【映画】ラスト・ナイツ

rasuto1.jpg

【解説・あらすじ】「CASSHERN」「GOEMON」の紀里谷和明監督ハリウッド進出作品で、クライブ・オーウェンとモーガン・フリーマンが主演。「忠臣蔵」をベースに、よこしまな政治が幅を利かせる封建的な帝国での騎士たちの物語が描かれる。大臣への賄賂を断り、反逆罪を勧告されたバルトーク卿に死罪が下された。最も残忍な処刑方法によるその死罪は、愛弟子ライデンの手による斬首だった。バルトーク卿の首を自身の刀で落とすこととなったライデンと仲間の騎士たちは、無念の思いで復讐の時を待ち続けた。そして1年後、ライデン率いる気高い騎士たちは、主君バルトーク卿の不当な死に報復する戦いをはじめる。伊原剛志がライデンの最大のライバル・イトー役で出演。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:アメリカ
監督、製作:紀里谷和明
脚本:マイケル・コニーベス、ドブ・サスマン
主なキャスト:クライブ・オーウェン、モーガン・フリーマン、クリフ・カーティス、アクセル・ヘニー、ペイマン・モアディ、アイェレット・ゾラー、ショーレ・アグダシュルー、パク・シヨン、ノア・シルバー、ローズ・カトン、ジョルジョ・カプート、ジェイムズ・バブソン、マイク・ロンバルディ、ダニエル・アデグボイエガ、デイブ・レジェノ、バル・ローレン、ピーター・ホスキン、伊原剛志、アン・ソンギ
rasuto2.jpg
rasuto3.jpg

【感想】
過去に何かと日本映画界に物議を醸した紀里谷和明監督作品だけに、一体どんな映画に仕上がっているのか、いろんな期待を持ちながら鑑賞してみましたが、普通に面白いじゃないですか!普通に。
普通に面白いなんて紀里谷監督らしくないなぁ、でも作品としては十分楽しめたので、とりあえずOKです。
まあ元々普通に面白い作品なんて作ろうと思えばいつでも作れたのかもしれませんが、今回はハリウッドデビュー(厳密にはハリウッド映画ではないようですが)と言うことで、とりあえず無難に万人が楽しめる内容に日本のエッセンスを注入した映画を作ってみた感じなのでしょうか?
結局海外での評判はどんなものだったのかなぁ、私は十分面白いと思いましたけどねぇ・・・。

しかしベタな「ラスト・ナイツ」なんてタイトル付けて、センス無いな~なんて思っていたら、なるほど武士道を騎士道に置き換えた忠臣蔵の西洋版を壮大なスケールで描いた話になっていたんですね。
まあこれなら逆にベタなタイトルで良し!
元が忠臣蔵となるといろいろとあの要素が足りないとかこの要素が足りないと厳しい意見も出てきそうですが、私は変にごちゃごちゃ詰め込まずに、シンプルにほぼライデン隊長に絞った話にしたのは、とても見易くて集中できて良かったと思いましたよ。
四十七士的な部下の話も広げようと思えばいくらでも広げられたのでしょうけどね、いや、もしかしたら資金的に厳しくてシンプルにせざるを得なかっただけなのか?(苦笑)

それにしても、今回は今までのようなCGの中に人が不自然に存在していた世界と違って、CGを極力抑えセットや衣装の方を強化して抜群の雰囲気を醸し出していましたね。
全体的に暗くやや抑揚の無い映像ではありましたが、中世ヨーロッパにほんのり東洋色を織り交ぜたような独特の世界観を作り出して、新たな紀里谷ワールドを確立していたと思いましたよ。
ただいくらなんでもキャラがあまりにも多国籍過ぎたのは、さすがにやり過ぎの感もあったかなと。

いやぁ~しかしシンプルな話だったけど、このシンプルさがホントたまらなく良かったなぁ、ギザモット大臣がクズ中のクズだっただけに、尚更感情移入させられました。
クライブ・オーウェンの渋さ、モーガン・フリーマンの存在感、大物2人はさすがの演技でしたね。
そしてライデン隊長に立ち塞がる最大のライバル役の伊原剛志も、日本代表として決して引けをとらない存在感を示していたと思いましたし、ライデン隊長とのチャンバラアクションは最高の一言でした。
普通に面白かったです!
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443604818

この記事へのトラックバック

ラスト・ナイツ
Excerpt: 忠誠心、名誉、正義、尊厳が失われ、不正と腐敗がはびこる封建国家。 悪徳大臣ギザ・モットからの賄賂要請を堂々と断ったバルトーク卿は、いわれなき反逆罪に問われ、皇帝から死刑を宣告され処刑された。 …1年後..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-11-11 12:24