【映画】誘拐の掟

yuukai1.jpg

【解説・あらすじ】「96時間」「シンドラーのリスト」のリーアム・ニーソン主演で、米作家ローレンス・ブロックによるミステリー小説「獣たちの墓」を映画化。原作は、元ニューヨーク市警の酔いどれ探偵マット・スカダーを主人公にした人気シリーズの第10作。1999年、ニューヨークでは連続誘拐殺人事件が人々を震え上がらせていた。犯人は身代金を奪うと人質を変わり果てた姿で返すという残忍かつ狡猾な猟奇殺人鬼で、引退した刑事マット・スカダーは事件被害者から犯人探しを依頼される。そんな折、新たにひとりの少女が誘拐される事態が発生。スカダーは交渉不可能と思われる相手と対峙する。監督・脚本は「マイノリティ・リポート」「アウト・オブ・サイト」の脚本家として知られるスコット・フランク。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:アメリカ
監督、脚本:スコット・フランク
原作:ローレンス・ブロック
製作:ダニー・デビート、マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シェア、トビン・アームブラスト、ブライアン・オリバー
製作総指揮:ナイジェル・シンクレア、ガイ・イースト、ケリー・オレント、ローレン・セリグ、リチャード・トゥーサント、アディ・シャンカール、スペンサー・シルナ、トレイシー・クローン、ケイト・ベーコン、ジョン・ハイド
音楽:カルロス・ラファエル・リベラ
主なキャスト:リーアム・ニーソン、ダン・スティーブンス、デビッド・ハーバー、ボイド・ホルブルック、ブライアン・”アストロ”・ブラッドリー、ダニエル・ローズ・ラッセル、アダム・デビッド・トンプソン、マーク・コンスエロス、ラザーヌ・ジャマル、オラフル・ダッリ・オラフソン、セバスチャン・ロッシェ、マリエレ・へラー、ラウラ・ビルン、エリック・ネルセン、ホイットニー・エイブル
yuukai2.jpg
yuukai3.jpg

【感想】
誘拐物で更にはアル中で元警官な役と言えば、いかにもリーアム・ニーソンの映画って感じで、もしやこれは誘拐の掟と言うよりはリーアム映画の掟を描いた作品なのではないかとすら思った定番中の定番な設定ではありましたが、見てみると意外にも今まで見たリーアム映画とはまた全然違う路線の映画で、これはこれで地味ながらリーアム的新鮮味もあって思いのほか楽しめました。
まあ新鮮味があったとは言ってもどこか古めかしいハードボイルドな探偵物でしたので、内容そのものは特に新鮮味はなかったんですけどね、でもこの昔懐かしい作風にリーアムが予想以上に映えたので、おかげでドップリとハードボイルドな世界に浸って楽しむことが出来ましたよ。

正直何だかんだで結局はリーアム映画になると思っていたのですが、そうはならず、最後までやさぐれハードボイルド物に徹した点を私は評価したいですね。
序盤と最後以外はこれと言ったアクションシーンは無かったですし、いつものリーアムのような超人的強さも見せなかったので、そこに期待するとちょっと肩透かしかなとは思いますが、自分の足で聞き込みをして執拗に犯人に迫っていく様は古き良き時代の探偵のようでとても味があってシビれました!
時代設定も良かったですね、最初は何故1999年?と不思議に思ったものでしたが、まだ主人公のようなアナログ人間が活躍できるまさしくギリギリの線、これはホント絶妙な時代設定だったと思いました。

やや犯人の正体が分かるのが早すぎかなとは思いましたが、少しづつ犯人の残虐性が分かっていくこの見せ方もジワリ恐怖感を煽るところがあって、予想以上にハラハラさせられて、見終わってみればこれもありだなと思えましたよ。
しかし終盤の展開は本当にドキドキしました、物凄い緊迫感、中途半端な優しさは命取り、いやぁこれはたまらなかったなぁ~。
悪に対して貫く男の美学、渋いね、でもどこか熱かった!
リーアム流交渉術も、見応えたっぷりでしたね。

ホームレスの少年TJとの交流もとても味があって良かったです、ベタベタした距離感ではなく、心の奥底で繋がっているような何とも言えない絶妙な距離感なんですよね。
TJの行動にはいちいちハラハラさせられましたけど、これがまたいい緊張感に繋がって、作品をより良いものにしていたなと思いました、優しさと愛に溢れた良い関係性だったなぁ、ラストカットも好きです。
これはシリーズ化もありでしょう(地味過ぎて興行収入的には無しか?)
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

誘拐の掟
Excerpt: 1999年、アメリカ・ニューヨーク。 無免許の私立探偵マット・スカダーは、断酒会仲間の麻薬中毒者ピーターから、弟ケニーの相談に乗って欲しいと頼まれる。 麻薬ディーラーをしているケニーは、妻キャリーが誘..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-11-23 00:41