【映画】駆込み女と駆出し男

kakemomi1.jpg

【解説・あらすじ】井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案に、「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」の原田眞人監督が初めて手がけた人情時代劇。舞台は江戸時代の鎌倉。幕府公認の駆込み寺・東慶寺には離縁を求める女たちがやってくるが、寺に駆け込む前に、御用宿・柏屋で聞き取り調査が行われる。柏屋の居候で戯作者に憧れる駆出しの医者でもある信次郎は、柏屋の主・源兵衛とともに、ワケあり女たちの人生の新たな出発を手助けすることに。信次郎役に大泉洋。駆込み女に戸田恵梨香、満島ひかり。樹木希林、堤真一、山崎努らが脇を固める。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督、脚本:原田眞人
原案:井上ひさし
製作総指揮:大角正
製作:川城和実、水口昌彦、佐野真之、井上麻矢、井田覚、山本浩、多井久晃、宮田謙一、矢内廣
企画:井上麻矢、石井美保子、田辺昌一
プロデューサー:榎望、升本由喜子、住田節子
音楽:富貴晴美
主なキャスト:大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、陽月華、神野三鈴、宮本裕子、松本若菜、円地晶子、玄里、武田真治、北村有起哉、中村育二、山崎一、麿赤兒、キムラ緑子、木場勝己、高畑淳子、橋本じゅん、井之上隆志、山路和弘、でんでん、中村嘉葎雄、澤村レイコ、藤沢かりん、堀部圭亮、螢雪次朗、大鳥れい、赤間麻里子、音尾琢真、嵐芳三郎、松岡哲永、武石守正、池原猛、仲谷智邦、樹木希林、堤真一、山崎努
kakedasi2.jpg
kakedasi3.jpg

【感想】
今の時代では考えられないぐらい、江戸時代の離婚事情はこんなにも大変だったんですね。
今はむしろ女性の方が強い時代だったりしますけど、この時代は男尊女卑の精神が圧倒的に根強かった時代でしょうから、女性から離婚することなんて出来なかった、でもそんな時代に女性側からの縁切りを手助けする幕府公認の寺(東慶寺)があったんですねぇ、私は史実に疎くて全く知らなかったので、興味深く見させてもらいましたよ。
まあ最初は台詞量が膨大過ぎて、いまいち入り込めなかったのですが、この世界観に入り込めてからはあっと言う間、長尺の映画でしたけどテンポの良さも相まって、時間の長さを感じずに楽しむことが出来ました。

時代考証は史実に基づきながらも、随所にユーモア溢れる会話劇を盛り込んでくれたのも、この映画を楽しめた重要な要素だったでしょうか。
それと取っ付き難い題材でも、親しみ易いキャストが演じてくれたことによって、スッと入ってくる部分がありましたね。
特に主人公の信次郎を演じた大泉洋の口八丁ぶりが最高でした、台詞多すぎて大変だったでしょうね~(笑)
医者としても、戯作者としても、離婚調停人としても駆出し男、でも人情に厚くて正義感に溢れていてそれでいてユーモアたっぷり、一見頼り無さそうだけど物凄く頼りになって、まあいつもの大泉洋ワールドと言えばそれまでですが、この映画の世界観と見事にマッチして、とても面白おかしく見ることが出来ました。

大泉洋と樹木希林が同じ画面にいるだけでも楽しかったなぁ、あと陽月華演じる法秀尼との掛け合いも最高でした!
物凄く真面目に演じているのに、大泉洋とのコントのように見えてくるのがおかしくておかしくて、凜としているのにある種萌えキャラのように見えてくる法秀尼の存在が何気にツボでした。
ただ全体的に惜しいのが、テンポが良い反面各エピソードがやや駆け足になった部分もあって、もっとじっくり見たかったなと、そう思わずにはいられませんでしたね。

しかし戸田恵梨香、満島ひかり、二大若手演技派女優の存在感が半端じゃなかったぁ~!
じょごが自信を取り戻していく様子、そしてお吟の隠された真意、そしてじょごとお吟の絆、全て見応え十分でした。
戸田恵梨香は思いのほか時代劇が似合いますね。
和を感じさせてくれる映像美も素晴らしかったなぁ、日本映画の底力を見せてくれた良作映画だったと思いましたよ。
評価4.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

駆込み女と駆出し男
Excerpt: 天保十二年(1841)。 質素倹約を旨とする老中水野忠邦の「天保の改革」の真っただ中。 幕府公認の縁切寺として知られる鎌倉の尼寺・東慶寺には、離縁を求める女たちが駆け込んで来ていた。 見習い医者で駆出..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-11-13 07:33