【映画】土竜の唄 潜入捜査官 REIJI

mogura1.jpg

【解説・あらすじ】監督・三池崇史×脚本・宮藤官九郎×主演・生田斗真で、高橋のぼるの人気コミック「土竜(モグラ)の唄」を映画化。正義感が強いが童貞で、警察学校では史上最低の成績を残している巡査・菊川玲二は、ある日突然、通称「モグラ」と呼ばれる潜入捜査官になるよう命じられる。麻薬の密売ルートを暴き、暴力団組織・数寄矢会の轟周宝会長を挙げるため組織へ潜入した玲二は、数寄矢会に渦巻く権力闘争や、日本最大の暴力団・蜂乃巣会との抗争に巻き込まれていく。堤真一、仲里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔ら豪華俳優陣が、内面も外見も強烈な個性を放つキャラクターたちに扮している。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:日本
監督:三池崇史
脚本:宮藤官九郎
主なキャスト:生田斗真、仲里依紗、山田孝之、上地雄輔、岡村隆史、堤真一、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、大杉漣、岩城滉一、斉木しげる、伊吹吾郎、渡辺哲、的場浩司、佐藤寛子、南明奈、彩也子、尾崎ナナ、矢島建一、有薗芳記、寺島進、織本順吉、佐々木すみ江、浜田晃、石山雄大、小宮孝泰、四方堂亘、沖原一生、笠原竜司、阿部亮平、渡辺奈緒子、河井青葉、黒石高大、村上和成、寿大聡
mogura2.jpg
mogura3.jpg

【感想】
さすが三池崇史監督にクドカン脚本作品だけはありましたね、相当ぶっ飛んでたなぁ。
ここまでバカに徹してくれると、ホント諦めがつくと言うか、逆に気持ちが良かったです。
まあ終盤やや失速気味と言うかまとめ具合が微妙だった気はしないでもないですが、基本的には楽しめた映画でした。
マトモじゃないこんなのを期待して見たので私は十分面白かったと思いましたが、こんなの映画じゃない、ふざけんなと思われた方がいても、まあ何ら不思議ではなかったかも。
三池×クドカンでマトモな映画を期待する方もそう多くはいないと思いますけど・・・。

しかしいきなり生田斗真演じる主人公・菊川玲二が、全裸で車に縛り付けられながら暴走しているシーンから始まったのにはビックリしたなぁ。
マトモな映画ではないですよと選手宣誓でもするかのようなオープニングシーン、最高でした。
股間に張り付いてたチラシが絶妙な仕事してましたね。
それにしても玲二のバカさ加減、ドジさ加減、熱さ加減は半端じゃなかったぁ~。
それでいて童貞キャラなのが笑いを誘います。
ジャニーズでも俳優のみで勝負する生田斗真は、他のジャニーズとは気合の入り方が全然違いますね。

特にヤクザに潜入するまでの前半の方がかなり笑えて面白かったです。
また警察上層部の3人が濃すぎるぐらい濃いキャラでしたからね、そのやり取りだけでも笑えます、画的な汚さも最高、そして遠藤憲一なんかもう反則でしょ、皆川猿時、吹越満もいい味出してましたね。
3人が歌う土竜の唄が耳に残って離れないです。
中盤以降はもう一人の主人公・パピヨンを演じた堤真一の魅力あって何とか乗り切った感じでしょうか。
男も惚れるような人情味溢れるヤクザ感に、思いっきり引き込まれてしまいましたよ。
蝶好きで、面白いこと大好き人間なところも何か妙に似合ってましたね。
そして玲二とのバディ・ムービーとしても十分楽しめました。

クールで冷徹な雰囲気が抜群だった山田孝之、敵ヤクザのかき回し役だった岡村隆史も悪猫っぽくていい存在感、全身豹柄スキンヘッドな上地雄輔は少し持て余し気味だったかな。
ヒロインと言うかエロ要員の仲里依紗はリアルにエロかった、でもここまでやってくれそうな女優さんではありますよね。
で、まあキャラの濃さや徹底したバカさ加減で大体は楽しめたのですが、何か終盤の展開はちょっと雑すぎだった印象でやや尻つぼみ感、その辺は続編に期待しましょうか。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI
Excerpt: 交番勤務の巡査・菊川玲二は、正義感は人一倍強いが無鉄砲で始末書続き。 ある日、署長より突然クビを言い渡されるが、密かに潜入捜査官(通称モグラ)に任命される。 その任務は、武闘派暴力団組織・数寄矢会に潜..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-10-27 11:14