【映画】ハイネケン 誘拐の代償

hainekenn1.jpg

【解説・あらすじ】有名ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を映画化したクライムサスペンス。エミー賞受賞ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ブリーズのベストセラーをもとに、誘拐犯と被害者双方の視点から謎多き事件の真相に迫る。1983年、オランダの都市アムステルダムでハイネケンの会長フレディ・ハイネケンが誘拐された。警察は巨大組織による犯行を疑うが、真犯人は犯罪経験すらない幼なじみの若者5人組だった。犯人たちは莫大な身代金を要求し、計画は順調に進んでいるかに見えた。ところが、人質であるハイネケンの傲慢な態度に振り回されるようになり、次第に追い詰められていく。名優アンソニー・ホプキンスが、素人誘拐犯たちを翻弄する老獪な大富豪役を存在感たっぷりに怪演。誘拐犯一味に「アクロス・ザ・ユニバース」のジム・スタージェス、「アバター」のサム・ワーシントン。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:ベルギー、イギリス、オランダ
監督:ダニエル・アルフレッドソン
原作:ピーター・R・デ・ブリーズ
脚本:ウィリアム・ブルックフィールド
製作:マイケル・A・シンプソン、ハワード・メルツァー、ジュディ・カイロ
音楽:ルーカス・ビダル
主なキャスト:アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーウェン、トーマス・コックレル、ジェミマ・ウェスト、ダービッド・デンシック

hainekenn2.jpg

hainekenn3.jpg

【感想】
つまらなくはなかったけど面白いとまでは言い難い的な、何とも中途半端な感想ばかりが浮かんでしまう映画でしたかね。
これは実話を基にしたのが逆に仇となったのかな、サスペンス映画を見ている感覚よりも、どちらかと言えばドキュメント映像を見ているような感覚の方が強かったです。
事実をなぞるだけでなく、もう少しスリリングに描けていれば、サスペンス映画としてもっと楽しめたと思うのですが、盛り上げ方がいまいちで、こう言うことがあったんだ~ぐらいの感覚しか得られなくて、サスペンス映画として見るにはやや微妙だった印象ですね。
題材的に作り手によっては手に汗握るスリリングな心理戦が見れた話だと思うので、そこはちょっと残念だったなと思わずにはいられませんでした。

また何せ誘拐されたハイネケン氏を演じたのがアンソニー・ホプキンスでしたから、尚更妙にそこに関して期待してしまう部分があったので、余計に物足りなさを感じてしまいました。
まあ勿論、ハイネケンはレクター博士ではないので、見る側が勝手に期待し過ぎただけなのかもしれませんが、でもあらすじにハイネケンに犯人側が翻弄されていく的な文言があったので、やっぱりレクターばりの狂気を勝手に期待しちゃうのは仕方ないことですよね。
アンソニー・ホプキンス自体はさすがの存在感で、物凄い威圧感を感じました、しかし予想以上に出番も見せ場も少なかったのは返す返すも勿体なかったなと・・・ある意味ジャケ写詐欺的部分もあったような(苦笑)

誘拐事件そのものに関しては、計画→実行→コトの顛末と全てにおいてある程度見入ってしまう部分はありました、変に期待し過ぎなければそこそこは楽しめるのではないかなと。
でも何となくサクサクと言うかあっさり感があって、スリリングさに欠けた印象は否めず。
まあどちらかと言えばメインは犯行グループ内の友情・葛藤、そして崩壊していく様を描いた話だったようでしたから、まあそう言うものだと思って見ている分にはまずまず見れる映画だったのかもしれません。

ただそれにしては犯行グループのメンバーのキャラ立ち具合が微妙ったかな。
かろうじてジム・スタージェスとサム・ワーシントンが演じた人物は何となくキャラが形成されていましたが、皆幼なじみであることやどんな人生を歩んできたのか、その辺りはいまいち伝わってこなかったり、犯行を企てるに至る状況もしっくり来なかったりと、どこにも感情移入できなかったのが何か惜しい作りだったなと・・・。
何気に一番の驚きはエンドロール前のテロップで表記された彼らのその後だったかも!
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ハイネケン 誘拐の代償
Excerpt: 1983年、オランダ・アムステルダム。 世界有数のビール会社「ハイネケン」の経営者フレディ・ハイネケンが、運転手と共に誘拐される。 警察は過激派の犯行を疑うが、犯人は犯罪経験のない5人の若者たちだった..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-07-14 13:55