【映画】デザート・ストーム

deza-to1.jpg

【解説・あらすじ】テレビドラマ「The O.C.」のミーシャ・バートンが主演を務め、危険な砂漠の真っ只中で立ち往生してしまった若者たちの運命を描いたサバイバルスリラー。刑務所から出所して故郷に帰った24歳の女性ジェイは、兄ロビンに誘われ、デス・バレーで開催される音楽フェスティバルに参加することに。ロビンとその恋人や友人たちと5人で出発するが、荒廃した砂漠の道路で車が故障してしまう。偶然にも同じフェスティバルに向かっている3人組と知り合ったジェイたちは、彼らの古いRV車に乗せてもらったものの、その車も故障。仕方なく徒歩で会場を目指すことにした彼らに、自然の脅威が容赦なく襲いかかる。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:アメリカ
監督、脚本:アシュレイ・エイビス
製作:アシュレイ・エイビス、エドワード・ウィンターズ、キース・A・フォックス、ラリー・フンメル
音楽:ルイジ・プルチーニ
主なキャスト:ミーシャ・バートン、ジャクソン・デイビス、トレント・フォード、デイナ・ローゼンドルフ、マイケル・ミルフォード、ケリー・ブラニガン、タイラー・セラーズ、ウィンター・アベ・ゾリ、ジェイク・ビューシイ、セバスチャン・バック、ランス・ヘンリクセン

deza-to2.jpg

deza-to3.jpg

【感想】
タイトルやジャケ写の様子からこれはきっと砂嵐でドエライことになる映画なんだろうなと思いつつ見てみたら、砂嵐自体は終盤にちょっとだけって感じで、CGもショボかったし、正直そこに関しての消化不良感は否めない映画だったかと。
日本での劇場未公開作は大体はジャケ写詐欺映画が多いので、特別落胆まではしませんでしたけど・・・。
で、結局メインは砂漠でのサバイバルと、主人公ジェイに纏わる屈折した人間ドラマって感じでしたかね。
まあどちらも特別見応えがあった訳では無かったので、いかにも未公開作だったなと、妙にそこは納得だったりもするのですが、極端につまらないって訳でも無かったので、まあ元々未公開作だからハードルも相当低かったし程々には楽しませてもらいました。

こう言っては何ですが、最近は専らB級映画専門女優と化したミーシャ・バートン主演映画ですから、そもそもそう高望みはしてないんですよ(苦笑)
私生活では問題山積み女優でも、私は単純にミーシャ・バートンが好きなので、もうこれはこれでOKです、前にも書きましたけど、顔が好みなんですよねぇ(←何かゲスいコメントでスイマセン)
内容がショボくても、やっぱりミーシャの映画はこんなもんだよな~と、逆にネタ的に楽しませてもらいました。
ちなみにあまり未公開作は見ない方が普通に内容目当てで見たら、ショボすぎてある意味ビックリすると思いますのでご注意を・・・。

しかし砂漠でサバイバルするメンバーがあまりにクズ過ぎて驚いた、ミーシャ・バートン演じるジェイとその兄以外、ほぼクズな連中ばかりで感情移入し難く、砂漠で一人、また一人脱落していっても、これだと特別何とも思えないと言うか・・・もう少しキャラ設定を何とかできなかったものかなぁ。
しかも一番最初に脱落した者の原因がそれって・・・砂漠全然関係ないし(苦笑)
砂漠云々よりも極限状態に追い込まれた人間の醜さみたいなものを描きたかったのかもしれませんが、元々クズな人達でしたので、今更醜い心見せられてもねぇ・・・。

刑務所上がりのジェイに纏わる屈折した人間ドラマも、境遇には同情するも、描かれ方が中途半端過ぎてそこまで感情移入できず。
何か全てにおいて中途半端なストーリー構成だったなと、そう思わずにはいられない雑さが目立った映画でした。
そもそも車壊れすぎ、砂漠で開催されるロックフェスに行くのに、ちょっと砂漠ナメすぎでしょ!
ホント内容的には相当微妙でしたが、とは言え、私的にはムチムチ化したミーシャ・バートンが見れればそれで良しな映画でしたので、まあそれだけで十分です、と自分に言い聞かせるしかないんだなぁ、これが。
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント