【映画】ヒーローマニア 生活

hi-ro-1.jpg

【解説・あらすじ】人気漫画家・福満しげゆきの代表作「生活【完全版】」を、東出昌大、窪田正孝、小松菜奈ら旬の若手俳優共演で実写映画化。「ソフトボーイ」「花宵道中」の豊島圭介監督がメガホンをとった。会社をリストラされ、コンビニでアルバイトしている冴えない青年・中津は、驚異の身体能力を持つニート青年・土志田や情報収集力に優れた女子高生・カオリ、夜になると「若者殴り魔」に豹変する定年間近のサラリーマン・日下らと出会い、小さな社会悪を退治する自警団を結成。彼らの活動は市民たちからも支持されるようになり、自警団は巨大組織へと成長していく。やがて中津らはホームレスの宇野を社長に迎えて警備会社を設立するが、その力を私欲のために使おうとする新メンバーが現われたことで秩序が乱れはじめる。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
監督:豊島圭介
原作:福満しげゆき
脚本:継田淳
製作:由里敬三、遠藤茂行、木下直哉、三宅容介、寺島ヨシキ、細字慶一、大柳英樹、矢内廣
エグゼクティブプロデューサー:田中正、柳迫成彦
プロデューサー:吉田憲一、深津智男
企画:石田雄治
音楽:グランドファンク
主題歌:NICO Touches the Walls
主なキャスト:東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、片岡鶴太郎、山崎静代、船越英一郎、村上和成、清水優、黒田大輔、松岡恵望子

hi-ro-2.jpg

hi-ro-3.jpg

【感想】
前半はまずまず面白そうな雰囲気もあったんですけどね、でも終わってみての満足度はちょっと微妙でした。
もう少しスッキリするような内容なのかと想像してましたが、思いのほかジメジメ感漂う作風に、いまいち乗り切れませんでした。
プチ自警団的ヘタレヒーローが法で裁けない悪(と言ってもただのチンピラですけど)を成敗するような、前半の展開は結構好きだっただけに、後半の展開が何とも惜しい・・・。
洋画だとこの手のジャンルは結構良作も多いので、変に期待し過ぎてハードルが高くなったのもいけなかったか、まあ原作は面白いのかもしれませんが、この映画の出来は私にはもう一歩に感じました、好みの問題もあるのかもしれませんが。

主要キャラクター自体は何気に好きでしたよ、東出昌大演じるフリーター中津のヘタレっぷりは予想以上に嵌っていましたし、窪田正孝演じるニート土志田のアクションとニート臭たっぷりの雰囲気は抜群でしたし、小松菜奈演じる情報屋JKカオリのドSっぷり&妙にセクシーなところも最高でしたし、片岡鶴太郎演じる金槌オジサン日下の哀愁とアクションもなかなか味があったと思いました。
この4人がひょんなことから出会い自警団を結成していく前半は、結構面白い映画かも?と思えるような内容で、ちょっと期待が高まっただけに、後半がねぇ・・・。

特に船越英一郎が絡んでくるようになってから、個人的には相当トーンダウンしました。
何かとやり過ぎなぐらいがむしろちょうどいいジャンルではありますが、これは相当な不快感、あまり好きではなかった松居一代をむしろ応援したくなってしまうぐらい、この映画の船越英一郎には不快感しか感じませんでした。
だけに、カオリのアレは相当気持ち良かったですけどね。
まあ何にしても、組織が大きくなると綻びが出てくるのは、悲しい現実なんでしょうか、やっぱりヒーローは会社化するものじゃないってことですかねぇ・・・。
そんな日本人気質を表した点は評価できるのですが、でもやっぱり不快、と言うか結局何を描きたかったのか、途中から正直分からなくなりましたよ。

あと中津の過去とか、土志田もそうですが、普通にヘタレで現状に鬱屈した男の設定で良かったのでは、さすがにソレだと感情移入し難いです(苦笑)
ラスボスもちょっとなぁ、個人的には何か違うって感じで、もう一つ盛り上がれませんでした。
話的には好き要素満載だったのに、いまひとつ乗り切れずでちょっと残念・・・。
ただアクションは皆さん頑張っていましたね、そこは十分評価したいです、あとオチは結構好きでした。
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント