【映画】ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

misyonn1.jpg

【解説・あらすじ】トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクション「ミッション:インポッシブル」のシリーズ第5作。CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織「シンジケート」の暗躍により、イーサン・ハントの所属するIMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。約1500メートルの上空を飛ぶ軍用機のドア外部から機内に侵入するというアクションを、クルーズがスタントなしで演じているシーンが撮影時から話題に。監督は、クルーズ主演の「アウトロー」も手がけたクリストファー・マッカリー。共演はシリーズ出演3作目となるサイモン・ペッグ、前作から登場したジェレミー・レナー、シリーズ全作出演のビング・レイムスほか、新ヒロインとしてスウェーデン出身のレベッカ・ファーガソンが参戦。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:アメリカ
監督:クリストファー・マッカリー
製作:トム・クルーズ、J・J・エイブラムス
主なキャスト:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、ビング・レイムス、ショーン・ハリス、アレック・ボールドウィン、サイモン・マクバーニー、トム・ホランダー、イエンス・フルテン、チャン・チンチュー、ナイジェル・バーバー、ハーマイオニー・コーフィールド
missyonn2.jpg
missyonn3.jpg

【感想】
さすがにもうそろそろ飽きてきたなと言う思いはありつつも、何だかんだでやはりこのシリーズは面白いですね!
見る者を飽きさせない為に、回を重ねるごとに危険度の高いアクションをこれでもかと盛り込んできますが、それをほぼトム・クルーズ自身が演じていると言うのがホント凄い、と言うかむしろあきれるぐらいの話で・・・いつかリアルに死んでしまわないか、心配になるレベルですね。
しかも冒頭に一番危険なアクションシーンを持ってくるところが何とも心憎い、いきなりから心を鷲掴み、高いところ大好きなトムですが、まだこの手が残っていましたか~。

逆に冒頭にこれを使って、その後は中だるみしないかと少々心配にもなりましたが、全く持って問題無しでしたね。
バイクアクションにカーアクション、巨大貯水槽にオペラ劇場その他諸々と、多種多様なアクションシーンが盛りだくさんで、退屈知らずの2時間強でした。
むしろラストが物足りないと思えるぐらい、派手なだけでなく一捻り効いたアクションシーンの数々には、大満足の一言です。
トム様劇場なだけに、興奮はするもののドキドキ感はほぼなかったですけどね、まあそれを分かって見ているので、特に問題はありません(笑)

今回はチームプレーも見所の一つだったでしょうか。
特に前半は完全にトムとサイモン・ペッグのバディ・ムービーと化していた印象で、これはこれで面白かったです。
ボケ担当のサイモン・ペッグに付き合うトムの構図が何とも微笑ましい!
おなじみビング・レイムスとジェレミー・レナーの後方支援もチームとしての一体感があって何か良かったですね。
逆に一体感がありすぎて緊張感が薄くなりそうな部分は、レベッカ・ファーガソンが演じた謎の美女が不二子ちゃん的と言うかボンドガール的なキャラでIMFチームを惑わしていましたので、そこに関しても問題なく楽しめました。
レベッカ・ファーガソンは本当に美しかったなぁ、でもレコード店のチョイ役美女(ハーマイオニー・コーフィールド)もちょっと気になりました!

イーサン・ハントとIMFチームの面々VSシンジケートの構図に国家や組織の不穏な動きも合わさったストーリー展開も、スパイ映画としてはなかなかの見応え、何となくヒロインがボンドガール的だったこともあってか007と被る印象もありましたが、基本的には今回もまた面白かったシリーズ5作目でした。
次はこれ以上のアクション、やるのかな・・・今度こそ死ぬって!
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
Excerpt: 任務中に大混乱を引き起こしたせいで、イーサン・ハントが所属するIMFは諸悪の根源と非難され、またしても解体の危機に陥ってしまった。 そんな中、CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-08-30 16:08