【映画】キセキ あの日のソビト

kiseki1.jpg

【解説・あらすじ】メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描く青春ドラマ。厳格な医者の父親の下を飛び出したミュージシャンのジンは、父の思いを受けて歯科医師を目指していた弟ヒデの音楽の才能を知り、ヒデとヒデの音楽仲間たちに自分の夢を託すことを決める。歯科医師を目指しながら音楽もやりたいが、そのことを恐ろしい父親に言い出せないジンとヒデは、顔出しなしのCDデビューという作戦をとるが……。「GReeeeN」の楽曲をプロデュースするJIN(ジン)を松坂、弟でグループのリーダーを務めるHIDE(ヒデ)を菅田が演じる。「そして父になる」「海街diary」など是枝裕和監督作で助監督を務める兼重淳がメガホンをとった。タイトルにある「ソビト」は「GReeeeN」による造語で、「素人」または「空人」と記し、「自由に新しいことに挑戦していく人」を意味する。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:日本
監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし
製作:松井智、村松秀信、木下直哉、木原康博、町田晋、市村友一、寺島ヨシキ、牧和男
プロデューサー:小池賢太郎
音楽、主題歌:GReeeeN
主なキャスト:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹、麻生祐未、小林薫
kiseki3.jpg
kiseki2.jpg

【感想】
キセキの誕生秘話やGReeeeNの結成秘話と言う点で見るとやや物足りなさも残るストーリー構成でしたが、ヒデとジンの兄弟の、いや、この家族の物語と言う点で見れば非常に見応えのある内容の作品でしたね。
まあGReeeeNファンの方からすればそんなの知ってて当然の話なのかもしれませんが、大ヒットした数曲しかちゃんと聴いてない、嫌いではないけど特別ファンでもない者からしたら、なるほどこんな物語があって今のGReeeeNがあるのかと、ジンとヒデの厳格な父親に見ているこっちもドキドキしつつ、感動的な話もあったりで、十分楽しませてもらいました。
多少設定は変えているようですが、今の形のGReeeeNが誕生したことこそキセキとも思えるような彼らのストーリーには、もう感心させられっぱなしでしたよ。

しかしヒデとジンの父親がいくらなんでも怖すぎでしょ(笑)
食卓が冷え込んで見えましたよ・・・。
でもこの家庭があればこそ今のGReeeeNが存在すると考えると、人生って本当にどうなるか分らないものだなとじみじみ。
人の心をケアできる音楽を世の中に配信しながら、ちゃんと歯医者としても現実に活躍している人がいるなんて、改めて凄いなとホント感心しきりでした。
それにしてもラストのお父さん、いい味出していたなぁ、さすが小林薫です、それと対照的な天然ほんわかお母さんの麻生祐未も可愛らしくて良かったです!

兄弟の物語も見応えたっぷりでした。
これは今が旬の松坂桃李と菅田将暉が演じたからこその見応えだったとも言えましょうか。
それぞれの苦悩・葛藤が彼らの演技によってグッと伝わってきました(しかし2人とも歌が上手すぎ!)
それと同時に、自分のやりたい音楽を好きなようにメジャーでやり続けられる人間なんて、ほんの一握りなんだなと再認識、そこで顔を出さずにずっと活躍し続けているGReeeeNの凄さも改めて思い知らされましたよ。

ただヒデ以外の3人について、ほとんどどうでもいい扱いになっていた辺りはGReeeeNの物語としてはやや話が弱かったかな。
あくまで松坂桃李と菅田将暉ありきの映画になっていましたからね、兄弟のサクセスストーリー以外にも、もう少しグループ内の紆余曲折も知りたかったです。
あと忽那汐里が演じたヒデの彼女の存在感が、最初はなかなかの存在感だったのに、いつの間にか普通になっていたのが何か勿体無かったなと。
まあでもいろいろ詰め込みすぎないで、焦点を絞ったからこそスッと入ってきた部分もありましたから、これはこれで悪くはないと思いましたし、もっとGReeeeNの曲を聴いてみたいとも思わされた作品ではありましたね。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

キセキ -あの日のソビト-
Excerpt: 厳しい父の反対を押し切り家を飛び出した、ミュージシャンの兄ジン。 父の想いを受け歯医者を目指す弟ヒデも、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。 音楽に挫折していた頃、弟たちの才能を知ったジンは、彼..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-03-11 18:43