【映画】追憶

tuioku1.jpg

【解説・あらすじ】「鉄道員(ぽっぽや)」「あ・うん」などの名作を手掛けた監督・降旗康男と撮影・木村大作が9年ぶりにタッグを組み、岡田准一を主演に迎えたヒューマンサスペンス。ひとつの殺人事件の刑事・容疑者・被害者として再会した幼なじみ3人が、心の奥に封印してきた過去と向き合う様子を描く。1992年、冬。親に捨てられた13歳の少年・四方篤は、似た境遇の田所啓太、川端悟と共に、軽食喫茶を営む仁科涼子と山形光男のもとで家族のように暮らしていた。しかしある事件をきっかけに幸せな日々は終わりを迎え、彼らは離れ離れになってしまう。25年後、成長して刑事になった篤は、無残な刺殺体となって発見された悟と再会を果たす。そして捜査が進められていく中、啓太が容疑者として捜査線上に浮上し……。篤役を岡田、啓太役を小栗旬、悟役を柄本佑がそれぞれ演じる。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:日本
監督:降旗康男
原案、脚本:青島武、瀧本智行
製作:市川南
プロデューサー:伊藤伴雄、上田太地、臼井真之介
撮影:木村大作、坂上宗義
音楽:千住明
主なキャスト:岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、矢島健一、北見敏之、安田顕、三浦貴大、高橋努、渋川清彦、りりィ、西田尚美、菜葉菜、太賀、小林喜日、モロ師岡、田中要次、安藤サクラ、吉岡秀隆

tuiooku3.jpg

tuioku2.jpg

【感想】
これぞ古き良き日本映画!・・・とまでは言えなかったですが、最近ではなかなかお目にかかれないテイストの昔懐かしい作風に、やっぱりこう言う邦画も時々は見たいなと思わされた99分間でした。
降旗康男監督×木村大作撮影のレジェンドコンビによる作品を今後また見れる可能性は限りなく低いでしょうから(あって欲しいですけどね)、まあ作品の出来云々はまた別として、とりあえず邦画好きならこの機会を逃す手はないでしょう。
残念ながら今の時代、こう言った古めかしい作品はヒットしないのが悲しい現実ですが、いろいろと突っ込みどころはあっても、何かいいですよね~こう言うの、私はリアルタイムに降旗作品を見てきた訳ではないので偉そうなことは言えませんが、日本の伝統芸能的なこう言った映画も、今後何とか残していってもらえたらなと、劇中の夕陽を見ながらふとそんなことを考えてしまった作品でした。

しかし上映時間が99分とは、何とも潔い。
やたら長い映画が乱発する昨今ですが、個人的には映画は2時間以内に収めてもらいたい派なので、この上映時間は嬉しい限りでした。
が、その反面、物足りなさが残ったのも間違いない事実で・・・。
もっと掘り下げてほしい事象が多々見受けられたので、そこはもう少しじっくり描いても良かったような、でも何でもかんでも丁寧に描けば良いってものでもないですから、これはこれでって感じもしないではなかったですけど。

ただ殺人事件の顛末はどうなのかなぁ、唐突感が半端じゃなかったし、これでは深みが無さ過ぎる。
本作はサスペンスが全てな作品ではなかったですが、そこに深みがあれば更に作品の質も上がったと思うので・・・。
他にもいろいろと細かい部分で納得できない点があって、正直良作とまでは言い難かったです、でも作品に漂う雰囲気は好きでしたよ、終始重い影がのしかかるも、どこか救いのある作風は、日本らしい美徳があって何か良かったですね、いかにも降旗監督らしい作品の紡ぎ方だったなと思いました。

豪華キャストの演技も見応えがありました、一つの殺人事件に昔の幼なじみが刑事×容疑者×被害者として集うのはどこかで見たことのある設定でしたが、岡田准一×小栗旬×柄本佑が演じたからこそ、思わず見入ってしまいましたよ。
それぞれがずっと抱えてきたもの、それを描いた回想シーンがなかなか良く出来ていて、思わず感情移入させられてしまいました、欲を言えば吉岡秀隆と安藤サクラ(さすがの不幸オーラ)が演じた人物をもう少し掘り下げて描いてくれれば、尚良かったかなぁ・・・。
ところで、子役の子ですが、後に岡田准一になる子は、気のせいか、いや間違いなく小栗旬に似ていたと思うのですが・・・(何気に一番のミステリー)
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

追憶
Excerpt: 1992年、能登半島。 親に捨てられた13歳の四方篤、田所哲太、川端悟は、仁科涼子が営む軽食喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せ、常連客の山形光男と共に、家族のような毎日を送っていた。 しかしある事件をきっ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-05-20 08:53

「追憶」
Excerpt: オープニング、海の荒波の風景が映し出され、「ザ・日本映画」の様相を呈している。そして内容ももちろん「ザ・日本映画」なのであった。こんな風に、故郷と、隠された過去と、解かれていく運命の糸とが交錯し…これ..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2017-05-20 14:09

追憶
Excerpt: 会いたくても、 会えなかった、 愛する人へ―― 上映時間 99分 原案:脚本 青島武、瀧本智行 監督 降旗康男 音楽 千住明 出演 岡田准一/小栗旬/柄本佑/長澤まさみ/木村文乃/矢島健一/北見敏之..
Weblog: to Heart
Tracked: 2017-05-20 23:10

追憶  監督/降旗 康男
Excerpt: 【出演】  岡田 准一  小栗 旬  柄本 佑  長澤 まさみ 【ストーリー】 富山県警捜査一課の四方篤は、漁港で旧友の川端悟の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太を含む三人は、幼少期に親..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2017-05-21 14:01

『追憶』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「追憶」□監督 降旗康男□原案・脚本 青島武 瀧本智行□キャスト 岡田准一、小栗 旬、柄本 佑、長澤まさみ、木村文乃■鑑賞日 5月14日(日)■劇 場 109CINEMA..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2017-05-23 12:34