【映画】俺物語!!

俺物語1.jpg

【解説・あらすじ】いかつい顔面と屈強な肉体を持った男が主人公という少女漫画としては異色の設定で人気を博す同名コミックを、NHK朝ドラ「花子とアン」や映画「HK 変態仮面」など幅広く活躍する鈴木亮平の主演で実写映画化。高校生離れした顔面と巨体を持つ剛田猛男は、豪傑かつ硬派な日本男児だが、心根は優しく純粋な高校1年生。その外見のせいで女子には恐れられているが、男子からの信頼は厚かった。そんな猛男は、親友のイケメン・砂川誠と一緒にいたある時、街中で危機に陥っていた女子高生・大和凛子を助ける。大和に一目ぼれした猛男だったが、後日、3人で再び会った際、大和は砂川のことが好きなのだと察する。落ち込みながらも大和と砂川の仲を取り持とうとする猛男だったが……。ファッション誌「nicola」モデルの永野芽郁がヒロインの大和に扮し、親友のイケメン・砂川役は「海街diary」「ヒロイン失格」など出演作の続く坂口健太郎。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:河合勇人
原作:河原和音、アルコ
脚本:野木亜紀子
企画・プロデュース:佐藤貴博
製作:中山良夫、渡辺直樹、市川南、堀義貴、藪下維也、沢桂一、由里敬三、熊谷宜和
ゼネラルプロデューサー:奥田誠治
エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔
プロデューサー:田中正、山本章、佐藤譲
アシスタントプロデューサー:西尾沙織
音楽:岩崎太整
主題歌:槇原敬之
主なキャスト:鈴木亮平、永野芽郁、坂口健太郎、森高愛、高橋春織、恒松祐里、健太郎、篠田諒、小松直樹、中尾明慶、高田里穂、富田海人、堀越太耀、池谷のぶえ、安井順平、長田プリン、緑友利恵、渋川清彦、寺脇康文、鈴木砂羽

俺物語3.jpg

俺物語2.jpg

【感想】
少女漫画が原作の映画はどれを見ても似たり寄ったりで、特別嵌まるような映画もそう多くはないのですが、これは面白かったです!
まあ三者三様のキャラありきな作品ではありましたが、それだけで十分楽しめちゃうぐらい、キャラがとにかく濃くて、しかも皆愛すべきキャラだったので、ついつい見入ってしまいましたね、いい人しか出てこないので正直現実離れしてますが、そもそも見た目からして現実離れしている映画ですから、これはこれでOKでしょう。
あまりにもピュアな恋模様に、見ている側もヤキモキししつつも、二人の恋の行方を心から応援したくなってしまうような、何とも爽やかな青春ラブストーリーでした。

しかし主人公の剛田猛男が、いや演じた鈴木亮平が凄すぎた。
30キロ増量して挑んだその役者魂、見事すぎる、そしてほぼゴリラ、まあゴリラの中にも若干イケメン臭は漂っていましたが、でも完全にゴリラ化してましたよね、原作は読んでなくても漫画が想像できるぐらい、完璧な役作りだったと思いました。
しかもただ太っただけでなく、力強さも半端じゃなく、本当に柔道が強そうでした、それでいて優しくて頼りになり、更には友達想いときたもんだ、気は優しくて力持ち、昭和を髣髴とさせるような、まさに男の中の男でしたね。
そんな彼のピュアな恋模様、それは応援せざるを得ないでしょう。

猛男の恋のお相手の大和もまた本当にいい子、ありえないぐらいにいい子、それは猛男じゃなくても誰だって好きだ~!ってなりますよね。
でも女性にゴリラ扱いしかされなかった、苦汁しか舐めてこなかった猛男からしたら、それは大和の好きな相手がまさか自分だとは絶対思えないでしょう、お互い最初から両想いなのに感情がスレ違い続けてなかなか進展しないこの恋模様、あぁ~~ヤキモキする、ずっとそれの繰り返しで、展開としてはホント単調でしたけど、でもこのもどかしさがたまらなく良いんだなぁ、これが。
大和を演じた永野芽郁は、この当時はまだ無名女優でしたよね、でもその後ブレークしたのも物凄く納得、超絶美人タイプではないですが、素朴で可愛らしい、まさしく朝ドラヒロインタイプ(朝ドラヒロイン決定も至極納得)、この2人だからこそ応援したくなった映画でした。

その恋がなかなか進展しない最大の原因だったのが、猛男の親友で超絶イケメンの砂川誠(坂口健太郎)でしたが、彼のキャラもまたいいキャラしてましたね、おい・・・早く砂言ってやれよと何度も思わせつつも、なかなか言わなくてねぇ(苦笑)
でもありえないぐらいモテ男なのに彼女を作らない理由や、猛男との関係性にはグッと来た、憧れますね~こう言うクサイぐらいの親友関係、ホント三者三様皆いい子だったので(その友人達も皆いい子でしたね)、素直に応援したくなったし、見ていて本当に心地の良いラブストーリー&友情物語でした。
笑いどころや感動どころも程好く盛り込まれ、ベタべタな話でも全く飽きずに楽しめた作品でしたね、エンディング曲も好きでした。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント