【映画】ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店1.jpg

【解説・あらすじ】東野圭吾の同名ベストセラー小説を、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介と名優・西田敏行の共演で実写映画化。過去と現在が繋がる不思議な雑貨店を舞台に、現実に背を向けて生きてきた青年と悩み相談を請け負う雑貨店主の時空を超えた交流を描く。2012年。養護施設出身の敦也は、幼なじみの翔太や幸平と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込む。そこは、かつて町の人々から悩み相談を受けていた「ナミヤ雑貨店」だった。現在はもう廃業しているはずの店内で一夜を過ごすことに決める3人だったが、深夜、シャッターの郵便受けに何かが投げ込まれたことに気づく。投げ込まれていたのは1980年に書かれた悩み相談の手紙で、敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くことに。やがて、この雑貨店と浪矢の意外な秘密が明らかになり……。監督は「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:日本
監督:廣木隆一
原作:東野圭吾
脚本:斉藤ひろし
製作:堀内大示、高橋敏弘、松井智、藤島ジュリーK.、飯田雅裕
企画:加茂克也
企画プロデュース:水上繁雄
エグゼクティブプロデューサー:井上伸一郎
プロデューサー:二宮直彦、千綿英久
音楽:Rayons
主題歌:山下達郎
主なキャスト:山田涼介、村上虹郎、寛一郎、成海璃子、門脇麦、林遣都、鈴木梨央、山下リオ、手塚とおる、PANTA、浅見姫香、根岸季衣、菜葉菜、山田キヌヲ、川瀬陽太、菅原大吉、萩原聖人、小林薫、吉行和子、尾野真千子、西田敏行

ナミヤ雑貨店2.jpg

ナミヤ雑貨店3.jpg

【感想】
最初はどうなることやらと思いましたが、ところどころ泣かされた部分もあったりして、後味もスッキリ、まあ正直完成度が高いとは言い難かったですが、何とか最後は上手いこと話をまとめたなと、各ピースの嵌り具合に感心しつつ程々には満たされた気分になれた作品でした。
突っ込みどころは満載だったので、世間の評価が話題作の割にそれ程でもないのも妙に納得は納得でしたけどね。
特に前半、と言うか最初がホント入り込み難かったぁ~、山田涼介、村上虹郎、寛一郎が演じた三人の若者がナミヤ雑貨店でワチャワチャする冒頭で、もう見る気が失せた方も結構多かったのでは?

全てファンタジーだからと受け入れるまでにちょっと時間が掛かって、私も最初は遠い目で見てしまいました・・・でも、そこでハードルが下がったからなのか、徐々に見る者を惹き込む見せ方が上手かったのか、いつの間にかこの世界観に入り込んで、何だかんだで感動している自分がそこにいました。
林遣都が演じた魚屋ミュージシャンのエピソードで少しづつ面白くなってきて、鈴木梨央ちゃんのパートでとりあえずひと泣き、鈴木梨央ちゃんの演技には毎度惹きつけられるなぁ、でもあのミュージシャンの救出行動には若干突っ込みどころもあって、そこでオイ!となりましたけど、そうならないと話は進まないのでまあ仕方ないか(苦笑)

セリ、グリーンリバー親子、尾野真千子のエピソード等々、その後も時空を超えたエピソードが盛りだくさんで、頭も混乱しつつもうお腹一杯って感じになりましたが、それらの話の繋がり具合がまあ強引は強引なのですが、最後は何か妙にスッキリ、読んでないので知らないですが原作の方がまあ圧倒的に感動できるのでしょう、でも映画は映画で突っ込みどころはありつつもある程度は心地良い気分になれる感動作に仕上がっていたのではないかと・・・。
人は大なり小なり悩みを抱えて生きています、誰かに聞いてもらいたいけど、友達や知人にはいまいち相談し難い悩みってきっと皆抱えていると思うのです、今の時代こんなナミヤ雑貨店のような悩み相談方式はありえないですけど、でもあったらいいなと、そう素直に思わされてしまいましたよ、やっぱりナミヤを演じたのが西田敏行だからそう思えたのかな・・・私も思わずナミヤにナヤミを相談したくなりました、しかも手紙って、何かいいですよねぇ~。

若者三人に向けた、最高難度の相談に対する回答もグッとくる、いや、あれは見る者全ての人に向けたメッセージなのかな、山田涼介もようやく終盤で持ち前の演技力を発揮、でもそれまでの突っ張り具合に相当ゲンナリもしてましたけどね・・・。
まあ何やかんやありつつも、最後は山下達郎の歌で余韻にも浸れて、いい映画を見た気分にはなれました、門脇麦の歌声もいいけど、やっぱり山下達郎ですよねぇ。
そうそう山下と言えば久々に山下リオの演技を堪能(←結構好きなんです)、古風な成海璃子も最初は「?」でしたけど何か良かった!
後半は総じて良かったので、序盤が、いや若者三人のパートがホント惜しい、まあ基本嫌いではない映画でしたけどね。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

この記事へのコメント