【映画】シン・ゴジラ

gozira1.jpg

【解説・あらすじ】「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が総監督・脚本を務め、「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督、同じく「のぼうの城」「進撃の巨人」などで特撮監督を務めた尾上克郎を准監督に迎え、ハリウッド版「GODZILLA」に登場したゴジラを上回る、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出す。内閣官房副長官・矢口蘭堂を演じる長谷川博己、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内豊、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみをメインキャストに、キャストには総勢328人が参加している。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
総監督・脚本:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣
主なキャスト:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、市川実日子、犬童一心、柄本明、大杉漣、緒方明、片桐はいり、神尾佑、國村隼、KREVA、黒田大輔、小出恵介、高良健吾、小林隆、斎藤工、嶋田久作、諏訪太朗、高橋一生、塚本晋也、津田寛治、鶴見辰吾、手塚とおる、中村育二、野間口徹、橋本じゅん、浜田晃、原一男、ピエール瀧、平泉成、藤木孝、古田新太、前田敦子、松尾諭、松尾スズキ、三浦貴大、光石研、森廉、モロ師岡、矢島健一、余貴美子、渡辺哲、野村萬斎、岡本喜八、逢笠恵祐、赤山健太、安住啓太郎、ANI、阿部翔平、粟根まこと、飯野泰功、石垣佑磨、石原善暢、石本径代、磯谷哲史、市オオミヤ、伊藤慎介、伊藤竜也、伊藤慎介、伊藤武雄、伊藤美穂、伊藤裕一、伊藤明賢、伊藤祐輝、稲葉義典、猪俣太一、岩井堂聖子、岩橋道子、植木祥平、遠藤かおる、大内厚雄、大賀太郎、小川真由美、小野塚老、大迫一平、大塚ヒロタ、大槻修治、大根田良樹、大林丈史、小倉星羅、小野孝弘、小山田将、加藤厚成、加藤貴宏、金井良信、蒲生純一、川井つと、川崎誠一郎、川嶋秀明、川瀬絵梨、川瀬陽太、河野達郎、菅野久夫、金田なお、菊池康弘、岸田研二、岸端正浩、北山雅康、キンタカオ、國本鍾建、隈部洋平、倉田大輔、河野洋一郎、小久保寿人、児玉頼信、小林健一、コビヤマ洋一、小松利昌、近童弐吉、紺野ふくた、サイ・ホージン、斉藤範子、斎藤嘉樹、酒井康行、佐藤一平、佐藤貢三、佐藤俊介、佐藤裕、鮫島満博、去石聖、志賀龍美、鹿野優志、信太昌之、志野リュウ、島崎友之、島津健太郎、下平ヒロシ、白幡真逸、杉山ひこひこ、鈴木淳、鈴木里彩、須田瑛斗、須田理央、春原美和、住田洋、関幸治、関谷亜矢子、高橋良平、竹下宏太郎、竹森千人、辰巳直人、田中えみ、ダニエル・アギラル、谷本幸優、土屋良太、藤東勤、とちおとちる、栃原智、豊田茂、鳥山昌克、永井一誠、仲上満、中島伸、中田敦夫、中野英樹、中村譲、中脇樹人、南原健朗、西岡秀記、野口雅弘、野沢聡、野仲イサオ、花岡翔太、原知佐子、檜尾健太、深川圭、福井理沙、福吉寿雄、平子悟、ペロリ、細野哲弘、堀岡真、堀本能礼、松木研也、松澤仁晶、松田七美、松林慎司、松原未成、松村もりす、松本雄大、松山永徳、マフィア梶田、三浦景虎、三浦清光、水野直、水野智則、満本裕子、壬生翼、宮下忠人、三輪江一、村上隆文、村上航、村本明久、ムラヤマ・J・サーシ、目黒紀史、本山歩、森きゅーり、森優作、森本武晴、屋敷紘子、柳英里紗、山崎潤、山崎真宏、山田将、山中敦史、山中良弘、山本修夢、山本カナコ、山元隆弘、山元智康、横光克彦、米元信太郎、米村莉子、吉田美穂、吉田ウーロン太、ラブ守永、和田慎太郎、渡部遼介
gozira2.jpg
gozira3.jpg

【感想】
この前のハリウッド版を見るまではゴジラに対してほとんど興味が無かったので、過去作との比較は出来ませんし、エヴァにも全く興味がないので音楽以外はエヴァっぽいかどうかも全然分かりませんでしたが、一つの日本映画として、一つの怪獣映画として、十二分に楽しめたし、日本映画の底力を感じれて妙に嬉しくなった作品でしたね。
樋口真嗣監督と言えば昨年の「進撃の巨人」でやらかしたイメージもあったので、ちょっと不安だったのですが、今回はエラーを帳消しにする起死回生の逆転打だったかと。
まあ勿論、庵野秀明監督がいなければ、どうなっていたのかは何とも言えないところですが・・・。

とりあえず、ゴジラに造詣が深くない私としては、巨大災害シミュレーション的な部分での見応えの方が高かった作品でしたね。
これがハリウッド映画なら、ヒーロー的な存在がいたり、お涙頂戴的なドラマがふんだんに盛り込まれたりするのでしょうが、個人にスポットが当たるそれらの要素がほぼ無かったのが、逆に新鮮と言うか、リアルシミュレーション的な感じがして、これはこれでとても見応えを感じれる作品に仕上がっていたなと思いましたよ。
ヒーローや強力なリーダーはいなくても、日本には日本的な対処法がある、そんな作風に物凄く胸が熱くなりました。

震災や原発事故、昨今の異常気象を経験している我々としては、もはや想定外も想定内になりつつあるだけに、何が起こってもおかしくないとは思ってますが、そんな中でゴジラが襲来したらどうなるか、予想不可能な動きや攻撃を仕掛けてくるゴジラを違うものに見立てたらまた違った見方も出来そうで、いろいろと考えさせられたし、なかなか興味深い内容でしたね。
政府の対応はブラックジョークも相当含まれていて震災の記憶も少し蘇りましたが、でも日本行く末に希望が見えた終盤の展開には感動を覚えましたよ。

ゴジラ登場までの時間が短かったのも好ポイント、ハリウッド版は出てくるまでが長過ぎでしたので。
しかし進化前のゴジラのビジュアルが、手書き風でどうなるのかと思いましたが、あれはあれで結構好きかも、勿論進化後も私はアリでしたよ。
台詞が早口過ぎていまいち聞き取れなかったのは難点でしたが、まあダラダラやられるよりはこっちの方がまだマシでしょうかね。
それにしても、石原さとみは進撃に続いてまたしてもキワモノを・・・でも唯一リアルじゃないキャラが逆にいいアクセントでもあったかな。
片桐はいりのお茶とおにぎりのホッコリ度もホント良かったなぁ~。
評価4.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440768772

この記事へのトラックバック

シン・ゴジラ
Excerpt: 羽田沖で、東京湾横断道路アクアトンネルが崩落する事故が発生。 内閣総理大臣・大河内はじめ閣僚たちが対策を協議するが、原因は不明のままだった。 やがて、海上に謎の巨大不明生物が現れ“ゴジラ”と名付けられ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-08-06 11:42

映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt: 映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2016-08-12 00:59

シン・ゴジラ ★★★・5
Excerpt: 「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12年ぶりに復活させた特撮アクション..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-08-12 11:26

シン・ゴジラ
Excerpt: こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2016-08-16 00:45

[映画『シン・ゴジラ」を観た^^]
Excerpt: ☆・・・見終えて立ちあがったら、足の付け根が緊張して痛くなってました^^ 面白かった。 そして、私は、今度の日曜日に仕事があるので、都知事選の期日前投票にすぐに行きました。 そうしたくなるほど、先ずは..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2016-08-19 06:47

映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「使徒」ゴジラ(笑)
Excerpt: 映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決まらないうちに事態がど..
Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
Tracked: 2016-08-22 06:57

シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明
Excerpt: 【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2016-08-27 13:02

映画『シン・ゴジラ』評――修羅が再び日本を壊す・後編
Excerpt: (前編からの続き) さて、それではこの批評は、中途半端な尻切れトンボの終わり方をしてしまうのか。 結論めいたものを導き出すのは難しそうだが、いくつかの推測は提示できそうな気がする。 少し視点を変えて..
Weblog: 徳丸無明のブログ
Tracked: 2017-04-08 00:59