【映画】先輩と彼女

senpai1.jpg

【解説・あらすじ】南波あつこの人気同名少女コミックを、「烈車戦隊トッキュウジャー」でトッキュウ1号役を演じた志尊淳(D-BOYS)と、NHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演した芳根京子の主演で実写映画化。「甘い恋」を夢見る元気で一途な高校1年生の都築りかは、現代文化調査研究部で部長を務める3年生の「みの先輩」こと美野原圭吾を好きになる。しかし、みの先輩は、元部長で昨年卒業した沖田葵のことに恋をしていた。それでも、りかはみの先輩に好意を寄せるが……。監督は「東南角部屋二階の女」で劇場用公開作品デビューした池田千尋。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:池田千尋
原作:南波あつこ
脚本:和田清人
音楽:茂野雅道
主題歌:aiko
主なキャスト:志尊淳、芳根京子、小島梨里杏、戸塚純貴、水谷果穂、渡辺真起子

sennpai3.jpg

sennpai2.jpg

【感想】
少女漫画が原作の映画なんで、ある程度は覚悟していましたが、予想以上にザ・少女漫画な青春ラブストーリーに仕上がっていて、見ていて何だかちょっとむず痒くなってしまいました。
ドストレート過ぎて見ているこっちが恥ずかしくなってしまうぐらい、ピュアな人達の恋愛物語でしたね。
まあ悪く言えばストーリーに起伏が無さ過ぎた気はしましたが、タイトル通りシンプルに先輩と彼女に焦点を絞ったストーリー構成は、ある意味潔いとも言えたでしょうか。
いじめとか、心に闇を抱えた者とか、難病に冒された者とか、そう言った類のものは一切なしで、まさしく先輩と後輩の恋愛のみを描いた作品になっていましたもんね、まあこんないい人達ばかりの学校はありえませんが、少女漫画原作の映画はこれで良し、と思えるような分かり易い内容で、こう言うのが好きな人はきっと楽しめる映画でしょう、とっくに青春時代は過ぎ去って心が汚れきった自分には、ちょっとむず痒過ぎましたけどね・・・。

で、まずミノ先輩を演じた志尊淳・・・凄い、イケメン過ぎる、何度か彼が出演している作品を見てはいましたが、こうして見ると本当にザ・イケメンですね。
学校にこんな子がいたら、間違いなくザワつくでしょう、と言うか芸能・モデル事務所が間違いなく放っておかないはず、でも学校でそんな雰囲気が全くないのはさすがに不自然かな、謎の部活にも彼目当てで入部してくる女の子が主人公以外にも絶対大勢出てくるはずですよ・・・と言うかこんな部活果たして認められるのか(笑)、下手したら部室でただイチャイチャしている部と言われてもおかしくないぞ・・・。

そんな先輩に一目惚れして彼目当てに入部した後輩・りかを演じた芳根京子は、物凄い暴走キャラでしたねぇ・・・。
朝ドラヒロイン→売れっ子女優になった今となっては、ある意味黒歴史に近いキャラクターだったかも。
可愛いし、ピュアはピュアなんだけど、彼以外全然見えない自己中心的恋愛至上主義暴走キャラは、見ていてちょっとイラっときました、でも高校一年生は、このぐらいでいいのかな、と寛容な目で見てもやっぱりイラっとしたかも(苦笑)

まあ話自体は、大好きなミノ先輩にはこちらも一つ上の葵先輩に片思いしていると言う、二重構造的先輩と後輩によるラブストーリーでしたが、これ自体は安心して楽しめると言うか、ある種王道の展開で、普通には楽しめる内容になっていましたね。
後はキャラ的な部分で好みが分かれそう、個人的には主人公のミノ先輩とりかは正直いまひとつヒットせずでした・・・でも脇役陣が良かったです、哲っちゃん先輩の優しさと木綿子のクールさと葵先輩のいい女っぷりのおかげで何とか見れた映画だったかもしれません。
ところであの寿司屋は繁盛しているのでしょうか?哲っちゃん先輩が修行から帰ってくる前に潰れそうな気が。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック