【映画】わたしのハワイの歩きかた

hawai1.jpg

【解説・あらすじ】女優の榮倉奈々が主演を務め、「婚前特急」の前田弘二監督と脚本家の高田亮が再タッグを組んだオリジナル作品。思うようにいかない日常から脱出してハワイへ飛んだ主人公の女性編集者が、現地で出会った人々と織りなす日々をオールハワイロケで描いた。出版社で働く26歳の女性編集者・小山田みのりは、仕事や人間関係に苦労し、イライラが募る日々を送っていた。そんなある日、ハワイで挙式する友人の愛子から2次会の企画を頼まれ、これまでに何冊もハワイの関連書籍を出しているにもかかわらず、一度もハワイ取材に行ったことがないみのりは、「新しいハワイ特集の企画」という口実を作り、会社の経費でハワイへ旅立つ。現地で茜、勉、知哉という新しい友人と知り合い、毎日飲んで遊んで楽しい日々を過ごすみのりだったが……。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:日本
監督:前田弘二
脚本:高田亮
製作:遠藤茂行、木下直哉、島村達雄、水口昌彦、間宮登良松、稲本健一、和田修治、Yuka ""Lisa"" Nawano、森越隆文、長谷川安弘、板東浩二、定井勇二
プロデューサー:小池賢太郎、根岸洋之
音楽:きだしゅんすけ
主題歌:竹内まりや
主なキャスト:榮倉奈々、高梨臨、瀬戸康史、加瀬亮、宇野祥平、中村ゆり、池松壮亮、上原美佐、吉永淳、佐藤みゆき、安田顕、鶴見辰吾

hawai2.jpg

hawai3.jpg

【感想】
ハワイを舞台にした映画でしたので、もう少しゆる系癒し系色が濃い映画なのかなと思ったら、普通にラブコメでしたね。
まあそれなりにハワイ感は堪能できましたから、一応リゾート観光ムービーとして楽しめた部分もありはしましたが、癒し系と言うよりはやはり主人公みのりの性格的な部分もあってか、印象に残ったのはほとんどラブコメの部分だけで、ハワイの印象は正直それほど・・・。
ただそんな画的は部分は日本人離れしたスタイルで魅せる榮倉奈々で十分カバー、内容はまあアラサー女性の共感を呼ぶようなホントよくあるタイプの内容でしたけど、終わってみれば竹内まりやのハワイ感に溢れた主題歌に乗せられた部分もあって、何となくは楽しめたような気がしないでもなかった作品でした。

しかし前半は正直この映画、共感できる人いるのかなと思えるぐらい、主人公みのりの言動に終始イライラさせられっ放しでしたね。
自分に甘くて他人に厳しい、他人に言っておいて自分はどうなの、結局は興味ないと言いながらイケメンで金持ち狙い、大酒のみだは男にユルいは・・・等々、ロクでもなさ過ぎて何だこいつ感が半端じゃなかったです。
でもよくよく考えると洋画のラブコメでも主人公ってこんなキャラが多かったりしますから、ラブコメの王道と言えば王道のキャラではあったんですけどね、日本人にはあまり合わないキャラなのかなぁ、それとも見せ方の問題なのか。

ただ、まあ自分のダメな部分は自分が一番知っている訳で、そんな自分みたいな人間にストレートに嫌味を言い放っているのが案外良いアドバイスになっていた辺りは、ちょっと面白かったかも。
日本人はどちらかと言うと陰口を叩くだけで、直接本人には言わない傾向にあるような気がしますが、みのりはある意味潔いと言うか、日本人離れした部分があった印象で、それが榮倉奈々のビジュアルにピッタリフィット、落としどころはベタ中のベタでしたけど、これが一番安心できる結末って感じで、これはこれで良かったかなと。

まあ個人的には割り切って金を選ぶのもありはありだと思いますけどね、息の合ったパートナーを選ぶのがハワイ式と考えれば(と言うかそれはどこの国でもそうですが)、キャラ的にはイラっとさせられましたけど、単純にラブコメとして見る分にはまずまず悪くない内容だったような、っていろいろと突っ込みどころは多かったですが・・・。
面白みと言う意味では主人公カップルよりも、高梨臨と本間ちゃんこと宇野祥平コンビに軍配でしょうか、妙にほっこりとさせられましたよ。
ザ・庶民的風貌の宇野祥平に勇気づけられる、何とも庶民に優しい映画でしたね(笑)
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

わたしのハワイの歩きかた
Excerpt: 出版社で働く26歳の女性編集者・小山田みのりは、友人の愛子がハワイで挙げる結婚式の2次会の企画を頼まれてしまう。 仕事でハワイのガイド本を何冊も出してきたが、実はみのりは、ハワイへは一度も行ったことが..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-03-31 08:59