【映画】超高速!参勤交代

tyou1.jpg

【解説・あらすじ】佐々木蔵之介が、江戸幕府から無理難題を突き付けられた弱小藩の藩主に扮する時代劇コメディ。第8代将軍・徳川吉宗が天下を治める時代。磐城国のわずか1万5000石の弱小藩である湯長谷(ゆながや)藩は、湯長谷の金山を狙う幕府の老中・松平信祝から、通常なら8日間を要するところを、わずか4日間で参勤交代せよと命じられる。湯長谷藩主の内藤政醇は、知恵者の家老・相馬兼嗣とともに4日間での参勤交代を可能にする奇想天外な作戦を練り、実行に移すが、松平もそれを阻止せんと刺客を放っていた。「ゲゲゲの鬼太郎」「鴨川ホルモー」の本木克英監督がメガホンをとった。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:日本
監督:本木克英
脚本:土橋章宏
企画:深澤宏
製作総指揮:大角正
製作:秋元一孝、松本篤信、黒崎等、鈴木聡、井田寛、持田克己、重村博文、矢森真人
プロデューサー:矢島孝
音楽:周防義和
主題歌:塩ノ谷早耶香
主なキャスト:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司、陣内孝則、西村雅彦、甲本雅裕、近藤公園、忍成修吾、和田聰宏、冨浦智嗣、舞羽美海、前田旺志郎、峯村リエ、加藤満、宮崎吐夢、中林大樹、井村空美、宍戸美和公、小暮智美、神戸浩
tyou2.jpg
tyou3.jpg

【感想】
これは面白い時代劇でした。
笑いあり、涙あり、アクションも恋もいい感じに盛り込まれて、見応え十分な内容に仕上がっていましたね。
知っているようで思いのほか知らなかった参勤交代の実態も知れて勉強にもなりましたし、これは予想以上にヒットしたのも至極納得の作品でした。
かなりご都合主義な面はありましたけど、面白ければそれも良し、見終わっての爽快感がホントたまらなかったぁ~!

中央が横暴に振りかざす権力に知恵で立ち向かう地方の逆襲的構図も、ベタではありましたが思いっきり感情移入させられた要素でしたね。
特に舞台が今で言う福島のいわきだっただけに、いろいろなことが想い浮かんで・・・。
だけに、最後はとても痛快な気分にさせられましたよ。
地方は金はなくても、その土地その土地で素晴らしい名産があったり、歴史もある、人の好さも含めて、地方賛歌になっている辺りはとても好感の持てる内容でした。
それに比べて金と権力しか興味のない中央は、無理難題を地方に押し付けて、自分達は私腹を肥やしてばかりで・・・ってまあ昔も今も一緒ですね・・・しかし陣内孝則はホント悪代官がよく似合いますねぇ(笑)

一方の佐々木蔵之介が演じた貧乏藩主の、普段はノホホンとしてるのにいざとなった時にはしっかりとしたリーダーシップを発揮するそのギャップもたまらなく良かったです。
藩主も魅力溢れるキャラならば、家来達も皆一芸に秀でた面子で、キャラ立ち具合がとにかく最高でしたね。
特に西村雅彦が演じた家老の相馬がいい味出してましたねぇ、知恵がありそうでそうでもない様子が、ホント笑えてかなりツボでした。

また道中出会う深田恭子が演じた飯盛女と藩主の身分違いの恋物語も、男臭い物語のいいアクセントとなって、思いのほかキュンとさせられた一幕でした。
ちょっと男勝りなキャラが、あの藩主とは絶妙な相性だった印象で、お似合いの2人だったなと。
時代劇だけに、殺陣のシーンもまずまずの見応え、基本はコメディでしたけど、笑いとシリアスのバランスも絶妙だったと思いましたよ。
参勤交代を題材に、こんなに笑えて痛快な作品を作ってしまうとは、いやはやお見事でした。
評価4.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

超高速!参勤交代
Excerpt: 江戸時代、将軍・徳川吉宗の治世の元文元年(1736年)春。 磐城国(現在の福島県いわき市)1万5千石の小藩・湯長谷(ゆながや)藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡される。 それは湯長谷の金山を我が物に..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-07-13 15:22