【映画】奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

民生ボーイ1.jpg

【解説・あらすじ】絶妙な細かいディテールが人気の渋谷直角によるサブカルマンガを、妻夫木聡&水原希子の共演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督により実写映画化。奥田民生を崇拝する雑誌編集者を主人公に、全編にわたって奥田民生の楽曲が使用されるラブコメディ。「力まないカッコいい大人」奥田民生に憧れる編集者コーロキが、おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動となった。仕事で出会ったファッションプレスの美女、天海あかりに一目ぼれしたコーロキは、あかりに見合う男になるべく、仕事に精を出し、デートにも必死になる。しかし、やることなすことすべてが空回り。あかりの自由すぎる言動に常に振り回され、コーロキは身も心もボロボロになってしまう。コーロキ役を妻夫木、あかり役を水原が演じるほか、松尾スズキ、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキーらが脇を固める。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:日本
監督、脚本:大根仁
原作:渋谷直角
製作:市川南、中山道彦
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘、金吉唯彦、津嶋敬介
プロデューサー:平部隆明、市山竜次
企画:鈴木俊明、福冨薫
音楽:岩崎太整
主なキャスト:妻夫木聡、水原希子、新井浩文、安藤サクラ、江口のりこ、李千鶴、中村無何有、カイ・ホシノ・サンディー、川島潤哉、益山寛司、松本まりか、森由佳、熊谷弥香、久保陽香、飯田孝男、山根和馬、石橋菜津美、オクイシュージ、しまおまほ、天海祐希、リリー・フランキー、松尾スズキ

民生ボーイ2.jpg

民生ボーイ3.jpg

【感想】
タイトルがやたらと長い映画でしたが(噛まずに言える自信なし)、内容はホントまさしくタイトルそのまんまな感じで、とても分かり易いラブコメ映画に仕上がっていましたね。
まあ「奥田民生になりたいボーイ」は最初のキャラ設定だけでさほど重要では無かったですが、「出会う男すべて狂わせるガール」は間違いなくその通りで、その怖いぐらいの狂わせっぷりを思う存分堪能させてもらいましたよ。
最初は狂わせるガールが水原希子で大丈夫かなと、若干不安視した部分もあったのですが、しかしそこはひとたび大根仁監督の手に掛かれば、もはや最強と思えるぐらい男を手玉に取って狂わせる魔性の女に大変身、他に誰が演じれるのか想像できないぐらい、この映画ではピタリ嵌ったエロビッチガールっぷりで目の保養にもなりました。

まあでも、いくら平静を装ったって、こんなモデルみたいな人が自分の前に現れて、しかも間違って自分の彼女になってしまったら、それは人生狂わされるのも当然ですよね・・・。
奥田民生のように自然体でいられる自信は私にはないです、と言うか奥田民生だってこんな状況になったら実際どうなるか分かりませんよ(笑)
そんな女に狂わされていくコーロキを演じた妻夫木聡が、また何とも似合いすぎてて面白かった!
妻夫木ののび太的演技はやはり鉄板ですなぁ、奥田民生のようなカッコいい大人になろうと憧れても、その逆に逆に向かってしまうこの悪循環、男としてのカッコ悪さ・・・嵌り役過ぎて何の違和感もなく楽しませてもらいました。

しかしどんだけキスするんだってぐらい、キスしまくりな映画でしたねぇ、ソフトなやつではなく、ベロベロディープなやつですから、本当にエロビッチ、脱いではないけど脱いでるよりエロく見せるテクニックはさすが大根仁監督か。
自分中心なツンデレガールにいくら狂わされようとも、もうこんなの絶対嫌と思わされようとも、それは極上の女とのセッ〇スに溺れてしまったら、まあ仕方ないのかな、男ってホントにバカだ、でも男なら分かる・・・そんな心境に陥ってしまうような、男ってホントおバカちゃんスペシャルな映画でしたね。
まあでも、みんな大なり小なりあかりのような要素は持っていたりもするんですよね、それを見て成長していく?コーロキの成長物語だったとも言えるのか、まだまだ男はもがき続ける映画とも言えるのか、とりあえずあぁこんな女確かにいるいると、自分の周りの人に当て嵌めながら楽しむのも一考かもしれません。

ただ、終盤の展開はどうなのかなぁ、もっと違った修羅場が見れると思っていたので、あのクライマックスはちょっとテンション下がって私的にはちょっと割引、正直もう一声欲しかったのと、あと怖すぎです(苦笑)
でも基本的には面白かった、脇役の新井浩文、松尾スズキ、安藤サクラ、リリー・フランキーの好演も光りましたね、特に安藤サクラが演じたライターさんの言動は、仕事面でのもう一人の狂わせるガールって感じで、笑わされたりイライラさせられたり最高でした。
全編に散りばめられた奥田民生ソングも耳に残ったなぁ、今まで特に好きでも嫌いでもなかったですが、じっくり聴いてみたくはなりました。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント