【映画】任侠野郎

ninnkyou1.jpg

【解説・あらすじ】テレビタレントとしてお茶の間にもおなじみの漫画家・蛭子能収が映画初主演を務めた任侠作品。共演には、柳楽優弥、トリンドル玲奈、安田顕ら豪華キャストが集う。かつて関東一円にその名をとどろかせた小里組の元若頭・柴田源治は、親分の仇である正岡組の組長を殺して刑務所に入り、出所した現在はひっそりとクレープ屋を営んでいた。そんなある時、源治は、親分の本当の仇は正岡組組長ではなかったという事実を知る。組長亡き後、一人娘の時子が守っている正岡組は、源治をだまして組長を殺させた榊組に乗っ取られそうになっており、過去と決別したつもりの源治も、次第に争いに巻き込まれていく。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
監督:徳永清孝
脚本:福田雄一
企画プロデュース:植野浩之、堀金澄彦
プロデューサー:森清知成、中村直史、稲冨聡、高畑正和、星野恵
音楽:牧戸太郎
主題歌:ARCHAIC RAG STORE
挿入歌:蛭子能収
主なキャスト:蛭子能収、柳楽優弥、トリンドル玲奈、安田顕、大谷亮介、中尾明慶、やべきょうすけ、橋本マナミ、北原里英、大悟、橘ケンチ、佐藤二朗

ninkyou3.jpg

ninnkyou2.jpg

【感想】
あの蛭子さんが映画の主演と言う、何とも無謀なキャスティングに逆に興味が湧いて鑑賞した映画でしたが、やっぱりと言うか当然ですが蛭子さんは蛭子さんでしたね・・・もしかして急に演技が上手くなっているのではと、変な期待もしてしまったのですが、まあ見た目はちょっと昔ヤクザだった風に見えなくもなかったですが、ひとたび言葉を発すれば、いつも通りの蛭子さんである意味一安心、あまりの大根ぶりに共演者は笑いを堪えるのに必死だったろうなぁ・・・と思わすにはいられなくなるぐらい蛭子さんの棒読み具合はホント酷かった(笑)
しかも歌まで歌ってましたしね、よくこんな冒険したもんだと、ある意味感心した映画でもありましたが、脚本が福田雄一と知って妙に納得、でも監督はしなかったんですね、ってまあそれはしたくないでしょうなぁ・・・。

でもこれ、コメディのようで内容は至って真面目と言うか、昔からよくあるタイプの正統派任侠映画でしたよね。
蛭子能収と言う存在自体がコメディみたいなものですから、これはこれで良かったかも。
とは言え、もっと笑いたかったような気もしないでは無かったかな、蛭子さんに福田雄一脚本で、普通の任侠映画って言うのもねぇ、そのギャップが良いと言えば良いんですけど、どこか物足りなさも感じてしまう内容ではありました。
まあ蛭子さんが主演の映画ですから、そもそも期待するのが野暮ってもので、それなりに楽しめただけでも儲けものと思っておくのが吉でしょうかね。

蛭子さんが蛭子さんだった分、脇を固める役者陣はなかなか豪華なキャスティング、おかげで何とか見れる映画に仕上がった印象でしょうか、特に中尾明慶の子分感は相変わらず抜群でしたね、安田顕、大谷亮介、柳楽優弥も安定の存在感、そして敵役の佐藤二朗はいつも通りの二朗さんでした(笑)
でも何だかんだで佐藤二朗のおかげで楽しめた映画だった気もするんですよね、一人だけコメディしちゃう二朗さん最高でした、しかも愛人役の北原里英とイチャイチャしちゃうし、おいしい役どころでしたね。
愛人役を橋本マナミにしなかったのは、単に風俗嬢役の橋本マナミを作り手が見たかったからなのかな?

それと姐さんにトリンドル玲奈と言うキャスティングも意外性たっぷり、思わず守ってあげたくなるような姐さんでしたね、蛭子さんがトリンドル姐さんを命懸けで守ろうとする構図は、言葉だけ聞くと相当陳腐そうですが、見てみるとこれが意外と味があるように見えてくるからホント不思議なもので・・・。
蛭子さんは蛭子さんですから、当然高倉健のようにはなれないですが、蛭子さんはこれで良し、まあ真面目に見たらふざけんなと言いたくなるような映画でしたが、こう言う冒険的映画・・・少なくとも嫌いでは無かったです。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント