【映画】怪盗グルーのミニオン大脱走

kaitou1.jpg

【解説・あらすじ】ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオによる人気アニメーション「怪盗グル―」シリーズの第3弾。晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、新たな敵バルタザール・ブラットが現れる。1980年代に子役として人気を博した過去の栄光にすがり、80年代ファッションに身を包んだバルタザールは、様々なガジェットを駆使して犯罪を繰り返し、グルーを反悪党同盟から追い出してしまう。そんな時、グルーにドルーという生き別れになっていた双子の兄弟がいることが判明。父親から莫大な遺産を相続しているドルーは、父の志を受け継ぎ天下の大悪党になることを夢見ていた。一方、グルーの相棒ミニオンたちは、グルーが反悪党同盟をクビになったことで再び悪の道に戻ってくることを期待していたが、グルーにその気がないことを知り、新たなボスを求めて旅に出るのだが……。日本語吹き替え版は、シリーズおなじみの笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉らが続投し、バルタザール役を松山ケンイチが務める。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:アメリカ
監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ
脚本:シンコ・ポール、ケン・ダウリオ
製作総指揮:クリス・ルノー
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
音楽:ヘイター・ペレイラ
主題歌:ファレル・ウィリアムス
主なキャスト(声の出演):スティーブ・カレル、クリステン・ウィグ、トレイ・パーカー、ミランダ・コスグローブ、ダナ・ガイアー、ネブ・スキャレル、スティーブ・クーガン、ジュリー・アンドリュース、ジェニー・スレイト、アンディ・ナイマン、エイドリアン・シスカトー、ピエール・コフィン
吹き替え版:笑福亭鶴瓶、松山ケンイチ、中島美嘉、芦田愛菜、須藤祐実、矢島晶子、京田尚子、生瀬勝久、いとうあさこ、坂口芳貞、山寺宏一、宮野真守、福山潤、LiSA

kaitou2.jpg

kairtou3.jpg

【感想】
さすがにこのシリーズも4作目となると(スピンオフを加えて)、正直マンネリ化は否めないところですが、でも何でしょうねぇ~、それでも楽しい気持ちにさせられるのが、このシリーズのいいところでしょうか。
特別深いメッセージ性がある訳でもなく、ただただ楽しいだけ、お子ちゃま向けと言われれば間違いなくそうです、でも大人が見ればそこにある深いメッセージ性を感じ取れるディズニー映画と違って、子供が純粋に楽しめるこう言う映画(シリーズ)もあって全然OKだなと、そんなこともふと思わされた作品ではありました。
終始ドタバタ、ワチャワチャ、もう真面目に大人が評論するような映画ではないですよね(そう言いつつしちゃってますが(苦笑))、子供が楽しければそれで十分、ついでに大人も童心に返って何も考えずに楽しんじゃうのが吉ってものでしょう。

とは言え、1作目の頃と比べると、ストーリーに厚みがないと言うか、前はもう少し話に感動できる要素もあった気がして、どこか物足りなさも感じなくはなかったかなと。
前作の「ミニオンズ」辺りから、完全にドタバタのみの映画にシフトチェンジしてしまった感じがして、何かこうもどかしいと言うか、何と言うか・・・。
ミニオン人気にあやかってドタバタ劇に終始するなら、もう少しミニオンの出番を増やせば良かったのに、そこも中途半端、初期の頃と比べると若干方向性が変わったとは言え、脚本の劣化は否定できない事実となってしまいましたね。

まあでも、グルーの家族達を見ているだけで心が和むのもまた事実で、多少話的に盛り上がりに欠ける部分があっても、今まで築いてきたキャラクターの愛着度で十分楽しめた作品ではあったでしょうか。
ほぼ全員に均等に見せ場を作った分、ミニオンの出番が減ってしまったのはホント残念でしたが、ミニオンも好きだけどこの家族も同じぐらい好きなので、これはこれで仕方ないか・・・と思うことにしています(苦笑)
それとこのシリーズは毎度吹き替え版で見ているので、声にも愛着が湧いて、もうこの声以外は受け入れられません、最初は鶴瓶の関西弁に違和感しか感じなかったのに、今ではもう完全にグルー=関西人ですよ!
それと大きくなった芦田愛菜も頑張って子供の声出してましたね、頑張ってるって感じが思いっ切り出ちゃっていましたけど。

あと本作は80年代のノリもお楽しみ要素だったでしょうか、ある意味お子さんと一緒に違う部分で大人も楽しめる、と言うには少々ネタ的に古すぎて分からないかも?私もちょっと分からない部分はあったのですが、でも嫌いではない80年代色のノリでしたよ。
時代に取り残されたバルタザールの声は松山ケンイチだったんですね、あれは絶品、話的にはもう一捻りあっても良かった気がしましたが、双子のドルーとのドタバタほのぼの劇も含めて、何だかんだで楽しめた作品ではありました。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


この記事へのコメント