【映画】エンジェル 哀しき復讐者

ennzyeru1.jpg

【解説・あらすじ】ショーン・ビーン×アビゲイル・ブレスリンが対決!
家族を守るため犯罪に手を染めた少女の運命とは?
『96時間』のプロデューサーが放つクライム・アクション!
チェスが得意な少女ハナは、犯罪が横行する田舎町で、姉アンバーと叔父ドニーと暮らしている。ドニーはドラッグで身を持ち崩し、この町を牛耳る犯罪組織のボス、フランクに雇われ覚醒剤の密造を行うも、連邦捜査官に目をつけられていた。ドニーが逮捕され家族が離散することを恐れたハナは、少しでも収入を得ようと、ドラッグの運び屋としてフランクの下で働き始める。知恵をつけたハナはやがて、ドラッグをビタミン剤でかさ増しし、売上金を着服していった。ある日、客のビルと親しくなったハナは、フランクと縁を切ろうと相談を持ち掛けるのだが・・・。(Amazonより)

製作年:2014年
製作国:アメリカ
監督、脚本:マーク・ヤング
製作:ジェイソン・ピナルド、エリック・バセット、ニック・スタグリアーノ
主なキャスト:アビゲイル・ブレスリン、ショーン・ビーン、ジェームズ・ピュアフォイ、アレクサ・ベガ、リュー・テンプル、ジェイク・ビューシイ

ennzyeru2.jpg

ennzyeru3.jpg

【感想】
可愛らしい子役だった印象が未だ色濃く残っているアビゲイル・ブレスリンの復讐物って、ちょっといまいち想像が出来なくて逆に面白そうだなと、アビゲイル目当てで鑑賞したのですが、やっぱりアビゲイルに復讐物は無理があったか・・・(苦笑)
ジャケ写は意外とカッコ良いんですけどね、でもやっぱりと言うか、出ましたと言うか、これも劇場未公開作品お得意のジャケ写詐欺が入ってましたね。
まあ単純に復讐系クライム・アクション映画として評価すれば、お世辞にも褒められた作品では無かったでしょう、ただこの題材でもアビゲイルらしいと言えばらしい映画でしたので、少し大人になってもまだぽっちゃり可愛いアビゲイルを堪能する為だけならば見ても損は無いのかと、それ以外の方は特に・・・あ、一応ショーン・ビーンおじさんの渋さも堪能できるか。

しかしアビゲイルは良い意味でも悪い意味でも体型が変わりませんねぇ~、ぽちゃぽちゃしてて、普通感が半端じゃなかった、子役時代を髣髴とさせるビジュアルは個人的には好感が持てますが、この先どうなるのやら・・・。
まあちょっとビッチなアビゲイルの姉役も「スパイキッズ」シリーズのアレクサ・ベガでしたので、子役フリークの方にはたまらない映画だったかもしれませんね。
サブタイトルに哀しき復讐者と謳ってあるので、出来ればそっち方面の活躍も期待したかったのですが、彼女達のアクションらしいアクションは無しでしたので(手榴弾をアレしたぐらい)、そこに関しては相当肩透かしって感じでした。

それといまいち相関図と言うか人間関係も説明不足のまま推移していくので、何となくは分かるのですが劇中の台詞を聞いても若干?な部分もあったりで、もう一つ入り込めなかったんですよね。
絶対に逃げられないって程、ショーン・ビーン軍団の組織力も無さそうな雰囲気でしたし・・・。
更にはアビゲイルが演じたハナはチェス好きな少女と言うことで、そのチェスになぞらえて話が推移していましたが、正直全くチェスの知識がない者としてはそこも全然頭に入ってこなくて、ホント最初から最後までいまいち乗り切れずって感じでした。

まあ結局、頭脳プレーのようでその実は全くスッカスカな計画で、田舎町を牛耳るジョーン・ビーン軍団に立ち向かうアビゲイルらしさが一応ツボと言えツボな作品だったでしょうか。
敵も敵なら味方も味方的な、しょうもない親族同士の小競り合いでしたので、緊張感も微妙に薄くクライム系としてはホントお世辞にも褒められた作品では無かったですが、とりあえずちょっと大人になったアビゲイルを確認できただけでも私的にはまあ良かったかなと・・・。
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

この記事へのコメント