【映画】ヴィンセントが教えてくれたこと

vinnsennto1.jpg

【解説・あらすじ】ビル・マーレイ扮する破天荒なダメオヤジが、12歳の少年との交流を通して生きる力を取り戻していく姿を描いたハートフルコメディ。アルコールとギャンブルを愛する、嫌われ者の偏屈親父ヴィンセントは、隣に引っ越してきたシングルマザーのマギーから、彼女の仕事中に12歳の息子オリバーの面倒を見るよう頼まれてしまう。嫌々ながらも引き受けたヴィンセントは、行きつけのバーや競馬場にオリバーを連れて行き、バーでの注文方法からいじめっ子の鼻のへし折り方まで、ろくでもないことばかりを彼に教え込んでいく。オリバーはそんなヴィンセントと反発しあいながらも、一緒に過ごすうちに彼の隠された優しさや心の傷に気づいていく。マーレイは本作でゴールデングローブ賞主演男優賞(コメディ/ミュージカル部門)にノミネート。オリバーの母親役に「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のメリッサ・マッカーシー。「21グラム」のナオミ・ワッツが妊婦のストリッパー役で出演。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:アメリカ
監督、脚本:セオドア・メルフィ
製作:セオドア・メルフィ、ピーター・チャーニン、ジェンノ・トッピング、フレッド・ルース
製作総指揮:ドン・チードル、ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、ディラン・セラーズ、G・マック・ブラウン
音楽:セオドア・シャピロ
主なキャスト:ビル・マーレイ、メリッサ・マッカーシー、ナオミ・ワッツ、クリス・オダウド、テレンス・ハワード、キンバリー・クイン、レニー・ベニート、ネイサン・コードリー、ドナ・ミッチェル、アン・ダウド、スコット・アツィット、レグ・E・キャシー、ディードル・オコンネル、ダリオ・バロッソ、レイ・ヤンニチェッリ、ジェイデン・リーベラー

vinnsennto3.jpg

vinnsennto2.jpg

【感想】
思いっ切りコテコテの感動要素を詰め込んだ、まあよく見かけるタイプの作品ではありましたが、でもベタさの見せ方が本当に素晴らしく、安心して笑えて泣けて楽しめました、何とも心温まる作品でしたね。
それにしても偏屈オヤジを演じたビル・マーレイが最高すぎ!
彼の為に作られた映画と言っても過言ではないほど、嵌りに嵌っていた印象です。
もう他の役者が演じることは想像できないぐらい、ヴィンセント=ビル・マーレイだったかと。
まさしく大人になりきれない大人、チョイ悪を通り越した不良オヤジでしたけど、何故か憎めない、そして毒気の中にもごく稀に含まれる優しさに心持っていかれました、内容はベタでもビル・マーレイが醸し出す世界観で十二分に楽しめる映画に仕上がっていましたね。

今の世の中、日本ではこう言った交流をすることはなかなか難しいのが現状でしょう。
しかし子供が大人へと成長する過程で、家族や親戚以外の大人と交流することは、今考えてみると物凄く大事なことだった気もするんですよね。
勉強よりも勉強になる、ある意味社会勉強、守られた環境で堅いことを学ぶだけが勉強じゃない、それは大人になってみると物凄く実感したりするもので・・・でも、何が起こるか分からない今の世の中、もはやこれはある種のファンタジーでしかないのも間違いない事実、でも映画としてはホント最高の題材でした。

家庭でも学校生活でも悩む、ちょっと大人びたオリバー少年のキャラも良かったですね。
大人になりきれない不良オヤジと真逆なタイプだけに、この2人の掛け合いが見ていて本当に楽しかった、そしてこんな状況に置かれた少年だったからこそ、皆が嫌う偏屈オヤジの本質を見抜けたのかなと、思わず納得のストーリー構成もお見事の一言でした。
クライマックスのあのシーンは、分かっていても感動でした、数々の伏線の活かし方も見事でしたね。
とても幸せな気分を味わえたラストの画に、心がホッコリしましたよ。
エンドロールの音が外れたヴィンセントの歌声も、妙に味わい深かったです。

逆にオリバー少年の母親を演じたメリッサ・マッカーシーは珍しくそこそこマトモな役、新旧ゴーストバスターズの共演も、ここはバランスを取ったか、ただ働くシングルマザーを応援する心優しい作風は、見ていてどこか心地が良かったです。
意外性があったのは妊婦のストリッパー役のナオミ・ワッツか、こんなナオミ・ワッツは見た事が無かったので、最初ナオミワッツだとは気付きませんでしたよ・・・でもヴィンセントとの関係性には、見ていてニンマリでした。
まあ全体的に見るとガツンと来るほどの感動ではなかったですが、でも程好く感動できて、いい感じに心が温まった作品ではありましたね。
評価4.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック