【映画】ローリング

ro-rinngu1.jpg

【解説・あらすじ】「パビリオン山椒魚」「乱暴と待機」の冨永昌敬監督が、盗撮事件で地元を追われた元教師が東京から女を連れて地元に帰ってきたことから巻き起こる人間模様を、全編水戸ロケを敢行し描いた作品。茨城県水戸のおしぼり業者で働く貫一は、盗撮事件を起こし行方をくらましていた元高校教師の権藤と再会する。かつての教え子たちにつかまり糾弾され面目を失う権藤。さらに、権藤が東京から連れて来ていたキャバクラ嬢のみはりに貫一が一目ぼれし、貫一は権藤から彼女を奪ってしまう。一方かつて権藤の盗撮した動画に録画されたある人物に目を付けた貫一の悪友たちによって、芸能事務所を巻き込んだ思わぬ騒動が巻き起こる。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督、脚本、プロデューサー:冨永昌敬
主なキャスト:三浦貴大、柳英里紗、川瀬陽太、松浦祐也、磯部泰宏、橋野純平、森レイ子、井端珠里、杉山ひこひこ、西桐玉樹、深谷由梨香、星野かよ、高川裕也

ro-rinngu2.jpg

ro-rinngu3.jpg

【感想】
何やら凄そうなあらすじに惹かれて鑑賞した映画でしたが、正直掴みどころがなく、まあつまらなくはなかったのですが特別嵌った訳でもなく、とにかく不思議な映画を見たって感じでしたかね。
しかし登場してくる人物が本当にクズばかりだったなぁ、女子生徒の着替えを盗撮して辞めさせられた元教師もクズなら、その先生に教わった教え子等もクズばかり、しょうもなさすぎてある意味ちょっと笑えましたよ。
一見まともそうに見える三浦貴大が演じた主人公も、やっぱりどこか変だったりと、もう全体的に大なり小なりクズ臭が漂いすぎて、見ているこっちもクズになりそうな(まあ既にクズと言えばクズではありますが)、まさしくクズの極み的映画だったなと思いました。
でもクセになりそうなクズっぷりで、その辺りで嵌る人は嵌るのかも。

クセになると言えばあのナレーション、あれは妙にクセになるナレーションでしたね。
川瀬陽太が演じたあの元先生も、このナレーションだけは文芸臭漂うナレーションだったので、ここだけは先生らしかったと言えるかも、ってまあ本編には関係ないので、結局クズであることに変わりはないのですが。
しかし「これが今の私」ってどう言うこと?と、冒頭から意味深すぎてこれは一体どんな展開になるのか不思議に思いながら見てましたが、なるほどそう来ましたかと言う感じで、ちょっと感心、最後あんな形になってもある意味先生って感じの落としどころはとても印象に残りました、これは映画通ウケしそうな映画でしたね、私は商業映画に毒されすぎて、そこまでは嵌らなかったですけど。

まあ見ていて気持ちのいい類の映画ではありませんでしたが、このロクでもなさ、しょうもなさが、逆に潔くて見終わって変な不快感は残らなかったですかね。
そもそも盗撮した先生の話ですから、これでいい、成長物語とか、そう言う映画に飽き飽きした方には最適の映画と言えましょうか。
個人的には、奇をてらい過ぎて変な演出や変すぎる登場人物がいた分、付いていけないと言うか若干冷めた部分もあって、出来はいいと思いつつも面白かったとまではいかなかったのですが、そこはもう完全に好みの問題ですね、マイナーながら一部の映画通に評価されたのは何となく納得の内容でした。

それはそうと柳英里紗が演じた先生の彼女役のビッチ感は最高でしたね、いい子なんだけど、そう言う道に行っちゃいそうな、危うさが思いっきり出ていて、素晴らしい演技だったと思いました。
顛末も含め、この映画らしいヒロインでしたね。
まあとにかく、クズで下品で滅茶苦茶な転落人生を描いた映画でしたけど、面白いとはまた別の不思議な魅力は感じられた映画でした。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448077664

この記事へのトラックバック