【映画】猫なんかよんでもこない。

猫なんかよんでもこない1.jpg

【解説・あらすじ】冴えないボクサーと2匹の猫が織り成す可笑しくも切ない日常をつづった杉作による実話コミック「猫なんかよんでもこない。」を実写映画化。ボクサーとして崖っぷちの日々を送っていたミツオは、漫画家の兄が拾ってきた2匹の猫の世話を押しつけられてしまう。もともと犬派のミツオは嫌々ながらも引き受けるが、猫たちとの暮らしを通して次第に自分自身を見つめなおすようになっていく。主人公ミツオ役にNHK連続テレビ小説「純と愛」の風間俊介。共演に「トワイライト ささらさや」のつるの剛士、「桐島、部活やめるってよ」の松岡茉優、「コンセント」の市川実和子。「グッモーエビアン!」の山本透が監督・脚本をつとめ、「永遠の0」の林民夫が共同脚本を手がけた。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:山本透
原作:杉作
脚本:山本透、林民夫
プロデューサー:森川健一、宇田川寧
共同プロデューサー:田中洋行、田口雄介
音楽:兼松衆
主題歌:SCANDAL
主なキャスト:風間俊介、つるの剛士、松岡茉優、内田淳子、矢柴俊博、市川実和子

猫なんかよんでもこない3.jpg

猫なんかよんでもこない2.jpg

【感想】
猫派ってほどではないですが動物は基本好きなので、見ていてとにかく癒されましたし、挫折を味わいながらも猫を飼うことによって精神的に成長していく主人公の姿には、一定の共感はできた作品でした。
主人公が元々は犬派で猫嫌いだったのも、私も似たようなものだったので、何となく分かる分かると共感しつつ見入ってしまいましたね。
猫に限らず動物を飼うことは、最初は世話するのが本当に面倒で、嫌気を差すことも多々あるのに、気付いたらそれ無しでは生きられない的な、不思議な魅力があったりしますよね。
それとこの映画は、まあこれが全てではないですが猫を飼うことについてのハウツー的な部分も描かれていたので、猫を飼っている人だけでなく、猫を一度は飼ってみたいと思っている人や、まあ猫好きじゃない人ても、猫ってこんな動物なんだと猫の習性を知ることができるので、とりあえず見て損はない映画だったと思いましたよ。
動物映画によくある泣かせ系もまあ好きは好きなのですが、こう言うナチュラル系の物語もなかなかどうして悪くないものです。

まあしかし猫はマイペース、タイトルの猫なんか呼んでも来ないって、確かにそうですよねぇ・・・その自由度に癒される反面、どこかもどかしさもあって私は猫派ってところまではいかないのですが、こうして見てると猫もやっぱり可愛いなぁ。
そんな猫のチンとクロが成長していく姿は、可愛いだけでなく猫は猫なりに紆余曲折な生き様があって、感情があって、ただ癒されるだけの存在ではなく、生き物なんだ、家族なんだと、強く思わされた作品でしたね、そこにどう人間が関わっていくか、猫にとって何が幸せなのか、いろいろと考えさせられました・・・。

一方人間側の、主人公ミツオの描かれ方は、まあ一定の共感はしつつも、妙にダメダメな感じにちょっとイライラさせらて、ややノリづらい面はあったかなと。
夢に挫折するのは仕方ない、けど、生活すること、生きていくことに対して甘すぎて、どこか見ていてイライラするんだなぁ、やたら声がデカくてギャーギャー嘆く様も、ちょっと不快感、と言うかおそらく近所迷惑(苦笑)、でも演じた風間俊介自体は好感が持てるので、それで許せるところはありました、驚くようなストーリーではなかった分、ある程度オーバーに演じた部分もあったでしょうから、まあそこはご愛嬌と言ったところでしょうか。

ただ松岡茉優が演じた不思議ちゃんのウメさんとの関係性は好きでした、お互い好意がありそうなのに、なかなかこう・・・でもその関係性がいい雰囲気を醸し出していましたね、松岡茉優はさすがの演技、大家の市川実和子や兄役のつるの剛士もほんわかしていて良かったです、偶然にも理解のある猫好き大家さんでホント良かったねぇ。
まあ何にしても、猫に限らず動物を飼うことはいろいろと大変です、けど癒しだけでなく自分の人生をより良いものしてくれるものでもあります、本作はそれを改めて感じさせてくれる作品でした、まあ突っ込みどころも多々ありはしましたけどね・・・。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント