【映画】探偵はBARにいる3

探偵はBARにいる31.jpg

【解説・あらすじ】作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を大泉洋と松田龍平の共演で実写映画化した人気シリーズ「探偵はBARにいる」の第3作。札幌にあるアジア最北の歓楽街・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くす探偵のもとに、相棒である高田が人探しの依頼を持ち込んでくる。失踪した女子大生・麗子について調査を開始した探偵たちは、モデル事務所の謎めいた美人オーナー、マリに翻弄されるうちに、いつしか大きな事件に巻き込まれていく。裏社会に影響力を持つ冷酷非道な大物実業家・北城役をリリー・フランキー、マリ役を北川景子、麗子役を前田敦子がそれぞれ演じる。監督は前2作の橋本一から「疾風ロンド」の吉田照幸にバトンタッチ。脚本はシリーズ全作を手がける古沢良太。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:日本
監督:吉田照幸
原作:東直己
脚本:古沢良太
製作:多田憲之、亀山慶二、木下直哉、間宮登良松、畠中達郎、伊藤亜由美、香月純一、樋泉実、狩野隆也、山田裕之、広瀬兼三、吉村和文、伊藤裕章、森君夫、早川浩
企画プロデュース:須藤泰司
Co.エグゼクティブプロデューサー:佐々木基
プロデューサー:栗生一馬、川田亮、八木征志
ラインプロデューサー:林周治
音楽:池頼広
主なキャスト:大泉洋、松田龍平、北川景子、前田敦子、鈴木砂羽、リリー・フランキー、田口トモロヲ、志尊淳、マギー、安藤玉恵、正名僕蔵、篠井英介、松重豊、野間口徹、坂田聡、土平ドンペイ、斎藤歩、前原滉、天山広吉、片桐竜次、今村美乃、栗山英樹、桝田徳寿、秋元克広、東直己

探偵はBARにいる32.jpg

探偵はBARにいる33.jpg

【感想】
監督が橋本一から吉田照幸に代わってどうなるか、そこだけがちょっと気掛かりでしたが、見てみたらまあそれほど気になることもなく、今回も大いに楽しませてもらいました、やっぱり好きだな~このシリーズ。
心地良いマンネリ感ですよね、特別飛躍することもなく、特別グレードダウンすることもなく、まあ細かいことを言えば今回はやや昭和テイストやハードボイルドテイストが薄れた気はしないでもなかったですが、でもまあ大体いつも通りの展開を、いつも通り楽しむことは出来たかなと、それと笑い要素は監督交代の影響かチョイ増し状態になってましたね、クスクス笑えて結構ツボに嵌まりました、大泉洋と松田龍平ならではの笑いでしたね、この愛すべきキャラクター、いつまでも続いてほしいシリーズです。

今回はほぼオリジナルストーリーだったんでしたっけ?まあそこは脚本が古沢良太ですから、問題なく楽しめました、世界観が既に前二作で確立されていますから、そこだけ損なわれなければ問題なく受け入れられますね。
ミステリー自体に関してだけ言えば正直微妙だったりもするのですが、それは前二作も似たようなものでしたので、これはこれである程度OK、キャラや夜の街に生きる者の悲哀がしっかりと描かれていれば、いいんですよこのシリーズは、ある種続編の強みとも言えますね。

大泉洋と松田龍平の名コンビに関しては今更言わずものがな、最高すぎて文句無し、問題は今回のヒロイン(昭和風味で言えばマドンナ)・北川景子がこのシリーズにどう溶け込むかでしたが、正直・・・今まで見た北川景子の中で一番良かったかも、と言えるほど北川景子を多く見てきた訳ではないですが、とりあえず今回の峰不二子的役どころの北川景子はとても魅力的に映りました、それは探偵もあんな感じになりますわな・・・。
そして恒例の苦み、悲哀たっぷりな結末に関しては、やっぱり切なくてグッと来たぁ~、命を燃やせるものか、マリの人生がとにかく切なかったので、余計に・・・でもそんなことで・・・あぁ~切ない。
まあ見せ方に関してはもう一声欲しかったのが正直なところなのですが、でも何だかんだでこのシリーズのこの苦みが好きですねぇ、あのボロ車も今まで程ではないですが、いい味出してましたね。

ヤクザのリリー・フランキーも相変わらず素晴らしい演技、志尊淳&前田敦子は思いのほか出番が少なかったですが、一応それぞれの持ち味は発揮して爪痕は残したでしょうか、そしておなじみのメンバーは見ると何かホッとしますね、これも続編ならではでしょうか、特に喫茶店の安藤玉恵嬢は毎度毎度ツボに嵌ります!
それと今回は探偵と高田の別れを匂わす展開が少し気になったのですが、まさかそう来るとは・・・エンドロール後までこうして楽しめるのは嬉しい限り、更なる続編を激しく希望します。
アクションシーンの見せ方が今までとちょっと変わっていたのが良かったのか悪かったのか、若干微妙なところもありましたが、でも大泉洋には今後も体を張って頑張ってもらいたいものですね。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント