【映画】フローズン・グラウンド

furo-zunn1.jpg

【解説・あらすじ】12年間に24人以上の女性を拉致監禁、殺害したロバート・ハンセンの実話をもとに、犯人逮捕に執念を燃やす警察官と殺人鬼ハンセンの攻防を描いた犯罪ミステリー。1983年、米アラスカ州アンカレッジ。娼婦のシンディは、ボブ・ハンセンという男性客にモーテルの部屋で殺されそうになったところを逃げ出し、警察に駆け込む。しかし、ハンセンは模範的な善良市民で、地元警察は娼婦と客の単なるトラブルとして問題を解決しようとする。同じ頃、身元不明の少女が無残な遺体となって発見される事件が起こる。アラスカ州警察巡査部長ジャック・ハルコムは、最近連続して見つかっている変死体と同一犯ではないかと疑い、調査を始めるが……。警察官ハルコムにニコラス・ケイジ、殺人鬼ハンセンにジョン・キューザックが扮する。(映画.comより)

製作年:2013年
製作国:アメリカ
監督、脚本:スコット・ウォーカー
製作:マーク・オーデスキー、ジェーン・フレミング、ランドール・エメット、カーティス・ジャクソン、レミントン・チェイス、ジェフ・ライス
製作総指揮:ジョージ・ファーラ、ステパン・マーティローシアン、ケビン・フレイクス、バリー・ブルッカー、スタン・ワートリーブ、ブラント・アンダーセン、マーク・スチュワート、マーティン・リチャード・ブレンコウ、ブレット・グランスタッフ、オルガ・バレンティナ、コーリー・ラージ、エリサ・サリナス、テッド・フォックス、ダニエル・ワグナー、フレドリク・マルンベリ
音楽:ローン・バルフェ
主なキャスト:ニコラス・ケイジ、ジョン・キューザック、バネッサ・ハジェンズ、マイケル・マグレディ、ディーン・ノリス、オルガ・バレンティナ、ジーア・マンテーニャ、カート・フラー、マット・ジェラルド、ケビン・ダン、ライアン・オナン、ロバート・フォギット、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ、キャサリン・ラ・ナサ、ラダ・ミッチェル、カーティス・”50セント”・ジャクソン
furo-zunn2.jpg
furo-zunn3.jpg

【感想】
地味ながら緊張感溢れる展開に、グッと引き付けられたサスペンス映画でした。
まあ近年のニコラス・ケイジ&ジョン・キューザック出演映画は期待ハズレのB級映画が多かっただけに見る前のハードルが低かった分、予想以上に引き付けられた面があったのも確かではありましたが。
しかしこれが実話とは驚きました、十数年にわたって、24人以上を・・・警察は一体何してたんだか・・・ってところは劇中を見ればそう言う訳でなかなか捕まらなかったのかと、多少は納得なんですが、でもやっぱり警察(市警の方ですが)は何してたんだかって話ですよね(苦笑)

それにしてもエンドロールの写真が何とも生々しかったなぁ、被害に遭われた方は、さぞ無念な思いだったことでしょう・・・。
また舞台となった極寒の地アラスカの凍てつくような寒さが、見る側にも思わず伝わってくるようで、より事件の凄惨さに拍車をかけるんですよね。
ただ実話ベースなこともあって最初から犯人が分かっていた分、謎解き要素はほぼ無かったですから、サスペンス映画としての面白みが半減していたのは少し残念だったかなと。
それと犯人の動機とか人物背景も思いのほか語られていませんでしたし、かと言って追う側のドラマが濃かった訳でもなかったりと、実話を基にしたからこそ話が薄まってしまった感は否めなかったかな、ってそこは単に監督の力不足だっただけなのかもしれませんが。

まあしかし、さすが元々は演技派俳優だった2人が演じただけあって、役者の演技には魅了されたなぁ、やっぱり凄い役者なんだなと改めて実感、仕事選ぼうよ・・・でも、しょうもない映画に出ちゃうニコラス&キューザックも、それはそれで嫌いではないんですけど。
一見善人に見えて実は裏がある変態演技は、さすがジョン・キューザックでした、そして証拠が無い中、取調べで追い詰めるニコラス・ケイジ刑事の鬼気迫る演技にも魅了されました、さすがの2人でしたね。

ただ事件の鍵を握るバネッサ・ハジェンズが演じた被害者で唯一生き残った女性の行動が、どうにも見ていてイライラしてしまって、映画的には相当マイナスに働いていたような・・・。
彼女の存在が大きかったのは間違いない事実ですし、彼女の勇気も大いに称えたいですが、もう少しおとなしくしていてくれよ!
まあそれだけ酷い境遇の中で生きて来たんだろうなと言うのは分かるんですけどね・・・そんな中でも忍耐強く接するニコラス・ケイジ刑事がカッコ良かった、久々にニコラスをカッコ良いと思えましたよ。
リアル重視でやや盛り上がりに欠けた部分はあったものの、近年のニコラス&キューザック映画としては悪くない部類の内容だったかと。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

フローズン・グラウンド
Excerpt: 1983年アラスカ・アンカレッジ。 警察に保護された17歳の娼婦シンディが、客の男ロバート・ハンセンに殺されそうになったと訴えるが、警察は単なる娼婦と客のトラブルとして取り合わない。 アラスカ州警察の..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-03-15 14:11