【映画】お!バカんす家族

obaka1.jpg

【解説・あらすじ】「ハングオーバー!」シリーズ、「なんちゃって家族」のエド・ヘルムズが主演し、バカンス旅行にでかけた一家が、次々と思いがけない騒動に巻き込まれていく姿を描いたコメディ。妻と2人の息子を持つラスティは、近頃すっかり薄れてしまった家族の絆を再び取り戻そうと、同じ場所ばかりでマンネリ化していた毎年恒例の家族旅行を一新。国民的テーマパーク「ウィリー・ワールド」を目指し、レンタカーでアメリカ横断の旅に出発する。しかし、楽しいはずの家族旅行は、行く先々で災難に見舞われてばかりで……。「マイティ・ソー」「アベンジャーズ」シリーズで人気のクリス・ヘムズワースが、ラスティの義理の弟役で出演。「モンスター上司」の脚本で知られるジョナサン・ゴールドスタイン&ジョン・フランシス・デイリーが脚本のほかメガホンもとり、監督デビューを果たした。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:アメリカ
監督、脚本:ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー
製作:デビッド・ドブキン、クリス・ベンダー
製作総指揮:マーク・S・フィッシャー、ジェフ・クリーマン、トビー・エメリッヒ、リチャード・ブレナー、サミュエル・J・ブラウン、デイブ・ノイスタッター
音楽:マーク・マザースボウ
主なキャスト:エド・ヘルムズ、クリスティーナ・アップルゲイト、クリス・ヘムズワース、レスリー・マン、ビバリー・ダンジェロ、チェビー・チェイス、スカイラー・ギソンド、スティール・ステビンズ、チャーリー・ディ、ロン・リビングストン、ノーマン・リーダス、ハンナ・デービス、ジョン・フランシス・デイリー、キーガン=マイケル・キー、レジーナ・ホール、キャサリン・ミサール、エミリー・クラッチフィールド、アルコヤ・ブランソン、コリン・ハンクス、ライアン・カートライト、ニック・クロール、ティム・ハイデッカー、ケイトリン・オルソン、マイケル・ペーニャ

bakannsu2.jpg

bakannsu3.jpg

【感想】
下ネタ、汚物ネタのオンパレードでしたので、これは見る人によって相当好みが分かれそうですが、個人的にはツボに嵌る笑いが多くて結構楽しめた映画でした。
しかしアメリカンコメディは本当に下ネタ&汚物ネタが多いですね、下品極まりない、けどそこがいい、時々こんなしょうもないコメディ映画を見たくなるんだなぁ~何故か。
最後にほっこりとさせられはしたものの、基本おバカのみの映画だったので、ホント単純に笑えて面白かったです。
上質なコメディではないし、中身はスッカスカなので、なかなか他人には勧めづらい作品ですが、家でまったり見る分には最適のファミリー・コメディではないかと、と言っても内容的に家族で見るような映画でもないですけど・・・。

それにしてもエド・ヘルムズのコメディ演技は安定感抜群ですね、「ハングオーバー」シリーズとはまた全然違った役どころでしたが、冴えない普通のお父さん感が抜群に嵌っていたと思いました、根底にお父さんの強い家族愛があるからこそ、何かとうまくいかない様子に爆笑しつつも妙にほっこりとさせられて、ホント楽しませてもらいましたよ。
一方の妻役クリスティーナ・アップルゲイトもコメディ演技はお手の物、一見すると普通の善き妻で善き母親ですが、その過去は・・・な部分で相当笑わせてもらいました、こんなワイルドな奥さん、最高じゃないですか!
息子2人も十分キャラ立ちしていましたし、バカンス抜きでこの家族を見ているだけでも、結構笑えたかな、弟が兄をいじめる様子は最初ちょっと嫌な感じもしたのですが、この伏線がなかなか話的に効いていて、何気に見事な脚本だったなと感心させられました。

勿論、旅の道中のトラブル続きな様子もバカ連発で、最高でした、そもそも用意したレンタカーがトンデモない代物過ぎて、終始笑えたなぁ、アルバニア製でしたっけ?これだけは乗りたくないような、怖いもの見たさで一度は乗ってみたいような・・・カーナビネタもジャブのようにジワジワ効いて、ホント面白かった。
道中数々の小ネタでクスクス笑いもありつつ、温泉?での爆笑もありつつ、笑いの強弱もなかなかいい配分だったのではないかと。
そして子供から見れば、マンネリの家族旅行よりも、ある種一生の思い出に残る旅だったのではないでしょうかね。

ゲスト出演陣も低予算映画ながらなかなか豪華、と言っても私ではよく分からない方々も多数いましたけど、何と言ってもインパクトではクリス・ヘムズワース、筋肉バカと思わせといて、本当の自慢は・・・よくこんなバカなこと引き受けてくれましたね。
ノーマン・リーダスも話的にはいい感じに盛り上げてくれました。
まあホント単純なおバカ映画でしたけど、意外と面白かったですよ。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック