【映画】NECK ネック

NECK1.jpg

【解説・あらすじ】人気覆面作家の舞城王太郎が、映像化を視野に入れて書き下ろしたストーリーを映画化。相武紗季が映画初主演。共演に溝端淳平、栗山千明、平岡祐太ら。大学のマドンナ・真山杉奈に恋する首藤友和は、玉砕を覚悟で杉奈に告白をする。すると友和は彼女の研究室に呼び出され、そこに置かれた大きな木箱に入れられてしまう。その、首だけ出る木箱「ネックマシーン」はお化けを作り出そうとしている杉奈の研究道具で、友和はその実験台として選ばれたのだった。(映画.comより)

製作年:2010年
製作国:日本
監督:白川士
原案:舞城王太郎
脚本:江良至、藤平久子
製作:豊島雅郎、水口昌彦、松田誠、百武弘二、吉羽治
企画・プロデューサー:山田雅子
音楽:audio highs
主題歌:MAGIC PARTY
主なキャスト:相武紗季、溝端淳平、栗山千明、平岡祐太、板東英二、佐藤二朗、渡部豪太、小松彩夏、河西智美、細川茂樹、鈴木一真、温水洋一、板尾創路、未来穂香、寺本純菜、花岡拓未

NECK2.jpg

NECK3.jpg

【感想】
低予算で作られた深夜ドラマのようなノリのB級仕立てな作風自体は嫌いではなかったのですが、さすがに後半はあまりにもハチャメチャ過ぎてついて行けなくなりました。
前半は結構面白そうな雰囲気で推移していたので、後半の展開がちょっと惜しいなぁ・・・。
胸キュンホラーなる新機軸はなかなか面白そうな発想でしたけどね、でも胸キュン要素は相当薄かったような?どちらかと言えばホラー+ドタバタコメディだった印象で、それで面白ければまあ別にOKなんですけど、どちらも中途半端に詰め込んだ感じでどっちつかず、前半はそこそこ怖くて、その伏線もまあそれなりには生かされていたと思いましたが、やはりドタバタ劇が全てを台無しにしてしまったかなぁ、つまらくはなかったしまずまずホラー部分は悪くなかったのですが、面白いと言えるほど私自身はそこまで嵌まれなかった映画でしたかね。

ただ、怖いと思う気持ちがお化けを生むと言うネック理論なるものはちょっと面白かったし、妙に納得させられた部分もあったのは確か、子供の頃、怖いと思うからそこに近づけない、どうもそこにお化けがいるような気がする、と言う思い込みから恐怖心に駆られた記憶が本作を見ていて蘇ってきました。
そんなこんなで劇中の子供時代のトラウマになりそうな恐怖体験の描き方は、意外と良く出来ていたと思いました、その後の安っぽいネックマシーンでの一幕はさすがに微妙でしたが、あの理論自体は有りかもと思えなくもなかったです。
恐怖が具現化した終盤のアレはさすがに・・・(苦笑)

それはそうと、子供時代の出来自体は良かったのですが、逆になかなか相武紗季が出て来なくてちょっとヤキモキ、この映画を何目当てで見ると言ったらそれは相武紗季目当て以外の何ものでもない訳で、早く相武紗季出て来いと心の中で何度も叫んでしまいましたよ。
で、出てきたら、やっぱり可愛いな、大飯食らいでも可愛い、それは首クンじゃなくても何とかお付き合いしたいと思うでしょう・・・でも、変人過ぎ、彼女について行くのは相当な試練だ、溝端淳平の首クンぐらいですよ、ついて行けるのは。
ただ、この2人の胸キュンするようなシーンは思いのほか少なくてもう一つ盛り上がらず残念、むしろ子供時代で描かれた杉奈と崇史がその後胸キュンな関係になった方が、ベタでも面白かったような?

一方、子供時代のトラウマで魔太郎先生が極端な怖がりキャラだったのは、平岡祐太の演技込みで意外とツボりました、下手なのか上手いのかよく分からない演技がこのキャラには絶妙にマッチ、変人杉奈といいコンビだったけどなぁ。
結局おいしいところは編集者役の栗山千明が持って行った印象か、イカレ女っぷりが最高でした、でも細川茂樹はダダ滑り、栗山千明で稼いだポイントをそこで相殺、まあこのグダグダ感は何気に嫌いではないんですけどね・・・。
しかし佐藤二朗はあれだけ?勿体無い、でも、ゆでたまご板東英二はそれで良し(笑)
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント