【映画】新宿スワン

sinnzyuku1.jpg

【解説・あらすじ】「ヤングマガジン」連載の和久井健による人気コミック「新宿スワン 歌舞伎町サバイバルバトル」を、「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」の鬼才・園子温監督が実写映画化。「そこのみにて光輝く」の綾野剛を主演に、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介ら豪華キャストが共演し、新宿歌舞伎町で繰り広げられるスカウトマンたちの苛烈な争いを描いた。一文無しであてもなく歌舞伎町を彷徨っていた白鳥龍彦は、スカウト会社「バースト」幹部で謎に満ちた一流スカウトマンの真虎に助けられ、スカウトマンとしての道を歩み始める。裏社会に足を踏み入れた龍彦は、危険な思惑が交錯する世界を縦横無尽に駆け抜けていく。プロデューサーに「クローズ」シリーズを手がけた山本又一朗、脚本に人気放送作家の鈴木おさむ。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:園子温
原作:和久井健
脚本:鈴木おさむ、水島力也
プロデューサー:山本又一朗
企画:古川公平、瀧藤雅朝
音楽:大坪直樹
主題歌:MAN WITH A MISSION
挿入歌:UVERworld
主なキャスト:綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介、金子ノブアキ、深水元基、村上淳、久保田悠来、真野恵里菜、丸高愛美、安田顕、山田優、豊原功補、吉田鋼太郎、今野杏南、冨手麻妙、森田彩華、KAITO、泉大智、一ノ瀬ワタル、長田成哉、梶原ひかり
sinnzyuku2.jpg
sinnzyuku3.jpg

【感想】
園子温監督作品と言われなければ分からないぐらい、「普通に」面白い映画でしたね。
何やらあえて普通に見れる映画を作ったとのことらしいですが、でも園監督ファンは別に普通は求めていないと思うので、おそらくガッカリされた人の方が多かったのではないでしょうか。
私は特別園監督ファンって訳ではないので、まあ何だかんだで普通には楽しめましたけど、でもやっぱりどこか人がやらないレベルの内容を期待しちゃう部分もありましたから、微妙に物足りない感は否めなかったかなと。
何となく三池崇史監督化しそうな雰囲気も漂ってきましたねぇ(今の三池監督もそれはそれで結構嫌いじゃないのですが)

しかし正直そこまで興味のなかったVシネマ風の裏社会の話を、普通に面白く見れたのは間違いない事実。
やっぱり豪華キャストが揃って有能な監督さんが撮れば、それほど興味のない話も意外と興味深く見れるものなんだなとしみじみ・・・。
まあ脚本は正直微妙だなと思いましたけど、キャストが醸し出す熱さと勢いに乗せられてある程度楽しめたのかなと。
結局終わってみるとヤンキー映画の大人版だった気はしないでもないのですが・・・。

とりあえず役者の大半は皆嵌り役だった印象ですね。
綾野剛のバカで熱くてまっすぐな主人公・龍彦は最高でしたし、その真逆を行く秀吉の病んだキャラも山田孝之ならではの雰囲気で、2人の対決には思わず釘付けになりました。
龍彦の先輩・真虎を演じた伊勢谷友介も画的に映えましたね、龍彦への優しさとは裏腹に何かを秘めている雰囲気を醸し出す辺りは、さすがの一言。
他も深水元基の関とかいいキャラしてました、いつも通り?な安田顕の扱いも何気にツボでした。

嵌りに嵌った男優陣とは違い、女優陣の扱いはやや微妙だったか、真野恵里菜や沢尻エリカは目の保養にはなりましたが、思いのほか雑に扱われていた印象で・・・もう少し心に訴えかけてくる何かが欲しかったかな。
とは言え、沢尻エリカはやっぱり見る者を引き付ける何かを持ってますね。
それとクラブのママ山田優が予想以上の雰囲気を醸し出していて、ちょっとビックリでした。
まあ結局は歌舞伎町の権力闘争を描いたチンピラ映画でしたので、特別感情移入することはなく普通に楽しんだ映画でしたけど、どこか中途半端でモヤモヤ感の残る内容でもありましたので、その辺りは続編に期待と言ったところでしょうか。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

新宿スワン
Excerpt: 帰りの電車賃もないまま新宿へやって来た青年・白鳥龍彦は、チンピラに絡まれていたところを助けてくれた男・真虎からスカウトをやらないかと誘われる。 それはクラブで働くホステスを探す仕事だった。 真虎が所属..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-12-10 17:50