【映画】天の茶助

tenn1.jpg

【解説・あらすじ】「ポストマン・ブルース」「アンラッキー・モンキー」のSABU監督が、自身の書き下ろし小説を映画化。地上に生きる人間たちの人生や運命のシナリオを書きつづる天界の脚本家たち。そんな彼らのお茶くみ係である茶助は、自分が不用意に発した言葉により天界のシナリオが書き換えられ、人間界で生きるユリが交通事故で死ぬ運命であることを知る。ユリを助けるため人間界に降りた茶助は、ユリの暮らす沖縄に向かうこととなる。主演の茶助役に「うさぎドロップ」以来2度目のSABU監督作品となる松山ケンイチ、ユリ役にNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の大野いと。大杉漣、伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナ、寺島進が脇を固め、「ORANGE RENGE」のボーカル・RYOも映画初出演を果たしている。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督、原作、脚本:SABU
主なキャスト:松山ケンイチ、大野いと、大杉漣、伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナ、寺島進、RYO、DJ KEIN、I-VAN、山田親太朗、今野浩喜、オラキオ、手塚とおる、高橋洋、菅田俊
tennno2.jpg
tenn3.jpg

【感想】
あらすじや予告編からは結構面白そうな雰囲気が漂っていたんですけどね、何かいろいろ詰め込みすぎたせいか、正直途中で何の映画を見ているのか分からなくなりましたよ・・・。
着地点がそうなるなら、もっと普通にラブファンタジーとして見たかったなぁ。
その話いる?的な部分が多すぎて、軸が何なのか分からなくなる感じは狙いなのか、何なのか・・・。
天界の茶番頭・茶助が地上の口がきけない女の子に恋をして、彼女の危機を救おうと運命に立ち向かう基本線は好きなストーリーだったので、まあそれなりには楽しめましたが、いろいろと脱線した部分がいまいち受け付けなかったところもあって、少しもどかしさを感じてしまった作品でしたね。

キャストはホント魅力的でした。
おかげで最後まで見れたところもあったかと・・・。
これは人間離れした雰囲気漂う松山ケンイチが主演だったからこそ成り立った映画ですよね。
脇を固めたのが伊勢谷友介に大杉漣に田口浩正、これもとても魅力的な配役でしたし(寺島進はベタ過ぎかな)、個人的にはヒロインに口がきけない大野いとだったのが最高だったなぁ、若干地味な存在なのと台詞回しに多少難がある彼女も、こう言う役なら最大限に魅力を発揮できますから、ここはSABU監督ナイスキャスティング!と絶賛したい部分でしたよ。
茶助の妹を演じた玉城ティナもなかなかの存在感、全体的に画的には完璧に嵌った配役でしたね。

しかし我々各人の人生は天界で全て脚本家が作り上げているのだとしたら、私の人生を書き上げている脚本家は相当な凡人としか思えなくなってしまうなぁ(苦笑)
そして生かすも殺すも脚本家次第って、何かゾっとしますね。
まあこんな設定の映画にしたおかげで、何でもありになってしまったのは良かったのか悪かったのか、突っ込みどころが多すぎて、突っ込む気にもなれないほど意味不明な展開に、見る側も振り回され続けた作品でしたね。

やたらお祭り?のシーンが多かったのも、正直鬱陶しく感じました。
怖いぐらいの祭り押し、舞台となった沖縄の観光PR的な作風にしなかったのは良かったものの、ちょっとくどかったかな、異質感漂う雰囲気を出したつもりなのでしょうが。
まあSABU監督お得意の疾走感を出すには最適なロケ地だったかもですけど。
いろいろな映画のパロディは結構ツボだったし、キャストと基本的なストーリーは好きでしたが、監督のやりたい放題にはいまいち付いていけずでした・・・。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447519939

この記事へのトラックバック

天の茶助
Excerpt: 天界の大広間では、数え切れぬほど多くの脚本家たちが白装束で巻紙に向かい、下界で暮らす人間たちの人生の「シナリオ」を書いている。 茶番等の青年・茶助は、茶を配りながらシナリオを垣間見ていた。 ある時、茶..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-03-06 16:22