【映画】銀魂

ginnntama1.jpg

【解説・あらすじ】「週刊少年ジャンプ」連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを、小栗旬主演で実写映画化。テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一がメガホンをとり、宇宙人に支配された江戸で万事屋を営む侍・坂田銀時と仲間たちの活躍を描く。江戸時代末期、宇宙から襲来した「天人(あまんと)」が日本を開国。天人の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途を辿っていた。そんな中、未だに侍魂を堅持する風変わりな男・坂田銀時は、廃れた剣術道場の息子・新八や、戦闘種族である夜兎族(やとぞく)の少女・神楽と出会う。彼らが営む万事屋の周囲では、次から次へと事件が巻き起こり……。万事屋メンバーの新八役を菅田将暉、神楽役を橋本環奈が演じるほか、新八の姉・妙役に長澤まさみ、攘夷浪士・桂小太郎役に岡田将生、真撰組・近藤勲役に中村勘九郎、銀時の宿敵・高杉晋助役に堂本剛と豪華キャストが集結。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:日本
監督、脚本:福田雄一
原作:空知英秋
主題歌:UVERworld
主なキャスト:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛、古畑星夏、六角精児、一ノ瀬ワタル、長谷川朝晴、山寺宏一(声)、高橋美佳子(声)、山田孝之(声)

ginntama2.jpg

640.jpg

【感想】
原作漫画もアニメ版があったのもよく知らない状態での鑑賞だったので、全然ついて行けなかったらどうしようかと多少不安な部分もあったのですが、最初の楽屋ネタ的な部分から既に面白かったなぁ、原作を知らない私としてはとにかく福田雄一監督作品特有のくだらない笑いだけを期待して見たので、そう言った意味では十分満足できる内容でした。
劇中でもおっしゃってましたが、「原作未読者は評価が甘くなる」の典型的なパターンですね、自分(笑)
それにしても大作映画でも全然ブレませんねぇ~福田雄一監督は、見ているこっちが心配になるぐらい、くだらない笑いが盛りだくさん、どうせ原作ファンに褒められることなんてないだろうからとある種の開き直りさえ感じる内容でした。
とりあえず、これまで福田雄一作品に嵌ってきた方は、いつも通り安心して笑える映画だったのではないでしょうか。

逆にこれが福田作品初鑑賞だったら、これ映画か?と憤る人がいてもおかしくはないような・・・。
まあそもそもこう言う人なんですと、諦めてもらうほかないでしょう。
とは言え、ふざけているばかりではなく、しっかり魅せるところは魅せていた辺り、いつもよりは気合が入っていた印象でしょうか。
お金も掛かっていたし、原作も大人気漫画となれば、さすがにバカやってるだけではダメでしょうからね、逆にその分終盤は笑いの要素が少なくて、まあアクションは堪能させてもらいましたが若干の物足りなさを感じた部分もあったかなと・・・まあこれはこれで仕方ないけど。

豪華キャストのコスプレショーは、再現率が高いのかどうかは知る由もないですが、皆いいキャラしてましたね、さすがに登場人物が多すぎて見せ場にバラつきがあったのは残念でしたが、作り手も役者も皆楽しんで作り上げていたのは十分伝わってきました、福田組常連はいつも通りの安心感、そして非常連組は新鮮な笑いを提供してくれましたね。
着ぐるみ感満載のエリザベスとモフモフ感たっぷりの定春もいいキャラしてました、エリザベスの声があの人だったとは、無駄に豪華すぎる、福田組だったからこそ成せるキャスティングだったでしょうか。

個人的には橋本環奈いじりが結構ツボでした、ここまでしてくれるとは・・・監督もとりあえずダメ元でお願いしてみたって感じだったんじゃないの?
菜々緒との体型の違いが顕著なバトル、最高でした、もっと見たかったぐらいです。
権利的な部分でギリギリのネタも多数ツボに嵌って、まあとにかく楽しい映画でしたし、アクションシーンも見応えたっぷり、世界観はよく分からない部分もありましたが、分からなくても十分楽しめる映画に仕上げる辺りはさすが福田監督って感じでしたかね。
そして二朗さんは相変わらずいつも通りの二朗さんでした・・・(まさか原作通り?)
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック