【映画】春子超常現象研究所

haruko1.jpg

【解説・あらすじ】第18回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、「東京難民」で主演を務めた中村蒼がテレビ男を演じる異色コメディ。ある日突然、心と体を持ってしまったテレビ。持ち主である春子と奇妙な同棲生活をスタートし、ヒモとして日々を送っていた。胡散臭いテレビプロデューサー鈴木と出会ったテレビは、語学番組「やさしいアラビア語教室」パーソナリティに大抜擢。テレビテレビ界のトップへとのし上がっていく。春子にはモデルデ女優として活躍する野崎萌香。初長編作「さまよう小指」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014で最高賞、シネガーアワードを受賞した竹葉リサの監督作品。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督、脚本:竹葉リサ
主なキャスト:中村蒼、野崎萌香、青木さやか、ブラザートム、池田鉄洋、斎藤工、高橋由美子、坪谷隆寛、寺田浩子、小日向文世

haruko2.jpg

haruko3.jpg

【感想】
物凄く面白かったと言うほどツボに嵌った訳ではないのですが、何気に画的なシュールさからジワジワっと来る映画ではありましたね。
まあ真面目に見たらくだらないの一言で済んでしまう映画でしたけど、そのくだらなさが地味に良いと言うか何と言うか。
特別説教臭いメッセージ性を含んでいないのが逆に良かったのかも。
とにかく何も考えずにシュールでおかしな世界観を楽しむに限る映画って感じでしたね。
100%リアルではありえない構図を、ただただ楽しむ・・・ってまあ爆笑するようなコメディでもなかったですけど、何度も微妙だなと思いつつも、終わってみればジワジワ来ている自分がそこにいました。
とは言え、これ面白かったよと他人に勧められる感じでもないのですが・・・。
まあでも、こんな映画もあっていいなとは思わされた作品でした。

家のテレビがテレビ男になる、子供が考えそうな発想ですが、それを普通に映画化してしまうのも逆になかなか無い発想ですから、ある意味新鮮でしたね、よくこれを映画化したもんだ。
画的には相当チープ、しかもブラウン管のレトロなテレビでしたからね、でもそこに妙に味がありました。
しかもイケメンで絶倫と来たもんだ、中村蒼が真剣に演じれば演じるほど、何故だか笑っちゃいます、頭がテレビってさぁ・・・。
ただ、ちゃんとテレビの特性を生かしたキャラになっていたのはホント感心しました、確かにテレビだなと・・・そしてそこに関しての小ネタは結構面白かったです。

それにしても、下ネタ多かったですねぇ、女性監督でこれだけ下ネタ入れてくるとは、ある意味潔い。
もうちょっとふんわりしたラブファンタジーだと思っていたので、良い意味で予想外でした。
そんな下ネタを前面に打ち出した作風をふんわり包み込むようなキャラで魅せてくれたのが春子を演じた野崎萌香だったか、正直演技が上手いとは言い難いのですが、それが逆にこの作風には合っていた印象で、テレビ男といいコンビ、お似合いの2人だったなと思いました。

のほほんとした小日向お父さんや青木さやかのイカレキャラも、物語のいいアクセントとなっていましたね、小日向氏のあんな台詞、なかなか聞けませんよ(笑)
斎藤工もインパクト大なチョイ役ぶりで、印象深かったです。
どうでもいいような小ネタも、話的には?な部分が多々ありましたけど、ところどころ面白かったです。
まあ全体的には面白いとスベってるのギリギリの線な映画でしたけど、間違いなくありきたりではない映画だったかと。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック