【映画】22年目の告白 私が殺人犯です

22.jpg

【解説・あらすじ】藤原竜也と伊藤英明がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンス。「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」の入江悠監督がメガホンをとり、22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男の「告白」が新たな事件を引き起こす様子を描き出す。1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが……。告白本を出版する美しき殺人犯・曾根崎役を藤原が、事件発生時から曾根崎を追い続ける刑事・牧村役を伊藤がそれぞれ演じる。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:日本
監督:入江悠
脚本:平田研也、入江悠
オリジナル映画:チョン・ビョンギル
製作:中山良夫、加太孝明、高橋雅美、大村英治、堀義孝、薮下維也、永井聖士、高橋誠、弓矢政法、前田義晃、吉羽治、小笠原明男、荒波修
エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔、安藤親広
プロデューサー:北島直明、小出真佐樹
音楽:横山克
主題歌:感覚ピエロ
主なキャスト:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、川瀬陽太、宇野祥平、黒田大輔、坂田聡、板橋駿谷、裵ジョンミョン、平原テツ、井上幸太郎、山中アラタ、外川貴博、蔵原健、川村進、河野マサユキ、信太昌之、浅見紘至、今村美乃、佐伯新、山崎大輔、長谷川眞優、荻野友里、川面千晶、大塚ヒロタ、橋本一郎、田代さやか、片山亨、MEGUMI、川島潤哉、桝太一、尾崎里紗、升毅、木下ほうか、松本まりか、矢島健一、岩城滉一、仲村トオル

221.jpg

222.jpg

【感想】
元ネタの韓国版は見てないので結末を知らなかったのが良かったのか、先の読めない展開にハラハラドキドキしつつ、大いに楽しめた映画でした。
リアリティのある部分と無い部分が絶妙にブレンドされた脚本は本当に見事、私は元ネタとの比較はできませんが時代背景を含め日本人の心に響く日本ならではのストーリーに改編した辺りは、十分評価に値する内容だったのではないでしょうかね。
まあ細かく紐解けば納得できない点やツッコミどころも多々ありましたけど、現実の話ではない一つのサスペンス映画としては、十二分に満喫できた作品でしたよ。

もう予告編からして興味をそそられる映画でしたね、あの藤原竜也がまたクズを演じる、それだけで、おっ!となってしまいましたもん。
時効を過ぎて現れた犯人が藤原竜也、彼を追っていた刑事が伊藤英明、その設定で既に十分面白そう。
勿論、そのまんまの映画なはずはないであろうことは明白な訳で、これがどう展開していくのか、そのワクワク感をある程度裏切らないレベルで結末まで迎えたのは嬉しい限りでした。
たまに秀逸な設定でも大きくズッコケる映画がありますからねぇ、それ考えれば、まあ最後の展開はもう少し改善の余地があった気はしないでもなかったですが、基本的には満足できる内容だったかなと。

また何度かどんでん返しがあるストーリー構成の中でも、藤原竜也のイメージを逆手に取った演出は、なるほどそう来たかと言う感じでした。
本当にクズっぷり、狂気に満ちた演技が上手かっただけに、素直に驚けましたよ。
武闘派ながら哀愁に満ちた伊藤英明の演技も作品をより良いものに引き上げた印象です、物凄くキャラ的に濃い2人でこうも感情移入させられる作品に仕上がっていたとは良い意味で予想外、また遺族やその周辺の人々を演じた脇役陣もホントお見事でしたね、その心情が見る者の心にスッと入ってくる秀逸な脚本と演技でした(野村周平の使い方とか夏帆の演技は特に印象深かったです)

しかしどんなに心穏やかに過ごしていても、ひとたび震災や紛争が起これば、人の心は大きく変化してしまうことを改めて見せつけられましたよ。
だけに、尚更感情移入させられちゃいましたね、事件の遺族感情も痛いほど伝わってきて・・・。
まあ若干無理のある真相ではありましたけど、ただどんでん返しを見せるだけの作品ではなく、法制度も含めて何かと考えさせられる作品に仕上がっていた点は、何気に好印象だったサスペンス映画でした。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

22年目の告白 私が殺人犯です
Excerpt: かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件があった。 ところが22年後、その犯人が自ら名乗り出る。 会見場に現れたのは、自身の告白本を手にした曾根崎雅人という男だった。 本はベストセ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-06-18 12:59

「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」
Excerpt: すごいものを観てしまった…。それは、残虐なシーンの過度な露出や、ただ狂ってるとしか言いようのない「殺人犯」のことだけを言いたいのではなく、…つまり内容もさることながら役者が本当にすごかったのだ。ネタバ..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2017-06-19 14:36

『22年目の告白 私が殺人犯です』
Excerpt: □作品オフィサルサイト 「22年目の告白 私が殺人犯です」□監督 入江悠□脚本 平田研也、入江悠□キャスト 藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈■鑑賞日 6月11日(日)■劇 場 TO..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2017-06-21 12:40

22年目の告白-私が殺人犯です-★★★★
Excerpt: 未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。韓国映画『殺人の告白』をベースに、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2017-06-21 18:10

22年目の告白
Excerpt:  『22年目の告白―私が殺人犯です―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)TVドラマ『リバース』(注1)に出演していた藤原竜也の主演映画ということで映画館に行ってきました。  本作(注2)の..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-06-24 17:48

75『22年目の告白 私が殺人犯です』それはまるでファントムペインのような
Excerpt: 藤原竜也をどこまでも求めて... 入江悠監督の最新作はサイコサスペンス! 『22年目の告白 私が殺人犯です』 ~あらすじ~ 阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した..
Weblog: シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ
Tracked: 2017-07-04 23:34