【映画】ボクの妻と結婚してください。

bokutuma1.jpg

【解説・あらすじ】織田裕二の4年ぶりとなる映画主演作で、2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治は、体に異変を感じて検査を受けるが、その結果は余命わずか6カ月の末期のすい臓がんという信じがたいものだった。放送作家として、世の中のさまざまなこと「楽しい」に変えて来た修治は、自分がいなくなったあとも、妻が前を向いて生きていけるようにと、ある企画を思いつく。それは、自分が死んだ後の妻の新たな結婚相手を探すことだった。織田が修治役を、吉田羊が妻・彩子役を演じる。監督は、数多くのドラマを手がけ、「阪急電車 片道15分の奇跡」で映画初メガホンを取った三宅喜重。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
監督:三宅喜重
原作:樋口卓治
脚本:金子ありさ
製作:横澤良雄、市川南
チーフプロデューサー:重松圭一、上田太地、春名慶
プロデューサー:阿部謙三、青木裕子、前田光治
音楽:菅野祐悟
主題歌:中島美嘉
主なキャスト:織田裕二、吉田羊、原田泰造、高島礼子、込江海翔、森カンナ、眞島秀和、佐藤ありさ、前川泰之、大塚千弘、小堺一機、大杉漣
bokutuma2.jpg
bokutuma3.jpg

【感想】
タイトルもそうですし予告編見てもそう、最初から負け戦と分かっているような映画で、しかもキャストが絶対死ななさそうな織田裕二に間違いなく1人で力強く生きていけそうな吉田羊ですからね、一体どう見る者を納得させるのか・・・予告編の時点ではパスしようと思っていたけど織田裕二&吉田羊に惹かれて結局鑑賞してみたら、基本的には予告編の印象とそうは変わらず、ただ強引でも無理やり泣かせようとする荒業に何だかんだで嵌った感もあって、主人公には共感出来なかったけど泣けると言う、ちょっと自分でも納得できない感情に陥ってしまった映画でした。
まあ自分の涙なんて安いものですから、どちらかと言えば少数派だとは思いますが。
どう考えても主人公に共感できない人が圧倒的多数でしょうしね、って私も基本共感はしてないんですけど・・・。

しかし織田裕二が演じた夫は本当に身勝手な夫だ、こんな男に到底共感は出来ません。
でも1人惨めに死のうとも、妻と子供の幸せを願う気持ちだけは痛いほど伝わってきました。
その手段がいくらなんでも酷いし、こんな自分本位の案ではこの映画のようにはならないこと確実でしょう、ただ自分が死んで妻と子が残されるとしたらどうするか、そこはいろいろと考えさせられた方も多かったのではないでしょうか。
そして将来もし妻が勝手に再婚するとしても、その相手を自分の目で確かめて安心して任せられるか知っておきたいと言う願望は、分からないでもないような気はしました、それを実行する主人公はどうかと思いますが(苦笑)

まあこんな強引な映画でもやっぱり感動できちゃった最大の要因は、何と言っても妻の愛の深さ、これに限る!
また演じた吉田羊の演技が本当に素晴らしすぎて、思わず涙腺が緩みました。
最近はどの作品にも出ているような印象ですが、飽きないな~この方の演技は。
身勝手だけどどこか憎めないお茶目さがある夫を演じた織田裕二とのコンビも、本当に絶妙でした。
でも、やっぱり織田裕二は死にそうに見えないし、吉田羊も女手一つで十分子供を育てられそうなイメージは拭えなかったですけどね(笑)

それと込江海翔君が演じた子供が可愛かった、映画的過ぎてリアル感は皆無でしたが。
原田泰造もいくらなんでも良い人過ぎ、でもあれなら安心だね。
しかしエンドロールの画と中島美嘉の曲が心に響きましたぁ、感動の押し売り感は半端ないけど、それでもグッと来た!
まあいろいろとドン引きもしましたが、これはこれで意外と見れる映画でした、リアルを求めたらアレですが。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ボクの妻と結婚してください。
Excerpt: 多忙なバラエティ番組の放送作家・三村修治は、末期のすい臓がんで余命6ヵ月だと告げられる。 自分がいなくなっても、妻・彩子と小学生の息子・陽一郎が笑顔で過ごせる方法はないかと考えた修治は、ある企画を思い..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-11-27 09:58