【映画】トリプルX 再起動

toripuru1.jpg

【解説・あらすじ】型破りなシークレットエージェントの活躍を描いたスパイアクション「トリプルX」の12年ぶりシリーズ第3作。第1作で主演を務めたビン・ディーゼルが復帰し、主人公ザンダーを演じる。危険分子たちの手に渡ってしまった「パンドラの箱」と呼ばれる制御不能な軍事兵器奪還のため、エクストリームスポーツ界のカリスマであるザンダー・ケイジが再び国家安全保障局(NSA)に召集された。ザンダーのもとに集まった厄介な仲間たちによって構成されたチーム「トリプルX」とともに、ザンダーは全世界の政府最高権力者たちをターゲットとした世界壊滅の陰謀に巻き込まれていく。ザンダー役のディーゼルをはじめ、前2作でも国家安全保障局の局長役を演じたサミュエル・L・ジャクソン、最強の敵となるジャン役に「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のドニー・イェン、ブラジル代表のサッカー選手ネイマールなどが出演。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:アメリカ
監督:D・J・カルーソ
製作:ビン・ディーゼル
脚本:F・スコット・フレイジャー
主なキャスト:ビン・ディーゼル、ドニー・イェン、ディーピカー・パードゥコーン、クリス・ウー、ルビー・ローズ、トニー・ジャー、ニーナ・ドブレフ、ロリー・マッキャン、トニ・コレット、サミュエル・L・ジャクソン、アイス・キューブ、ハーマイオニー・コーフィールド、トニー・ゴンザレス、マイケル・ビスピン、ニッキー・ジャム、アリアドナ・グティエレス、アル・サピエンザ、ショーン・ロバーツ、ネイマール
toripuru2.jpg
toripuru3.jpg

【感想】
やはりこのシリーズはビン・ディーゼルあってのシリーズですね。
さすがに見た目からして歳とった感は否めませんでしたが、でも彼はいるだけで様になります。
50を過ぎてもヤンチャ坊主、リアルにいたら痛々しい人でしかないですが、映画の世界はこれでいい、筋肉万歳、良い意味で中身スッカスカ、でも何も考えずにアクションに集中できて、単純に楽しかったです、こう言うのは真面目に考えたらダメ、楽しまなくちゃ損でしょ。
ホント相変わらずストーリーは酷いものでしたけどね、それも含めてある意味このシリーズらしい再起動劇だったかなと。

まあトリプルXの概念がいつの間にか変わっていたのはご愛嬌と言ったところでしょうか。
面白ければなんでもいいんで、これはこれで私的にはOKでしたけど。
ビン・ディーゼルももう若くないですから、「ワイルド・スピード」シリーズ風チームプレーで負担を軽くした方が、本人的にも、そして見る側も楽しめるってものでしょう。
正直最初は唐突な仲間達に???でしたけど、皆個性的でキャラも立っていて見せ場もあって(一人だけお荷物に近い大男もいましたけど)、予想以上に面白かったし、まだまだ見ていたいチームトリプルXでした。
007のQ的存在が今回は前2作と違ってオタク系女子に変更されていたことも個人的ツボでした、漫画的ドジッ娘アクションが最高でしたね。
と言うか、本作の美人率高すぎ!前2作と比べるとそこがダントツで飛躍ポイントだったかも。

中国資本の影響か、アジア色が強かったのも印象的でした。
しかも珍しくそれが功を奏したと言うか、このアジア色の強いメンバーのおかげで、よりアクションのクオリティも高くなって、CGじゃない部分のアクションもガッツリ堪能できましたもんね。
特にドニー・イェンのキレッキレのアクションには興奮したなぁ、雰囲気で魅せるビン・ディーゼルに対して、こちらは本物のアクションで勝負、これは見事な好敵手っぷりでしたね、敵のようで敵だけな存在ではない、その辺りの関係性も見ていて楽しかったです。
トニー・ジャーも凄かったけど、若干扱いが中途半端だったか、もっと彼のアクションも見たかったなぁ。
それとヒロインのボリウッド美女ディーピカー・パードゥコーンは、他にも美女が多かったせいか、程々のインパクトだった印象です。

しかしまさかの「あの人」の再登場にはニンマリ、こう言う使い方の方が彼は持ち味生かせますね。
こんな感じで仲間でワイワイ賑やかに「ワイルド・スピード」化していけば、長期シリーズ化もありそうな雰囲気(本国ではコケたと言う話も聞いたので、微妙かもですが)、むちゃくちゃなアクションに中身スッカスカなストーリーの映画は基本好きなので、今後の展開にも注目したいです。
さすがにビン・ディーゼルのエクストリーム・スポーツはもう限界に近いので、そこはまた大幅な改編が必要っぽいですが。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447573699

この記事へのトラックバック

トリプルX 再起動
Excerpt: NSA国家安全保障局から、地球を回っている3万基の人工衛星を自由に操ることができる特殊装置“パンドラの箱”が奪われた。 犯人は抜群の身体能力を誇る謎の武装集団。 NSAの特殊工作部門“トリプルX”に復..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-03-05 08:21

トリプルX :再起動
Excerpt: エクストリームスポーツの達人がたくさん登場して、映画館を出る時には自分も空を飛べる気分になってしまう。この映画を見た後、とらの介はビルからビルに飛び移れると思い込んでしまった。間違えて本当に実行しない..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2017-03-05 22:46

「トリプルX:再起動」
Excerpt: 12年ぶりの「トリプルX」シリーズなのだそうだ。この人が出るならどんな端役であってもとりあえず劇場に足を運ばずにはいられない俳優がいたとして、私にとってそれは正にヴィン・ディーゼルとドニー・イェンなの..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2017-03-10 13:25