【映画】メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮

meizurannna1.jpg

【解説・あらすじ】ジェームズ・ダシュナーのティーン向け小説を基に、謎の巨大迷路に閉じ込められた若者たちの戦いを描いたサスペンスアクション「メイズ・ランナー」のシリーズ第2作。苦闘の末にようやく迷路の出口にたどり着いたトーマスたち。ところが、彼らを迷宮に送り込んだ謎の巨大組織は、さらに過酷な運命を突きつける。迷路の外に出たトーマスたちの前に現われたのは、灼熱の太陽に焼き尽くされて全てが崩壊した砂漠のような世界だった。トーマスたちは別の迷路からやって来た新たな仲間たちと共に、あらゆる場所にトラップが仕掛けられた地球規模の「第2ステージ」の攻略を目指す。主人公トーマス役のディラン・オブライエンをはじめ、第1作のメンバーが引き続き出演。監督も前作のウェス・ボールが続投した。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:アメリカ
監督:ウェス・ボール
主なキャスト:ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラーリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、キー・ホン・リー、パトリシア・クラークソン、ジェイコブ・ロフランド、ジャンカルロ・エスポジート、エイダン・ギレン、バリー・ペッパー、リリ・テイラー、ロサ・サラザール、デクスター・ダーデン、アレクサンダー・フローレス、テリー・デイル・パークス、キャスリン・スミス=マッグリン、ナタリー・エマニュエル、キャサリン・マクナマラ、アラン・テュディック
meizu2.jpg
meizu3.jpg

【感想】
前作は予想以上に面白かったものの、もう迷路じゃない今回はどうなのかなと、やや期待値も下がりつつの鑑賞でしたが、見てみたら今回も意外と面白かったです。
どうなるのか先が全然読めなかった前作と違って、今回はある程度先も見えてきましたし、それでいて次作への中継ぎ感は否めないところもありましたから、どうしても前作ほどのドキドキ感や意外性は感じらませんでしたけど、飽きさせない要素をこれでもかと盛り込んで息をもつかせぬ展開が続きましたから、まあ雑さや突っ込みどころは目立ちましたが何だかんだで私は結構楽しめましたよ。

しかし今回は砂漠がメイン舞台なのかと思ったら、どちらかと言ったら廃墟がメイン舞台って感じで、しかもあれが・・・まったく予告編では触れてなかった○ン○が大量に出てきてちょっとビックリでした!
まあ前作でもクリーチャーとの格闘シーンが予想に反して多かったので、このパターンは無きにしも非ずとは思いましたが、まさか○ン○がこうも出てくるとは。
これ日本だと絶対ウケないパターンですよね(苦笑)
私はそれほど嫌いじゃないですけど。
しかし年々高速化している○ン○ですが、今回もまた思わず参勤交代したくなるぐらい超高速な○ン○でしたねぇ(佐々木蔵之介もビックリなぐらい)。
ちなみに劇中でゾーンBがどうとか言ってた台詞は笑いどころだったのかな?それともたまたま?

それにしても、前回の迷路もいろいろと走らされましたが、今回も走りまくりで撮影はホント大変そうでしたね。
次回作の撮影中に主演のディラン・オブライエンが大怪我したとかニュースで見ましたが、それも納得。
こうなると世界全体がメイズって感じでもう何でもありですね、今回もアクションはてんこ盛りでしたが次回もこれは期待できそう、ですが・・・人物描写、心理描写は前作にも増して薄口になってしまった印象は否めず、ドラマ性も薄く、ちょっと登場人物も次から次へと増えすぎなんじゃないかなぁ。

ヒロインのカヤ・スコデラーリオも存在感薄すぎ、華が無さすぎ、前作時は次回以降存在感を増すのかと思ったのに、その気配未だなしなのはちょっと気になります・・・。
そしてラストの行動が・・・それやるならもっと早くやっておけよ(苦笑)サバイバルする前にさぁ。
とは言え、世界を救うには確かにねぇ・・・。
さて次回で完結、いろいろとWCKD絡みの謎も明らかになるのかな(ミンホも気になる)、何だかんだで楽しめているシリーズなので、期待して待ちます。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443072817

この記事へのトラックバック

メイズ・ランナー2 :砂漠の迷宮
Excerpt: 迷路<メイズ>の謎はまだ終わっていなかった。 巨大迷路の出口を見つけたトーマスたちだが、そこは次なる迷宮の入口だった。 彼らは組織によって“選ばれし者”の過酷な運命にさらされ、別のメイズの生存者ととも..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-10-27 11:08