【映画】繕い裁つ人

tukuroi1.jpg

【解説・あらすじ】中谷美紀の主演で、町の仕立て屋と常連客たちとの織りなす日々を描いた池辺葵の同名人気コミックを実写映画化。神戸の街を見渡す坂の上にある仕立て屋「南洋裁店」。初代の祖母から店を継いだ2代目店主・市江が手がけるオーダーメイドの洋服は大人気だが、昔ながらの職人スタイルを貫く手作りのため、量産はできない。市江はデパートからのブランド化の依頼にも興味を示さず、祖母が常連のために作った服を直し、たまに新しい服を作るという日々に満足していたが……。共演に三浦貴大、片桐はいり、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子ら。監督は「ぶどうのなみだ」「しあわせのパン」の三島有紀子。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:三島有紀子
原作:池辺葵
脚本:林民夫
製作:横澤良雄、水口昌彦、依田巽、鈴木伸育、佐竹一美、山本正典
エグゼクティブプロデューサー:重松圭一、植田龍太郎
プロデューサー:沖貴子、黒澤格、宇田川寧
音楽:小林洋平
主題歌:平井堅
主なキャスト:中谷美紀、三浦貴大、片桐はいり、黒木華、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子、小野花梨、永野芽郁、立石涼子、峰蘭太郎、キキ花香、前田晃男、要冷蔵、宮川ひろみ、松岡依都美、永野宗典、下山天、奥野匡、永津真奈、飯島順子、三好フミタカ
tukuroi2.jpg
tukuroi3.jpg

【感想】
三島有紀子監督作品は「しあわせのパン」で虜になるも、「ぶどうのなみだ」で落とされたので、さて今度は当たり外れ一体どっちが出るのか、楽しみ半分不安半分で鑑賞してみましたが・・・今度はまた当たりの方が出ましたね。
前二作のテーマであった食から一転、今度は衣をテーマにしたのが新鮮味も加味して吉と出た印象です。
仕立て屋と言う、時代の遺物と化しつつある職業にスポットを当てたのも、大いに興味をそそられた作品でした。
相変わらずファンタジー掛かった作品ではありましたが、仕立て屋と言う職業と妙に作風がマッチした印象で、いつの間にか作品の虜になっていました。

私は特別服に興味がある訳でもないですし、服は直すぐらいなら新しいのを買ってしまう派(現代は大多数がこっち派になってしまいましたよね)なので、もう仕立て屋と言う存在そのものすら忘れていましたよ。
しかしこの映画を見ていたら、一生着れる服っていいものだなぁと、素直にそう思わされました。
夜会はさすがにどうかと思ってしまいましたが、全体的には説得力も十分で、一生物の服に憧れを抱きましたね。
今までは一張羅と言える服が紳士服の○○で2着目以降半額のスーツでも全く問題ないと思っていたんですけど(苦笑)

また中谷美紀が演じた頑固じじいと揶揄される主人公・市江の佇まいが、とにかく抜群の雰囲気を醸し出していて、思わず見惚れてしまうんですよね。
まさしく職人肌、でも他は何も出来ない辺りのギャップが妙に可愛らしかったぁ。
しかし好物のチーズケーキをホールごと食べる豪快さにはビックリ、でも人はどこかで息抜きをしなければ生きていけない生き物ですから、彼女にはあれが必要なんでしょうね。
チーズケーキの味に関するエピソードは、何気に印象的でした、話の持って行き方が絶妙です!

しかし人が服を美しく見せるのではなく、服が人を美しく見せる、何かとてもいい話でしたね。
市江の苦悩・葛藤から辿り着いた結末にも、思わず納得、後半から登場の黒木華の使い方も完璧でした。
大人達との対比的に使われた女子高生3人組が、杉咲花、小野花梨、永野芽郁だったのも何気に豪華でしたね。
まあ少々あざとさは目に着く作品でしたけど、大人が楽しめる、とても味わい深い映画だったなと思いましたよ。
評価4.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

繕い裁つ人
Excerpt: 神戸の大手デパートの服飾担当をしている男性・藤井は、知る人ぞ知る「南洋裁店」の二代目・南市江の服をブランド化するという企画を立ち上げ、高台にある市江の自宅兼店舗を訪れる。 しかし市江は断る気持ちに変わ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-07-20 16:27