【映画】私の男

watasino1.jpg

【解説・あらすじ】作家・桜庭一樹による第138回直木賞受賞作を、「海炭市叙景」「夏の終り」の熊切和嘉監督が映画化。孤児になった少女と、彼女を引き取った遠縁の男が、内に空虚を抱えながらも寄り添うようにして生きる姿を、北海道の雄大な自然を背景に描き出した。浅野忠信と二階堂ふみが主演し、共演にも高良健吾、藤竜也らが実力派が顔をそろえている。10歳で孤児となった少女・花は、遠縁の男・淳悟に引き取られる。ともに孤独な2人は北海道紋別の平穏な田舎町で暮らしていたが、ある日、流氷の上で起こった殺人事件が報じられる。そのニュースを聞いた2人は、逃げるように町を後にするが……。(映画.comより)

製作年:2013年
製作国:日本
監督:熊切和嘉
原作:桜庭一樹
脚本:宇治田隆史
製作:藤岡修、由里敬三、分部至郎、木村良輔、宮本直人
エグゼクティブプロデューサー:永田芳弘
プロデューサー:西村信次郎、西ヶ谷寿一
音楽:ジム・オルーク
主なキャスト:浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾、藤竜也、モロ師岡、河井青葉、太賀、相楽樹、三浦誠己、安藤玉恵、三浦貴大、広岡由里子、竹原ピストル、康すおん、吉本菜穂子、松山愛里、奥瀬繁、吉村実子、山田望叶

watasi3.jpg

watasi2.jpg

【感想】
花と淳悟、全く感情移入できる要素の無い2人でしたけど、2人の衝撃的な愛の、運命の行く末に、何だかんだで魅せられてしまった作品でした。
まあかなり説明不足な形で進む為、私の頭では行間を全て埋めることはできず、正直???な部分も多々ありはしましたが、自分の想像を超える、まさしく作品のタイトルがピタリ嵌る衝撃的且つ官能的な究極の関係性は、何とも言えない凄味があって、まあ好きではないし面白かったとも言い難いのですが、脳裏には間違いなく焼き付いてしまった作品だったなと・・・。
見てはいけないものを見てしまった的な、妙な罪悪感さえ感じてしまいそうな内容でしたね。

特に前半の北海道パートは、雪と氷に閉ざされた街の閉塞感も相まって、見ていて息苦しくなるぐらい、ロケーションと作品の内容が合致していて、ホント作品の世界観に思わず引き込まれてしまいました。
歪んだ愛を育んでいく様は、役者の好演込みでついつい見入ってしまいましたよ・・・何としても邪魔はさせないと静かな闘志を燃やす花の「女」の部分が、何とも言えぬしたたかさ、ドロドロ感たっぷりで、とても生々しかったなぁ~。
特に花と河井青葉が演じた小町とのやり取りは、物凄く印象に残りました、女の本性はホント怖い・・・。
異常な世界から正常な世界へ戻そうとする藤竜也とのやり取りも、画的にインパクト大、二階堂ふみ劇場と化した北海道パートは本当にいろんな意味で凄かったですね。

ただ後半の東京パートはどうなんでしょう、もう私レベルの頭では理解不能、行間を埋めることが出来きれずで、もう一つ入り込めませんでした。
かなり原作を端折りながらの内容だったのかな?(読んでないので分かりませんが)、それともそこは自分の想像力で埋めろってことなのかな、まあ説明しないのが美徳なところもあるのは分かりますが、もっと私のような底辺の映画ファンにも少しだけ親切に作ってくれたら、更に入り込めたのですがね。
と言うか、あれだけの「コト」を起こして、いくらなんでもタダでは済まないような、ってそう言うのは突っ込んじゃいけないのかな・・・。

まあしかし、ある種地球外生命体のような花の生態が、あまりにも凄すぎて何の感情移入もできないのに何故か魅せられてしまったなぁ、JKでも社会人でも全く違和感なく見える二階堂ふみの演技、妖艶さは、お見事の一言。
浅野忠信の哀愁も勿論素晴らしかったです、虚無感たっぷりな終盤の表情が特に印象的でした。
それに比べて高良健吾は、まさかこんな使われ方されちゃうなんて(笑)
まあ何にしても、歪んだ業の深さ、愛の行方は、好きな話ではないけど何だかんだで見入ってしまうものがあった作品でした。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

私の男
Excerpt: 北海道・奥尻島を襲った大地震で家族全員を失った10歳の少女・花は、紋別海上保安部の巡視船で働く遠縁の青年・腐野(くさりの)淳悟に引き取られる。 淳悟の恋人・小町は、独身なのに子育てを厭わない淳悟に複雑..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-06-28 11:00