【映画】美女と野獣(2014年製作版)

bizyo1.jpg

【解説・あらすじ】ディズニーアニメ版でも広く知られるファンタジードラマの名作「美女と野獣」を、1740年に初めて書かれたビルヌーヴ夫人版の物語をもとにフランスで実写映画化。監督は「サイレントヒル」「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズ。野獣役に「ブラック・スワン」のバンサン・カッセル、ヒロインのベル役は「アデル、ブルーは熱い色」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したレア・セドゥー。バラを盗んだ父の罪を背負い、野獣の城に閉じ込められた美しい娘ベル。しかし、城の主の野獣は毎夜ディナーを共にすること以外、何も強要してこない。やがてベルは野獣の恐ろしい姿の下にある、もうひとつの姿に気付きはじめ、野獣が犯した罪や城で過去に起こった出来事の真実が解き明かされていく。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:フランス、ドイツ
監督:クリストフ・ガンズ
脚本:クリストフ・ガンズ、サンドラ・ボ=アン
主なキャスト:バンサン・カッセル、レア・セドゥー、アンドレ・デュソリエ、イボンヌ・カッターフェルト、エドゥアルド・ノリエガ、ミリアム・シャルラン、オドレイ・ラミー、サラ・ジロドー、ジョナサン・ドマルジェ、ニコラ・ゴブ、ルーカ・メリアーバ
bizyo2.jpg
bizyo3.jpg

【感想】
よくよく考るとディズニーアニメ版「美女と野獣」をちゃんと見たことは無かったと思うので、これがディズニー版と比べてどう違うのかはよく分かりませんが、最新技術を駆使した映像の美しさ、衣装の華やかさで見事な世界観を構築していた印象は強く受けた作品でした。
原作はフランス?とのことらしいですから、本家フランスとしては半端な映画は作れませんもんね、画的には相当引きつけられる映画だったなと、その部分では感心しきりでしたよ。
一方、画的な美しさとは裏腹に、欲に満ちた人間描写は妙に生々しかったなぁ、終盤のアクションシーンもここまでやるって感じでちょっとビックリ、もう少し恋愛ファンタジー色の強い題材だと思ったので、意外だったなと・・・。

しかしベルの家族があまりにもクズ過ぎた(苦笑)
見ていてゲンナリするぐらい、そんな中でも家族愛を貫くベルが健気で泣けてくる。
でも性格が相当勝ち気なところは、何かイメージと違いましたけど。
まあ勝ち気な美女と野獣って言うのも、それはそれで面白かったですけどね。
ベルを演じたレア・セドゥーは、角度によっては微妙に見える時もあるので、美女と言うには賛否両論ありそうですが、華やかな衣装も相まって、私的には勝ち気な美女がとても似合っていたなと思いました。

対する野獣の方は被り物感が強く、野獣と言うよりはライオンをモチーフにしたゆるくないゆるキャラのようにも見えて、少々微妙だったかも・・・。
ただ話的には、とても切なく哀しい野獣の過去に思いっ切り感情移入された感もあって、十分見応えのあるストーリーにはなっていたと思いましたけどね。
王子役がバンサン・カッセルと言うのは、年齢的に微妙な気はしましたが、存在感や演技に関してはさすがの一言でした。

まあしかしベルの境遇や野獣の過去に重きを置いただけあって、話的にはグッと引き付けられたのですが、二人が惹かれあう描写があまりにも足りなすぎて、恋愛映画としてはどうなんでしょうねぇ・・・何か最後は唐突感がありすぎたような・・・もう少しじっくり惹かれ合う描写を描いて欲しかったかなぁ。
その分、心には残り難いと言うか何と言うか・・・。
普通に面白かったし、映像面も文句なしでファンタジー映画としては見応え十分でしたけど、恋愛ファンタジーとしてはもう一声欲しかった印象ですかねぇ。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

美女と野獣
Excerpt: 破産して失意の商人が、森の奥の城で末娘ベルのためにと一輪の薔薇を手折った瞬間、恐ろしい野獣が姿を現し、薔薇の代償に商人の命を要求する。 家族との別れのため1日だけ猶予を与えられた商人は、一部始終を家族..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-02-20 21:32