【映画】かもめ食堂

kamome1.jpg

【解説・あらすじ】フィンランドの首都ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性が繰り広げる穏やかな日常を綴ったドラマ。監督は、「バーバー吉野」の荻上直子。出演は小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。「過去のない男」のマルック・ペルトラが共演。
夏のある日、ヘルシンキの街角に「かもめ食堂」という小さな食堂がオープンした。店主は日本人女性のサチエ(小林聡美)。献立はシンプルで美味しいものを、と考えるサチエは、メインメニューをおにぎりにした。しかし、客はなかなかやってこない。それでもサチエは毎日食器をぴかぴかに磨き、夕方になるとプールで泳ぎ、家に帰ると食事を作る。サチエは、毎日真面目にやっていれば、いつかお客さんはやってくると思っていた。そんなある日、ついに初めてのお客さんの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)がやってきた。その日の夕方、サチエは書店のカフェで、難しい顔をして『ムーミン谷の夏まつり』を読んでいる日本人女性ミドリ(片桐はいり)に声をかける。フィンランドは初めてというミドリの話に何かを感じたサチエは、自分の家に泊まるようすすめる。そして、ミドリはかもめ食堂を手伝い始め・・・。(映画.comより)

製作年:2005年
製作国:日本
監督、脚本:荻上直子
原作:群ようこ
企画:霞澤花子
エグゼクティブプロデューサー:奥田誠治、大島満、石原正康
プロデューサー:前川えんま、天野眞弓
フードスタイリスト:飯島奈美
音楽:近藤達郎
エンディングテーマ:井上陽水
主なキャスト:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス、マルック・ペルトラ
kamome3.jpg
kamome2.jpg

【感想】
特別劇的な展開のある映画ではなかったですが、まったり、ゆったり、何とも言えない空気感に、とても心癒された映画でした。
メリハリの無さがむしろ味と思えるような絶妙な演出でしたね。
何やら撮影はフィンランド全編ロケだったらしいですが、これがフィンランドだ!的な観光PR押しはほぼ見受けられない自然体な感じが、何とも心地良かったです。
地方ロケだと観光PR満載の映像が盛り込まれてむしろゲンナリすることの方が多かったりするのですが、こんな自然体な感じで描かれた方がむしろその土地に行ってみたくなります。
しかし港町の街並みが異国情緒たっぷりで、抜群の雰囲気を醸し出していましたね!

そんな街並みの一角に佇むかもめ食堂が舞台となった作品でしたが、何でしょう、あの謎めいた感じは(笑)
小林聡美が演じたオーナー・サチエの過去がほぼ語られなかったのが、この謎めいた店の雰囲気と絶妙にマッチして、見事なまでに作品の味となっていましたね。
前半はほとんど客が来なくて経営は大丈夫なんだろうか?と、見ているこっちが心配になってしまいましたが、そこから小さな事件もありつつゆったりと展開していく物語に、いつの間にかまったりと引き込まれてしまいましたし、いつしかあの店のファンになってしまいましたよ。

また、かもめ食堂で出されたおいしそうな料理の数々が、ホントたまらなかった、まさしく飯テロムービー、空腹時の鑑賞はちょっと危険ですね。
シナモンロールもおいしそうだったけど、やっぱり日本人のソウルフードはおにぎりなんだねぇ、梅、鮭、おかかの三点セット、でも私は梅よりもツナマヨが好きなんだけどなぁ、ってそれでは映画の雰囲気台無しか。
それと揚げ物の揚げる音がたまらなかったぁ、生姜焼きもきっとおいしいはず。

いつの間にか片桐はいりが加わって、もたいまさこも加わる展開も、何だかほっこり、ある意味現実感の無い2人だからこそ、異国で妙に映えます(笑)
過去を語らず未来も見据えず、今を生きる3人、ベッタリ感のない、いい感じの距離感がとても印象的でした。
しかし日本かぶれのトンミ青年は、あのままずっと金払わないでコーヒー飲み続けるのだろうか?
ある意味強靭な精神力の持ち主、キャラ得ですなぁ~。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

かもめ食堂
Excerpt: 高い青空とゆったり歩く人々。 そんな北欧フィンランドのヘルシンキにおにぎりがメインの食堂をオープンさせた日本人女性のサチエ。 初めてのお客は、日本かぶれの青年トンミ。 そして知り合った日本人女性のミド..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-07-13 15:34