【映画】サバイバルファミリー

sabaibaru1.jpg

【解説・あらすじ】「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東京で暮らすごく平凡な一家、鈴木家。当たり前のように電化製品に囲まれた生活を送っていたある日、電気を必要とするあらゆるものがなぜか使えなくなり、東京は大混乱に陥ってしまう。交通機関や電話、ガス、水道まで完全にストップした生活に人々が困り果てる中、鈴木家の亭主関白な父・義之は、家族を連れて東京を脱出することを決意するが……。ベテラン俳優の小日向文世が父親役で主演を務め、母親役を深津絵里、息子役を「秘密 THE TOP SECRET」の泉澤祐希、娘役を「くちびるに歌を」の葵わかながそれぞれ演じる。(映画.comより)

製作年:2017年
製作国:日本
監督、原案、脚本:矢口史靖
脚本協力:矢口純子
主なキャスト:小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな、菅原大吉、徳井優、桂雀々、森下能幸、田中要次、有福正志、左時枝、ミッキー・カーチス、時任三郎、藤原紀香、大野拓朗、志尊淳、渡辺えり、宅麻伸、柄本明、大地康雄
sabaibaru2.jpg
sabaibaru3.jpg

【感想】
矢口史靖監督の題材選びは毎度毎度素晴らしいなと思わされ続けてきましたが、今回もまたさすがと言える目の付け所でしたね。
まあ邦画に限らなければ目新しい題材ではないですが、それを矢口監督らしい視点で描くとまた全然違った味わいがあるもので。
題材が題材だけに、どちらかと言えば過去作よりも笑いよりは考えさせられる要素の方が大きかったですが、でも随所に散りばめられた笑いにはクスクスと笑わせてもらいましたし、何かと考えさせられたり、思わぬ感動もあったりで、今回もまたいい映画を見た余韻に浸れる一本ではあったかと思いました、いつも通り老若男女誰が見ても安心して楽しめる作りだったのも矢口作品らしくて良かったですね。

しかしある日突然電気が使えなくなるどころか、ガスも水道も全てのライフライン、更には何故か電池まで使えない世の中になってしまったら、一体どうなってしまうのでしょうか・・・って、まあどこかで震災を経験したことがある方なら、ここまで長期間ではないにしろ、電気ガス水道、更には物流が滞る事態は経験済みかと思いますし(私も)、逆に全く想像がつかない世の中ではなかった分、感情移入はし易かったですかね。
まあこれが洋画だったら血みどろの争いになるのでしょうが、この映画はある意味いかにも日本的な描き方だったと言えるかもしれませんね。
ただ主人公一家に纏わる部分だけリアルで、それ以外は相当突っ込みどころ満載だったでしょうか、でも全部リアルに描いたら予算も足りないし主題も違う所に行ってしまいそうですから、私的にはまあ絶妙な線だったと思いました。

それにしても、小日向親父・・・偉そうにばかりしていて何もできない様子が似合いすぎる(笑)
でも、自分も将来こんな風になりそうで怖いな、ネットに頼りすぎな子供達要素もあるし、深津絵里お母さんの魚が捌けない&虫に怯える要素もあるし、我が身を見ているようで、より物語に入っていけましたよ、これもまた今の日本人を象徴するような絶妙な線と言えましょうか、時任三郎一家のような家族はほんの一握りでしょうから・・・しかしあの家族に藤原紀香を配すところが素晴らしすぎます!(イラッとした~)

一家がサバイバルしていく様子は、少々甘いかなと思わなくもなかったですが、人の優しさってこう言う時に本当に身に染みるんですよね、大地康雄家での一コマはホント心に残る一コマでした。
オープニングとラストの家族の様子の対比具合も印象的でしたね、表情とか特に、現代の便利な社会を単に否定するだけの作品じゃなかったのも好感が持てました。
いつ何が起こるか分からない世の中、感謝の気持ちを持ちつつ、これからは自然や過去とうまく共存していくことが必要なのかもしれませんね。
まあ傑作とまでは言わずも、いい映画ではあったと思いました。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

サバイバルファミリー
Excerpt: ある朝、緊急事態が発生する。 テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池に至るまで、電気を必要とするすべてのものが完全にストップしてしまったのだ! 情報..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-02-26 13:16