う以外想像がつかなかったので、発想はホント面白い映画だったなと思いました。
まあ自分の足で尾行したいと思ったことは無いですが、でも他人の生活を覗いてみたいと言う欲求は、大なり小なりきっと誰しもがあることだと思うので、とりあえずとても興味深い内容ではあったかと思いましたね、そして妙にドキドキもさせられました、とにかく門脇麦が演じた主人公・珠の尾行が思いっ切り素人丸出しのド下手な尾行だったので・・・。

でも、だからこそ妙なドキドキ感を味わえたのも間違いない事実、まるで自分が尾行しているかのようにドキドキさせられるこの演出、ある意味ノセられてしまいましたよ、確かに素人が初めて行う尾行ですから、上手くなくて当然、そしてその先にあった他人の生活が、秘密が、表の顔とは全く違っていたりして、何かこう・・・いけないものを見てしまった罪悪感のようなものまで味合わされてしまいました。
主人公目線で視点が推移するカメラワークもまた見事でした、おかげで本当に尾行しているかのような気持ちにさせられましたから、そしてやっぱり尾行なんてしないほうがいい、他人の生活なんて覗いたって何の得にもならないと言うことを、改めて思い知らされた映画でもありました。

尾行した側と、尾行された側の言い分の違いも、またちょっと面白かったです。
長谷川博己が演じた石坂の言い分がまさしく言い得て妙、逆に珠の方は・・・その辺で不快感を持った方もきっと少なくないでしょう、哲学って一体何なんだろうなぁ、いろいろと講釈語っていたけど、全然耳に入ってこなかったです(苦笑)
そんなへんちくりんな大学院生を演じた門脇麦の演技がホント秀逸でした、表情でモノを語ってしまう演技に思いっ切り惹き込まれてしまいましたよ、そして体具合も含めて妙にエロい、ただ美人なだけの女優と違っていろいろと武器を持っている女優さんですよね、長谷川博巳も相変わらずエロい、キレっぷりも目が冷たいので余計に怖かったなぁ・・・。

教授役のリリー・フランキーもいつもながらに味のある演技でした、ただ教授に纏わる部分が私の理解力不足もあってもう一つ掴めないところがあったので、ちょっとそこは残念でした、掴めない感じがリリーさんらしいとも言えますけどね。
珠の恋人役・菅田将暉は地味な役どころでしたが、こんな引いた役どころも何気に上手いね、でもまあ珠は間違いなく悪いけど、見ていて卓也にも特別共感するところまではいかない、何とも空虚感漂うカップルだったなぁ。
まあ何にしてもハッピーな気分を味わえる映画では無かったですが、何かと興味深い内容の映画ではありました、手放しで称賛まではできませんが、ついつい見入ってしまう映画ではあったかと。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント