【映画】デンジャー・コール

dennzya-1.jpg

【解説・あらすじ】「デス・レース2」のルーク・ゴスとテレビドラマ「The O.C.」のミーシャ・バートンが共演したクライムアクション。911緊急コールセンターのオペレーターとして働く女性パメラは、ある場所で10分後に交通事故が起きるとの通報を受ける。不審に思いながらも元夫の警官ジェレミーを現場に向かわせると、通報通りに大事故が発生。その通報者はパメラとジェレミーの娘を誘拐したとパメラに話し、誰にも気づかれずにジェレミーを次々と指定の場所へ向かわせるよう指示を出していく。共演に「ストリート・オブ・ファイヤー」のマイケル・パレ、「ミッション:インポッシブル」シリーズのビング・レイムス。「アンノウン・コール」のアマリヤ&オービン・オルソン兄弟が監督。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:アメリカ
監督、撮影:アマリヤ・オルソン、オービン・オルソン
原案:ドウェイン・ウォーレル、アマリヤ・オルソン、オービン・オルソン
脚本:トニー・フィオーレ
製作:ティモシー・ウッドワード・Jr.
製作総指揮:アマリヤ・オルソン、オービン・オルソン、ラリー・オルソン
音楽:ジョージ・カリス
主なキャスト:ルーク・ゴス、ミーシャ・バートン、ビング・レイムス、マイケル・パレ
dennzya-2.jpg
dennzya-3.jpg

【感想】
ルーク・ゴスにミーシャ・バートンにマイケル・パレ、もうこの3人が主要キャストの時点でどんな映画なのか想像するに難くないですね。
当然ながら日本ではDVDスルー、大半の方には見向きもされない映画でしょう、でもB級映画ファン&突っ込みどころを楽しみたい会(←そんな会あるのか?)の方なら、何となく気になってしまうキャスティングの映画ではないでしょうか。
まあ私はミーシャ・バートンが出ていればそれだけで見てしまう体質なので(私生活ではいろいろあった人でも単純に顔が好み)、内容ド返しでとりあえずはミーシャ・バートンを堪能しました、相変わらず演技はアレですが、またふっくらしてきた分、好みの顔になったなぁと、ニヤニヤしながら満喫させてもらいましたよ。

内容もまあ普通に劇場で公開されているアクション映画と比べればそれは話にならないですが、DVDスルーですから、こんなものでしょ・・・もっと酷いと思っていたので、低いレベルで予想以上、それなりに派手なシーンもあったし、そこそこスピード感もあったので、まあ最後まで飽きずに楽しめたアクション映画ではあったかなと。
残念ながら話的には相当チープ、そして主人公側に相当都合良く展開するので、突っ込みどころは満載でしたけど、逆にそれはそれで楽しみにしていたので、そんなチープさ加減も私的お楽しみ要素でした。

しかし舞台となった911緊急コールセンターは、あれで普段大丈夫なんだろうか、ハッキングされている様子がチープ過ぎて、それだけでB級感が半端じゃなかったです。
警察内部に内通者がいるのも、バレバレの演出、しかも登場人物も少ない上でのあの演出、ある意味凄いとしか・・・。
それに気付かないルーク・ゴス警官、物凄いキレ者の警官扱いでしたけど、不審なあの男の行動にまったく気付かない様子を見ている限り、使えないハゲでしかなかったような(苦笑)

最後のカーアクションも、人質の娘がいて、それしちゃう的な突っ込みどころに苦笑い、あれだけルーク・ゴスもミーシャ・バートンも娘の心配してたのに、やること矛盾してる!
と言うか、こんな大事件起きたらこんな少人数で対処しないだろ・・・みたいな、突っ込みどころを上げたらキリがない辺りを何だかんだで楽しみました(笑)
ただ、一番メジャーどころのビング・レイムスが、まさかあんなところにいたとは驚いた、でも緊張感が足りない演出が何とも・・・まあ、らしいと言えばらしいですが。
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック