【映画】わたしの可愛い人 シェリ

watasino1.jpg

【解説・あらすじ】フランスの女流作家コレットの代表作「シェリ」を、「危険な関係」のスティーブン・フリアーズ監督がミシェル・ファイファー主演で映画化。20世紀初頭の華やかなパリを舞台に、美貌と知性で富と名声を手に入れた40代後半の元高級娼婦レアと、母子ほども年齢の離れた19歳の青年シェリの恋愛を描く。共演に「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のルパート・フレンド、オスカー女優キャシー・ベイツら実力派がそろう。(映画.comより)

製作年:2009年
製作国:イギリス、フランス、ドイツ
監督:スティーブン・フリアーズ
主なキャスト:ミシェル・ファイファー、ルパート・フレンド、キャシー・ベイツ、フェリシティ・ジョーンズ、イーベン・ヤイレ、フランセス・トメリー、アニタ・パレンバーグ、ハリエット・ウォルター、ベッド・ボーン、ゲイ・ブラウン、トム・バーク、ニコラ・マックリーフ、トビー・ケベル
watasino2.jpg
watasino3.jpg

【感想】
ベル・エポックとかココットと言われても全くピンと来ない無知の状態で鑑賞した映画でしたが、なるほど、一般的に想像し得る娼婦とは違い、1900年代初頭のパリではほんの一時代だけ高級娼婦と呼ばれる方々が輝きを放った時代があったんですね、初めて知りました。
主役のミシェル・ファイファーは引退した元ココットと言う設定でしたけど、これは本当に説得力があったなぁ。
気品漂う美しさ、きっとかつては1、2を争う人気を誇ったのだろうと想像するに難くないナイスキャスティングだったと思いましたよ。

ただ引退した後これだけ豪勢なセレブ生活をしているって、一体どれだけ稼いだのか・・・。
まあでもさすがは高級娼婦と呼ばれただけはあったと言うことでしょうか、しかしキャシー・ベイツも高級娼婦って言うのはいまいち納得いかないなぁ(笑)
しかもミシェル・ファイファーが演じたレアとライバルで、レアと同様に引退後豪勢なセレブ生活をしているって、全く説得力がないんですけど!
そしてその息子がルパート・フレンドとは、どうやったらキャシー・ベイツからルパート・フレンドが産まれるのか、そこは大いなる突っ込みどころだったでしょうか。
ただキャシー・ベイツが演じたマダム・プルーがレアを要所要所でチクリと嫌がらせしたからこそ作品が盛り上がったところもありましたから、それ考えればキャラ的にこれもナイスキャスティングだったのかな。

しかし母親のような年の女性とルパート・フレンドが演じた若者シェリが恋に落ちると言うのは、パッと見正直無理があるなと思いつつ最初は見てましたが、なるほどこう言う境遇で生きてきた2人だからこそ愛し合ったのは妙に納得、でもシェリの甘えん坊で世間知らずで常識のない人物像も相まって、もう一歩感情移入するところまではいかなかったかな。
ただ、ちょっとジョニデを髣髴とさせる風貌の我がまま坊やっぷりは、なかなかの嵌り役だったと思いました、もう少し見た目若かったら尚説得力があったかなぁ。

まあでも見終わってみると、何か切ない気持ちで一杯になってしまいましたね。
年齢差が男女逆ならまた話も違うのでしょうが・・・。
レアの気高きプライドが切なさを煽りました。
そしてラストの唐突なナレーションにはちょっとビックリでした・・・。
シェリの若妻役フェリシティ・ジョーンズはこの時まだブレーク前だったのかな?熟女ミシェル・ファイファーとの美の競演も見所の一つでしたね、こんなに若くて美しい奥さんを、シェリは・・・。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

わたしの可愛い人 シェリ
Excerpt: 1906年パリ。 優雅な引退生活を送る40代後半の元ココット(高級娼婦)のレアは、元同業者の友人マダム・プルーから頼まれて、彼女の息子で19歳になる問題児シェリの面倒を見ることに。 数週間で別れるつも..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-10-26 10:44