【映画】女子ーズ

zyosi1.jpg

【解説・あらすじ】「勇者ヨシヒコ」シリーズや「コドモ警察」など独特なコメディ作品を得意とする福田雄一監督が、桐谷美玲を筆頭に藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月という旬の若手女優をそろえ、個性的な5人の女子が戦隊ヒーローとして活動する日々を描いた。世界征服を目論む邪悪な怪人を倒すため、名字に色が入っているという理由だけで司令官チャールズに集められた赤木直子、青田美佳、黄川田ゆり、緑山かのこ、紺野すみれは、不本意ながら「女子ーズ」として戦隊を組み、戦うことに。全員がそろって繰り出される必殺技「女子トルネード」が最大の武器だったが、いまどきの女子たちは恋愛や仕事、野暮用で忙しく、なかなか全員がそろうことができず……。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:日本
監督、脚本:福田雄一
製作:重村博文
プロデューサー:森山敦、山下義久、松橋真三
オープニングテーマ:浪川大輔(歌)、瀬川英史(作曲)
主なキャスト:桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月、大東駿介、安田顕、岡田義徳、黄川田将也、皆川猿時、落合モトキ、上地春奈、大水洋介、志賀廣太郎、野添義弘、大河内浩、平子祐希、酒井健太、前田龍輝、中川晃徳、岡山智樹、ムロツヨシ、きたろう、佐藤二朗
zyosi2.jpg
zyosi3.jpg

【感想】
福田雄一監督作品なんで、ある程度予想はしていましたが、ホントゆる~い特撮戦隊物でしたね。
福田監督だから許される世界観とでも言えましょうか、他の監督さんだったら、こんなの許されませんよ(笑)
しかも桐谷美玲、高畑充希、有村架純、藤井美菜、山本美月と今旬な5人の女優を集めて戦隊物を作ってしまうとは、ある意味職権乱用もいいところ、でも・・・ありがとうございます!
これは贅沢な時間だったなぁ、撮影時はまだ桐谷以外はそこまでブレークしていなかったようですが、福田監督の相馬眼恐るべし。
続編作りたくても、さすがにもう集められないですね、でも変態仮面の例もあるだけに、まだ可能性は残っているかも?

しかし片手間ヒロインな今時女子5人のキャラ設定が、これまた何とも素晴らしかったですね。
何となくイメージと合ったキャラ具合だったので、違和感なく見れました。
このメンバーになると、やはり高畑充希は突っ込み役になりますね。
山本美月はアニオタキャラにしても良かった気はしますが、それだと皆川猿時の見せ場が無くなってしまいますもんねぇ(あれは最高!)
まあとにかく、世界の平和をこんな今時女子が守っている脱力系構図は、豪華なキャスティングも相まってホント楽しかったです。

女子あるある的な笑いや、戦隊物ディスり系ゆる笑なんかは、あえて狙ってスベッたりする辺り、まさしく福田節炸裂でニヤリ。
そんな中なかなか揃わない5人を律儀に待つ怪人が、妙に愛らしく見えましたよ。
さすがにカメムシの怪人は臭そうで嫌ですが(苦笑)
アクションが全く本格的じゃないのもユルくて作風に合ってて何か良かったなぁ、でもちゃんと戦うところももう少し見たかったですけどね。

豪華女優陣に対して男優陣は常連も含めて個性派揃い、特に司令官の佐藤二朗と5人の掛け合いは、クスクスニヤニヤ笑えたなぁ。
安田顕やムロツヨシや皆川猿時もピンポイントでいい笑いを提供、意外なところでは大東駿介が一瞬だけツボに!
ツボと言えば、高架橋の歩行者カウントバイトのシーンかな、一瞬画面がフリーズしたかと思ってしまいました、そこだけ丁寧に撮るシュールさがたまらなかった~。
まあ真面目に見たらつまらない映画かもしれませんが、そこは福田監督作品ですから、肩の力を抜いて楽しむのが吉でしょう。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

女子ーズ
Excerpt: 建設会社社員・赤木直子、アパレルショップ店員・青田美佳、建設作業員・黄川田ゆり、売れない劇団員・緑川かのこ、資産家令嬢・紺野すみれ。 彼女たち5人は、地球制服をたくらむ邪悪な怪人を倒すために結成された..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-07-26 09:43