【映画】めがね

megane1.jpg

【解説・あらすじ】人生の小休止に、南の海辺の町を訪れたタエコは、不思議な一軒宿ハマダに宿泊する。しかし、観光する場所も何もない小さな浜辺の町で、マイペースすぎる住人たちに振り回されるタエコは、耐えかねてハマダを出て行くが……。フィンランドの日本食堂を舞台に、スローライフな日常を描いて話題となった「かもめ食堂」の監督・荻上直子、主演・小林聡美が、今度は南の海辺を舞台に人生を見つめなおす人々をゆるやかに描く。(映画.comより)

製作年:2007年
製作国:日本
監督:荻上直子
主なキャスト:小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ、橘ユキコ、中武吉、荒井春代、吉永賢、里見真利奈、薬師丸ひろ子、ケン
megane2.jpg
megane3.jpg

【感想】
のんびり、まったり、ただただ離島でたそがれていただけのような映画でしたけど、何故か面白かったし、とても癒されました。
特別何かが起こる訳ではなく、しかも荻上直子監督の前作「かもめ食堂」よりも更にゆる~い展開を見せる映画だったので、もうこう言うのがダメな人は確実に寝てしまう映画だったと思いますが、このとんでもなくゆる~いスローライフムービーに私は不思議と魅せられてしまいましたし、ふらりと一人旅に出て何もしないでただただたそがれてみたいなと、ふと思わされてしまいましたよ。

まあ現実的には仕事面やお金の面や家族のことなんかでこんなに長く滞在する旅は無理ですし、ましてや住み着くにしたって離島のスローライフの現実は正直こんなに甘くはないでしょうから(あの民宿だって経営厳しそうだし)、まああくまでこの映画はファンタジーであって、これを見て癒され、明日への活力に出来ればそれでOKなんでしょうね。
でも、ただただたそがれて、朝起きてメルシー体操してご飯食べて、ビール飲んで、カキ氷を食す、そんな旅に憧れは抱きますね!
それと、もたいまさこ演じるサクラさんの三輪自転車の後ろのカゴにも乗ってみたい衝動に駆られました(笑)

とは言え、小林聡美が演じた主人公タエコのように、とりあえず最初は戸惑うこと間違い無しでしょう。
起きて即効もたいまさこは、ほとんどホラーです!
民宿のオーナーの光石研や学校の先生の市川実日子など、島民もちょっと独特過ぎてタエコのような反応を示すこと確実ですよね。
でもクセになる、主人公同様いつの間にか荻上ワールドに引き込まれてしまいました。
こんな風に、たそがれながら自分自身と向き合うことって、実は人生において非常に大切なことなのかもしれませんね。

しかし荻上ワールド=もたいまさこワールドにも引き込まれたな~(笑)
きっとあのかき氷は素朴な味なんだろうね。
薬師丸ひろ子もピンポイントでいい味出してました、私もあっちには行きませんが・・・。
それと加瀬亮の絶妙な立ち居地も印象深かったです。
それにしても朝食がとてもおいしそうだったなぁ、皆で食べる朝食って何かいいですねぇ。
リアルではないけど、本当の自由がここにあるって感じで、見ていてホント癒された作品でした。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

めがね
Excerpt: 春、プロペラ機のタラップを降りるとそこは、気持のよい風が吹く海辺の町。 渚をゆっくり、ゆっくり歩いて行くと、奇妙な懐かしさをたたえた小さな宿に辿り着く。 そこで出会う人々は、誰もがちょっと風変わりだっ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-08-12 18:16