【映画】ぼくたちと駐在さんの700日戦争

bokuto1.jpg

【解説・あらすじ】人気ブログ小説を原作に、7人の男子高校生と駐在さんが繰り広げる奇想天外なイタズラ合戦を描いた青春コメディ。70年代のとある田舎町。イタズラに明け暮れていた“ママチャリ”ら7人は、町の駐在さんから大目玉をくらってしまう。仕返しに新たなイタズラを仕掛ける彼らだったが、なんと駐在さんもイタズラで反撃してきて……。主人公ママチャリを市原隼人、駐在さんを佐々木蔵之介、駐在さんの妻を麻生久美子が演じる。(映画.comより)

製作年:2008年
製作国:日本
監督:塚本連平
脚本:福田雄一
原作:ママチャリ
主なキャスト:市原隼人、佐々木蔵之介、麻生久美子、石田卓也、加治将樹、賀来賢人、脇知弘、冨浦智嗣、小柳友、豊田エリー、倉科カナ、成嶋こと里、ガッツ石松、安藤玉恵、水沢奈子、掟ポルシェ、石野真子、竹中直人、森崎博之、坂井真紀、宇田学、森康子、宮田早苗、鈴之助、裴ジョンミョン、根岸季衣、志賀廣太郎、片桐はいり、酒井敏也、宮地雅子
bokutati2.jpg
bokutati3.jpg

【感想】
70年代後半は私が過ごした青春時代ではないですが、でも昭和の時代をそれなりに経験している者としては、懐かしさ溢れる作風に・・・何とも言えないほのぼの感に、物凄く癒された作品でした。
田舎町ののどかな風景も、幼少期に過ごした光景に若干似ていたので、余計にツボに嵌りました。
70年代のリアルさと言う点では若干微妙な気もしましたが、まあ私もよく分かってはいないので、何となくでも70年代気分を味わいながら、まさしく古き良き時代だな~と、そして不便でもアナログ時代に戻りたいな~と、ノスタルジックな気持ちにさせられながら大いに楽しませてもらいました。

しかし高校生グループVS駐在さんのイタズラ合戦は、何か微笑ましくて良かったですね。
ネットを使った今の時代の陰湿なイタズラとは違って、これなら何となく許せそうで。
これは駐在さんがしっかり反応してくれて、やり返してくれるからこそ成り立つ関係でしたよね。
また演じた佐々木蔵之介が絶妙な雰囲気を醸し出すから、ついつい高校生達を応援したくなるんです。
いたずらっ子ではなかった私でも、何とかあの駐在さんをギャフンと言わせたいなと思いましたもんね。
少々子供じみたイタズラの攻防は、ホントただただバカバカしい限りでしたが、でもいつまでも見ていたくなるような、ある種平和の象徴のようなイタズラ合戦で、若干スベリ気味なところもありはしましたけど見ていてとても楽しかったです。

終盤の感動路線は賛否両論かと思いますが、でも何だかんだでのせられて感動しちゃいましたよ。
やっぱり熱い市原隼人、そして石田卓也、正直青臭い感動、友情なんですけど、この作風に彼らがめちゃくちゃマッチしていて、たまらなく良い雰囲気を醸し出しているんですよね。
そこに駐在さんが立ち塞がりつつも、更なる感動を呼んだりで、まあ相当ベタな展開なんですけど、思いっ切り感動してしまいました。
他の仲間達も皆良い味出してましたね、特にイケメンな役の賀来賢人が今よりももっとイケメンで爽やかで予想以上に印象に残りました。

女性陣も皆良かったなぁ、マドンナ的存在に麻生久美子を配しただけで、もう男としては勝負ありみたいなところもありますもんね。
その彼女がまさかの・・・それは高校生達も燃えますね、イタズラに。
出番は少なかったけど、倉科カナも目の保養として最高でした、あんなに胸大きかったんですね、すっかり忘れてました、石野真子の天然お母さんぶりにも癒されたなぁ。
まあ冷静に見ちゃうといろいろと粗も目立つ作品でしたけど、そう言うのを超越した心地良さのある楽しさ溢れる映画でした。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ぼくたちと駐在さんの700日戦争
Excerpt: 1979年、とある田舎町。 “ママチャリ”率いる7人の高校生はみなぎるエネルギーをイタズラに燃やす熱血集団。 オトナを食ったような彼らの前に突然国家権力=警察官が立ちはだかる。 彼らと正面から向き合う..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-02-26 14:55