【映画】ファンキーランド

fannki-1.jpg

【解説・あらすじ】薬物依存症の母を更生施設に入れるべく奔走する青年の奮闘を、「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ主演で描いたコメディドラマ。ピアニストを目指す青年イーライは、薬物依存症の母ペニーや心を閉ざした妹ニコールと暮らしている。音楽学校のオーディション当日、イーライは母を更生施設へ連れて行くが、尿検査の結果が陰性だったため入所を拒否されてしまう。困り果てたイーライは、母に薬物を使用させて陽性反応を出すことに。そのための薬物を調達しにドラックディーラーの元へ向かうが、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう。共演に「ザ・ファイター」のメリッサ・レオと「コップ・アウト 刑事した奴ら」のトレイシー・モーガン。監督・脚本はこれが長編デビュー作となるフィリップ・ドーリングと、「フィラデルフィア」の脚本家ロン・ナイスワーナー。(映画.comより)

製作年:2012年
製作国:アメリカ
監督:フィリップ・ドーリング、ロン・ナイスワーナー
脚本:フィリップ・ドーリング、ロン・ナイスワーナー
製作:ロン・ナイスワーナー
主なキャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、メリッサ・レオ、トレイシー・モーガン、サラ・ラモス、ステファニー・マーチ、イザイア・ウィットロック・Jr.、エマ・レイン・ライル、ポール・カルデロン、ニール・ハフ、ジェイス・バルトーク、ターニャ・ライト
fannki-2.jpg
fannki-3.jpg

【感想】
あらすじをちょっと読んだ限りではもっと笑えるドタバタコメディだと思ったんですけど、思いのほか笑えるシーンは少なく、コメディ映画としては少々物足りない内容に仕上がってしまった印象ですかね。
むしろジャンルとしてはヒューマンドラマに近かったかな?でもそこまでグッと来る話でもなかったし、何かこうどっちつかずで中途半端、つまらなくはないけど面白いとも言い難いパターンの典型的な作品だった気がしました。
DVDスルーだし、ジャケ写や邦題からそこまで期待はしてなかったんで、まあそれほど落胆はしませんでしたけど、どうせならもっとファンキーな映画を見たかったなぁ、このジャケ写やあらすじでそれほど盛り上がらず変にいい話としてまとめられても、ちょっと・・・。

まあヤク中の母にメリッサ・レオ、それに振り回される息子にジェシー・アイゼンバーグ、このキャスティング自体は最高でした、この2人だったからこそ、このジャケ写でも見たくなるって感じで、何だかんだで面白い映画になっているんじゃないかと、ついつい期待したくなる2人ではありましたよね。
これでそこまで面白くならなかったのがホント不思議、音楽学校のオーディションに行きたいイーライ、その為にはヤク中の母ペニーを厚生施設に入れなければいけない、これは絶対とんでもないドタバタ劇が繰り広げられるなと、もう序盤の時点で面白くなりそうな雰囲気満載だったのに、大して面白いドタバタ劇にならなかったのは本当に勿体無いとしか言いようがなかったです・・・。

靴下人形が手放せない妹ちゃんも、思いのほか効果的ではなかったような。
もう少しかき回すのかと思いましたが。
かき回すと言えば、ゆる~いドラッグの売人2人も、もう一つかき回す存在にはなれずで中途半端、島崎俊郎と出川哲朗を混ぜ合わせたような顔のトレイシー・モーガンは、もう顔だけでも面白いのに、それでいて特に笑いを取れずでは・・・。
ただ個人的に、イザイア・ウィットロック・Jr.が演じたブラックの方は、特に何もしてないけど何故かパン食べている姿が妙にツボに嵌って、そこだけはちょっと面白いと思いましたけどね。

しかし母親の件も、イーライ自身の音楽学校や恋の話も、終盤急速にまとまってしまった印象で、何となく消化不良・・・もっと強烈なドタバタ劇の後だったら、ヒューマンドラマ部分にも感動できたのでしょうけど。
まあいつものジェシー・アイゼンバーグらしい演技は堪能できましたし、メリッサ・レオのジャンキーぶりもさすがの演技で、メインの2人の演技はホント十分堪能できましたけどね、ただ全体的に印象薄な映画だった感は否めないかと、そこまでつまらないって訳でもないんですけど・・・。
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック