【映画】斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄1.jpg

【解説・あらすじ】「週刊少年ジャンプ」連載でテレビアニメ化もされた人気漫画を、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」を手がけた福田雄一監督のメガホンにより実写映画化。とてつもない超能力を持っているが、その力を隠して目立たずに、誰にも干渉されない普通の生活を望む高校生の斉木楠雄。しかし、そんな楠雄の思いとは裏腹に、彼の周囲にはなぜか楠雄に思いを寄せる妄想美女・照橋心美や、超能力でも気配が読めない燃堂力など、変な奴らが集まってくる。毎年恒例の文化祭も穏便にやり過ごそうする楠雄だったが、次から次へと災難が降りかかり、まさかの地球滅亡の危機にまで発展してしまい……。主人公の斉木楠雄役は、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」など、数々の漫画実写化作品で主演を務める山崎賢人。共演には橋本環奈や新井浩文のほか、福田作品常連のムロツヨシ、佐藤二朗といった個性的なキャストが集う。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:日本
監督、脚本:福田雄一
原作:麻生周一
製作:今村司、佐野真之、谷和男、弓矢政法、木下暢起、高橋誠、荒波修、久保雅一、本田晋一郎
エグゼクティブプロデューサー:伊藤響
プロデューサー:松橋真三、北島直明
編集:臼杵恵理
音楽:瀬川英史
主題歌:ゆず
主なキャスト:山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、稲川淳二、猪塚健太、山野海、鎌倉太郎、内田有紀、田辺誠一

斉木楠雄2.jpg

斉木楠雄3.jpg

【感想】
良い意味で相変わらずくだらない、福田雄一監督らしい作品でしたね。
原作はよく知らないので単純に福田監督作品だから見た映画でしたが、良くも悪くも期待通り、こんな深夜ドラマのノリを全国の映画館で上映できるのは福田監督だけですよ、ホント・・・監督も凄いけどプロデューサーも凄いね。
見ても何の得にもならない、いつも通り相当くだらない映画でしたけど、このくだらなさがクセになってついつい見てしまいます。
まあ今回は福田節炸裂と言う程はじけてはいなかった印象でしたが、クスクスニヤニヤしてしまう小ネタを地味に積み重ねるこう言うタイプも嫌いではなかったです、主人公のキャラクターもあってか平坦な展開でテンポも遅めでしたが、逆にこれはこれでジワジワきて地味に面白かったですよ。

見る前の不安材料としては、福田組に果たして山崎賢人がフィットするのか、そこが一抹の不安材料だったのですが、この作品には意外と、いや絶妙にフィットしていた印象で、おかげで彼への興味も少し湧いてきました(正直今まで人気俳優と言われてもあまりピンと来なかったので)
感情を表に出さず、ほぼ心の声でナレーションするあの平坦な感じと、周りのおかしなキャラクター達が繰り出す騒動ぶりが、いい感じにマッチしていましたね。
しかし今が旬の山崎賢人や橋本環奈の自虐ネタをこれでもかと放り込んでくる福田監督・・・さすがです、それに応えた役者側もまた見事。

まあでもこの映画は、山崎賢人も勿論良かったですが何と言っても橋本環奈ですよね、照橋心美と言うキャラクターへの成りきりぶり、原作は読んでなくても、漫画そのもののような演技を見せてくれるから、その画が想像できるぐらい、ほぼ漫画でしたもんね、コメディエンヌとして完全開花か、「銀魂」の彼女も良かったけど、そこから更にレベルアップ、逆に今後が心配になるぐらい、顔芸も含めて素晴らしい演技だったと思いました。
心の醜さが顔に出た時に、何故か菊地亜美っぽく見えたのは気のせいか?(←菊地さんスイマセン)
自意識過剰な勘違い美少女に付き纏われる斉木楠雄の図だけで最後まで乗り切ってしまうこのグダグダ感は少々好みが分かれそうですが、変に感動方面に持っていかずギャグ映画に徹した作風は個人的には評価したいですね。

しかし超能力者も何かといろいろ大変そうだなぁ、そんな悩みはちょっとだけ伝わってきましたが、アメコミ映画のようにはならず、都合良く進むのが逆に面白かった、楠雄の両親の天然感もまた良かったですね、あの親じゃなかったらきっとアメコミ映画や亜人のようになっていたはず!
それとクラスメイトの愉快でおかしな仲間達も皆最高でした、特におっさんなのに学生な新井浩文演じる燃堂力、あの飄々とした雰囲気とケツアゴが好きだったなぁ、あと出番はちょっとだけでも二朗さんは二朗さんらしい存在感を見せるところがある意味さすがでした。
ホント見る人によっては全く持ってクズみたいな映画だったと思いますが、私はくだらなくて好きでしたよ。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント