【映画】インデペンデンス・デイ リサージェンス

innde1.jpg

【解説・あらすじ】1996年に製作・公開され、世界中で大ヒットを記録したSFパニック超大作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編。エイリアンの侵略を生き延びた人類は、共通の敵を前にひとつにまとまり、回収したエイリアンの技術を利用して防衛システムを構築。エイリアンの再来に備えていた。しかし、再び地球を目標に襲来したエイリアンの兵力は想像を絶するものへと進化しており、人類は為す術もなく、再度の絶滅の危機を迎える。監督は、前作も手がけたディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ。戦闘機パイロットの主人公ジェイク役を「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワースが演じ、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラムら前作から続投したキャストも参加。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:アメリカ
監督:ローランド・エメリッヒ
主なキャスト:リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、マイカ・モンロー、ジェシー・アッシャー、トラビス・トープ、ウィリアム・フィクトナー、シャルロット・ゲンズブール、ジャド・ハーシュ、ブレント・スピナー、セラ・ウォード、アンジェラベイビー、ビビカ・A・フォックス、チン・ハン、デオビア・オパレイ、ニコラス・ライト、ジョーイ・キング、ジョン・ストーレー、パトリック・セント・エスプリト、ベンガ・アキナベ、ロバート・ロッジア、ライアン・カートライト、ジェナ・パーディ
innde2.jpg
innde3.jpg

【感想】
さすがは破壊王、今回もローランド・エメリッヒ監督は、好き勝手にやりたい放題やってくれましたね。
あぁ~エメリッヒの映画見たなぁ~的な満足感は、間違いなく得られた映画と言えましょうか。
もうここまで来るとある意味さすがとしか言いようがありません、20年経っても進化したのは映像技術だけで、やってることは前作とほぼ同じですからねぇ。
こんなの他の監督では許されません、でも何故かエメリッヒならまあいいかと思えてしまうから不思議なもので・・・。
まあこれも大画面ならではのマジックでしょうか、生々しくない笑いさえ出てしまうような破壊の数々を見れただけでも、一定の満足感は得られてしまいましたから。

ただ前作と比較すると、何かが足りないんですよねぇ。
映像技術は飛躍的に進歩してるのに、むしろ前作の方が圧倒された感があった気もしましたし。
それと熱く感動させられたあの感覚をもう一度と期待していた部分もあっただけに、微妙に肩透かしを食らった感は否めなかったかなと。
あと結局基本やってることは同じなので、楽しいのは楽しいのですが、正直途中で飽きました(苦笑)

とは言え前作からの続投キャストであるジェフ・ゴールドブラムやビル・プルマンが登場すると、何だかんだで見入ってしまいます。
前作の残像恐るべし、大統領はやっぱりビル・プルマンに限りますなぁ。
今回の女性大統領は、仮想ヒラリー候補?つまりは無能を予兆してるのかな(笑)
ゴールドブラム演じるデビッドの微妙に軽い感じもやっぱり好き、そしてデビッド父の不死身ぶりにはもう脱帽です!生きてたのか、そして今回もまた・・・。
終盤の子供達との突っ込みどころ満載なパニックシーンは、エメリッヒお気に入りのジョーイ・キングちゃんを出したいが為の演出臭たっぷり、いつの間にかムチムチになってクロエ・グレース・モレッツ風に成長してましたね。

一方古参メンバーに比べると、若手はやや印象薄、故ウィル・スミス(←ギャラ的なやつでしょうか?)の息子役もキャラが薄すぎて目立たず、でもマイカ・モンローが演じた大統領の娘があんなに立派に成長してたのは妙に嬉しかったですね、中国人パイロットよりも私は断然こっち派です!
一応更なる続編もありそうなラストでしたが、お腹一杯なんでもういいかな・・・宇宙人もアホなら、地球側もアホ、20年経ってもそれかいと、突っ込み疲れしましたから。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440056082

この記事へのトラックバック

インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt: 人類が30億人の命を失いながらも、エイリアンとの戦いに勝利を収めてから20年。 新たな襲来に備えるため、人類は地球防衛システムを構築した。 そして2016年7月、エイリアンがアフリカに残した宇宙船が密..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-07-15 09:12

インデペンデンス・デイ リサージェンス(3D) / Independence Day: Resurgence
Excerpt: 20年前の侵略は、今回の侵略のための序章だった・・・と言う設定。劇中では20年の時間が経過していますが、実際にも、20年の時間が経過しています。 前作で出ていた主要キャスト、トーマス・ホイットモア、..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2016-07-18 07:54

インデペンデンス・デイ:リサージェンス
Excerpt: 何だろな、前作ほどの面白さが無いなぁ。でもアンジェラ・ベイビーは可愛い綺麗。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2016-08-20 01:12