【映画】キングスマン

kinngu1.jpg

【解説・あらすじ】「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファース主演、「キック・アス」のマシュー・ボーン監督&マーク・ミラー原作によるスパイアクション。表向きは高級スーツ店だが実は世界最強のスパイ組織「キングスマン」で活躍する主人公ハリー・ハートをファースが演じ、ハリーに教えをこう若きスパイのエグジーに、新星タロン・エガートンが扮する。その他、マイケル・ケイン、マーク・ストロング、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、スパイ組織「キングスマン」の一員として活動しているハリー。ある日、組織の一員が何者かに殺されてしまい、その代わりに新人をスカウトすることになる。ハリーは、かつて命を助けてもらった恩人の息子で、密かにその成長を見守っていたエグジーをキングスマンの候補生に抜擢する。一方その頃、頻発する科学者の失踪事件の首謀者ヴァレンタインが、前代未聞の人類抹殺計画を企てていた。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:イギリス
監督:マシュー・ボーン
原作:マーク・ミラー、デイブ・ギボンズ
脚本:ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ボーン
製作:マシュー・ボーン、デビッド・リード、アダム・ボーリング
製作総指揮:マーク・ミラー、デイブ・ギボンズ、スティーブン・マークス、クラウディア・ボーン、ピエール・ラグランジェ
音楽:ヘンリー・ジャックマン、マシュー・マージソン
主なキャスト:コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ソフィア・ブテラ、サミュエル・L・ジャクソン、マーク・ハミル、ソフィー・クックソン、エドワード・ホルクロフト、サマンサ・ウォーマック、ジェフ・ベル、ビョルン・フローバルグ、ハンナ・アルストロム、ジャック・ダベンポート、ジョノ・デイビース
kinngusu2.jpg
kinngusu3.jpg

【感想】
コリン・ファースはアクション映画に興味が無いのかと思っていましたが、そんなことは無かったんですね。
リーアム・ニーソンばりに、おじさんになってからアクションに目覚めてしまったパターンかな?
まあ編集のうまさに助けられた部分も多分にあったものの、キレキレコリンのアクションシーンには、もう大興奮でした。
しかし教会のシーンでは、まさかあんなことが裏で行われていたとは、結末も含めてビックリでしたねぇ・・・。

それにしても、さすがは「キック・アス」の監督さんが手掛けただけはありましたね、「キック・アス」同様ビターな味わいを残しつつも、物凄く痛快なスパイ映画に仕上がっていたと思いましたよ。
どの国にも属さないスパイ機関キングスマンなる発想もホント面白かったですし、階級社会を痛烈に皮肉った作風も相当なインパクトを残しました。
やや飽和状態なスパイ映画界に、新風をもたらしてくれましたね、大ヒットも納得の内容でした。

とは言え、作品の約半分を占めたのは、新たなるキングスマンの候補者選び物語でしたので、スパイ育成のシーンは若干ティーン向け臭も漂っていたりで、少々中だるみ感は感じたかも。
勿論、ハリーとエグジーの師弟物的な楽しみは十分味わえましたけど。
しかしエグジーを演じたタロン・エガートンは、大物になりそうな予感ですね!
あとありがちな女性候補生との恋愛物にならなかったのは、何気に好ポイントでした。
ロキシー役のソフィー・クックソンも、今後ブレークしていきそうな雰囲気ですね。

一方女性で言えば、悪役ガゼルを演じたソフィア・ブテラの方が、インパクトはあったでしょうか。
超絶強そう、でも、どこか田舎臭い顔立ちも妙に印象的でした。
ボスのサミュエル・L・ジャクソンは安定の・・・って感じでしたが、あのタイプの悪役は個人的にはちょっと冷めるんだなぁ。
まあでも、人によっては胸糞悪くなりそうな悪趣味全快のマシュー監督のインパクト大な演出もあって、何かと楽しめたのは間違いない映画でしたけけどね。
斬新な映像&音楽の使い方が、とにかく印象的でした。
お茶目なマーク・ストロングも、忘れちゃいけないナイス助演でしたね、締め方も最高でした。
マーク・ハミルは、おっさん過ぎて最初気付きませんでした(笑)
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

キングスマン
Excerpt: ロンドンのサヴィル・ロウにある高級スーツ店「キングスマン」の裏の顔は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関。 エリートスパイであるハリーは、欠員補充のため街のチンピラ、エグジーを見込んでスカウトす..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-07-13 15:54